「思いだす」ということ 歯科医師夫婦のつれづれ手帖 vol .38 | まつうら歯科クリニックのブログ

まつうら歯科クリニックのブログ

盛岡市青山の歯科/歯医者 まつうら歯科クリニック


テーマ:

 「一生懸命に思いだすのが将棋のいいところだ。」と、将棋界の第一人者である羽生善治さんはインタビューに語ったそうだ。過去に似たような形があったか。その時どんな手を選んで、どんな展開になったか。対局中棋士は、半分は先を読み、半分は無数の棋譜を懸命に思いだいしているのだという。そこまでシビアではないが、我々にとっても、事を円滑に進める上で「思い出すこと」は大切だ。だが最近、思い出そうとするのだが、どうしても思い出せないということがままあり悲しくなる。寄る年波に逆らうことは出来ず、あらかじめ余裕をもって思い出す作業をするしかないといましめた。

 

 一方、「思い出すこと」は楽しいものでもある。なかには消し去りたい思い出もあるかもしれないが、その頃どんなことがあり、どんな思いで過ごしてきたか、改めて振り返ると懐かしくやさしい気持ちになる。私はソーシャル・ネットワーキング・サービスのフェイスブックを利用しているが、「過去の思い出を振り返ってみよう」という機能が気にいってる。過去のその日に投稿した内容を見ることが出来る。子供の成長を確認し懐かしんだり、毎年同時期に同じようなことをやっていて苦笑したり…。先日セミナー参加のため上京した折、大学に入学し一人暮らしを始めた長男と晩御飯を食べた。盛岡冷麺が食べられる水道橋の焼き肉店を選んだのだが、偶然にも1年前の同じ日に娘と同じ店で食事をしていたことが、その機能で知らされた。離れて暮らしていると、ちゃんと食べているのかが気になる。そして、一緒のときは何か美味い物でも…と考える。これはもう、親の本能というべきか。

 

   水道橋について駅のトイレに入ったところ、つい30分前まで一緒のセミナーに参加していた大阪のH先生に声をかけられた。彼の息子さんも今年大学に入学し上京したのだった。「先生も息子さんと晩御飯?」、「考えることは同じですね(笑)」。古今東西問わず、思い出すまでもなく身についた悲しい親のさがを感じ、お互い笑って待ち合わせ場所に急いだ。  (松浦 政彦)

 

 

まつうら歯科クリニックさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス