まつうら歯科クリニックのブログ

盛岡市青山の歯科/歯医者 まつうら歯科クリニック


テーマ:

 毎年8月最後の週末、岩手県の多数の歯科医師が一堂に会する「岩手県歯科医師会地区対抗親善野球大会」が開催される。各地区の歯科医師会が持ち回りで主管を務め、今年は岩手八幡平歯科医師会が担当で、雫石町と滝沢市の球場で試合が、大懇親会はつなぎ温泉のホテル紫苑で行われた。悪天候や震災の影響で実施されなかった年もあるが、実に32回を数え、県内13地区14チームから約250名が参加した。一日目の予選を勝ち抜いた4チームのみが翌日に進めるのだが、負けたチームも含め初日の夜には大懇親会で会員間の親交を温める。

 

 盛岡市歯科医師会は、A,B,Cの3チームで参加する。Aチームはベテランの先生方が中心、Cチームは若手中心、Bチームは中間層という編成だが、守備位置等を考慮し均等な戦力になるように調整する。ここ数年私はBチームで参加している。しかし、一昨年は酷い五十肩で参加出来ず、昨年はリハビリを兼ねた参加、今年が本格復帰となった。Bチームは昨年まさかの初戦敗退で二日目に進めず、今年はリベンジを誓って練習をしてきた。さて、大事な初戦の相手だが、なんと盛岡市Aチーム。一緒に練習しており手のうちは知った者同士、さらに野球を知っている老獪な選手が多く侮れない。Bチームは作戦会議と称した飲み会でチームの結束を図り、難敵に立ち向かったのだった。

 さて、当日。朝に降った雨の影響で試合開始が遅れ、「1時間を超えて新しいイニングに入らない」という変則ルールで行われることに。「先に流れを掴んだ方が有利」とふんで、先攻を選んだ。その作戦が功を奏し、エースの好投や外野手のファインプレーも出て勝利することが出来た。

 二戦目は昨年の準優勝チーム「気仙歯科医師会」。切れ目のない打線と、切れの良いスライダーが武器の好投手を擁する強豪である。幸先よく先制するも、ヒット性のあたりが好捕されたりで追加点が奪えない。逆に、相手打線の勢いを止められず残念ながら敗退と相成った。

さあ、切り替えてもう一つのお楽しみだ。短時間に二試合を行いボロボロになった身体を温泉で癒し、部屋でチームメイトと乾杯の練習をした後、大懇親会になだれ込んだ。なかなか会うことの出来ない他地区の先生方とも、珍プレー好プレーをあてに話がはずむ。中締めの後は、カラオケに興じる者、部屋にもどってエンドレスで飲み続ける者、二日目の試合に向け調整する者など様々だが、いずれも笑顔晴れやかな中年野球小僧たちだ。

 

 歳も考えずにはしゃいだこの大会が終わると、まさに夏が終わったことを実感し寂しくなる。年々イメージしたプレーは出来なくなり、筋肉痛は長引くようになってきた。年に一度の楽しみではあるのだが、「身体を鍛え直し来年に臨むか」、「大けがをする前に引退するか」、思案中の今日この頃である…     (文: 松浦政彦)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

まつうら歯科クリニックさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。