少しずつ、理想に近づく。その2     歯科医師夫婦のつれづれ手帖 Vol.45 | まつうら歯科クリニックのブログ

まつうら歯科クリニックのブログ

盛岡市青山の歯科/歯医者 まつうら歯科クリニック


テーマ:

 どんなに歯科治療の技術が進んでも、天然の自分の歯に勝るものはない。治療は最後の手段にしよう、という気持ちから、「予防」や「定期メインテナンス」に力を入れようと張り切って開業した8年前のお話を、先月いたしました。しかしその実、治療に比べ、予防について具体的にどう働きかけていけばいいのかは今一つ、わかっていなかった・・・ということも。

 ひとつには、日本の保険制度が、「治療」にしか対応していないということもあります。「予防」には保険が効かないのです。国費で予防に取り組んでいたり、自費で予防処置を受けるためのプライベート保険が充実している他国の歯科医院に比べ、理想的な治療や予防を保険ですることができない現実。しかしこれは、残念であると同時に、限られた予算の中では仕方のないところなのかな、という気持ちもあります。英国では、最低限の治療を安い診察料で行うNHS(国民保険)の制度は疲弊し、多くの歯科医院がNHSの新規患者を受け入れなくなり、大きな社会問題になっています。保険で歯科医院に受け入れてもらえない家庭の子供たちの虫歯の氾濫が、病院での全身麻酔での抜歯になり、さらに財政を圧迫しているという状態だそうです。歯科に公的保険が使えない、という国もたくさんあり、日本はまだまだ恵まれているな、と思うこともあります。

 今のところ、一通り治療が終わった歯周病、または削るほどではないごく初期のむし歯に対して、歯石除去や歯磨き指導で、経過をみていくことには、保険適応が認められています。積極的な「予防」とは少し違いますが、少なくとも「早期発見」「現状の維持」には一役買っているのが現在の制度。その意味を込めて、「メインテナンス」と呼んでいます。手探りだった私たちも、開業後1年ほどたったときには、歯科衛生士と一緒に、今ある保険でまずはできる限りのメインテナンスをしていこう、治療の終わった方すべてに声掛けをして行こう、という気持ちになっていました。そして、定期的にメインテナンスに通う方も少しずつ、そして確実に、増えていました。(続く)     文 松浦直美

まつうら歯科クリニックさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。