衛生士も、頑張る!! 歯科医師夫婦のつれづれ手帖 vol. 58 | まつうら歯科クリニックのブログ

まつうら歯科クリニックのブログ

盛岡市青山の歯科/歯医者 まつうら歯科クリニック

 先月は、副院長松浦が、昨年約1年かけて浜松で行われた新しい接着技術の講習に通ってお話しをさせて頂きました。歯科業界に限ったことではないかと思いますが、昨今のいろいろな技術の発達、研究の進歩は目覚ましいですよね。お仕事をされている方は常にアンテナを張って、正しい知識や情報を取り入れるべく努力していることと思います。医療界ではさらに、それらの情報がしっかりとしたエビデンス(大学などの機関で、客観的に研究されて効果が認められているもの)に基づいているということがとても大切になります。

 

 そのため、治療を行う歯科医師はもちろん、歯周病治療やメインテナンスにかかわる歯科衛生士も、常に勉強が必要です。当院の歯科衛生士は、しっかりとした知識と技術を身につけることが出来るよう、専門の先生をお呼びし院内講習を受けたり、東京都内の講習会に参加するなどして、とてもよく勉強してくれていると思います。先日も、予防歯科の分野で卓越した経歴を持つ歯科衛生士の先生に来ていただき、院内での講習を3日間かけて行いました。院長、副院長も一緒に講習を聞きましたが、本当に素晴らしい内容でした。今までも治療後の予防、メインテナンスに力を入れてきましたが、これからはさらに踏み込んで、当院で出会ったすべての方が、生涯にわたってご自身の歯を健康に保てるように、自信を持って治療、メインテナンスを行うことが出来るのではないかと確信してます。

 

 そのためには、患者さんにも頑張ってもらうことが必要です。まずは、しっかりと検査を受け、そしてその分析結果に基づいて指導を行う歯科衛生士を信頼することです。担当の歯科衛生士には、何でも相談してくださいね。そして、メインテナンスに忘れずに通って下さい。それだけで、あなたの歯の寿命は飛躍的に伸びるはずですよ!(^^)! (松浦 直美)
 
*虫歯や歯周病を確実に予防するために、当院では唾液検査の必要性を強く感じています。今まで検査したことが無いままメインテナンスに入られた方にも、唾液検査を一度受けて頂くことをお勧めいたします。