テーマ:
見積りして失注。
現場みて概略話して失注。
いろいろな失注の仕方あるけれど
お客様が思っていたより高い?!と言うのが最近多々あるような。。
信頼関係があるリピーターさんは、ほぼ無いけれど、初めてのお客様はあるような。。
チラシなどのイメージで安い気がするのが実際は思っているより高い!お客様の期待値が大きいだけに逆はギャップがあるだけに苦しい。しかもこれだけかかるのはこうだからかかるわなぁと営業(私)が伝えきれていないのが原因かも。持論の10年先まで納得の工事品質を保とうとすると余計なお節介見積りしているからかもしれません。。お客様に見えない事が私には見えてしまうギャップを伝えきれていないのが苦しい。。しょうがないでいいのか?
納得といえば同級生が中古住宅を半年くらい前に買い(当社からではありません)住んでいるんですが、湿気が多いのに悩んでいると以前から相談を受け、構造的な事や立地でそうなることは言っていたのですが、目に見えないと(床下で漏水してるんではないか?みたいな)納得できない様子。なので

畳をあげ、床板切って見えるように。
やっと納得。。
当社で買ったものではないのに第三者が言っても納得しないのだから、前話しであった当社が絡むともっと納得させるのは難しいわな。
しょうがないことをしょうがないと思えない自分の性格!かなり厄介である
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

松岡 力也さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。