南八ヶ岳 ぐるっと縦走 その2

2018-2/7・8

 

南八ヶ岳ぐるっと縦走

 

 

心の救世主が現れた~(´□`。)!!!

 

 

つづきでっす。

前回までの様子はこちらをポチっとな→ その1

 

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

 

中岳方面についた1人分のトレースは

 

やっぱり!たくやさんだった~!!

 

 

 

 

IMG_0569.JPG

はやる気持ちを抑えて雪壁を慎重にクライムダウン

さすが誰も歩いていないだけあってズルズルのモフモフ壁

 

でも去年より全く怖くなかった。もうトラウマはない!

 

いや、気持ちの問題か…?

 

 

IMG_0574.JPG

↑たくやさんから見たまめ粒2つ。

 

 

IMG_0570.JPG

私達を振り返りながら少しずつ少しずつ

トレース付けながら進むたくやさん

 

遠い…

くぅ~追いつきたいのに追いつけない~(´Д`;)ハァハァ

 

 

長~いクライムダウンを終え中岳のコルに降り立つと、

たかさんが思わず 『あれ、中岳だよね…?』 と確認するほどに(笑)

どーんと聳え立つ中岳が目の前に。

 

 

そうなのよ。

中岳って、でっかいんだよ…

 

さらにさらに、

今ガスに隠れてて見えない赤岳は

 

もっともっとでっかいんだぜ…

 

 

とにかく進まにゃならん!

たくやさんに追いつけ~!!(しかし全くスピードが上がりましぇん…)

 

 

発達しまくりの雪庇に気を付けながら

たくやさんのトレースを辿る。

 

このトレースがなかったらどんだけ時間がかかっただろうか…ゾッとする。

ほんとに感謝しきれましぇん(ノДT)

 

 

 

ついにたくやさん、ロックオン!

 

 

IMG_0573.JPG

たくやさんから見たまめ粒2つ。その2

 

IMG_0571.JPG

たくやさんが近いよ!!

赤まめ頑張る!!!

 

 

んでもってようやく…

 

 

IMG_0572.JPG

うひゃーーーん!!!

やっと、やっとたくやさんに辿りついたよーーーー!!!

 

(↑『たくやしゃーーん!腹減った~!!』と泣きつく赤まめの図)

 

たくやさんも過酷な北稜登攀&シャリバテでお疲れ気味…

それなのに、山頂で我々がまだ辿りついてない(トレースがない)事に気づいて、

わざわざこちら側に降りてくれたのだ(´_`。)

 

 

IMG_0580.JPG

ポンコツケロコは役立たずなので

ここでたかさんが先頭交代

 

IMG_0581.JPG

たかさんも疲れてるはずなのに頑張って引っ張ってくれる

頼もしいよ相棒!

 

たかさんの踏み跡を辿っているのに沈むケロコ…

もしや…たかさんより重いのか!?

 

この時密かに減量を誓ったケロコであった…

 

 

そして後ろにはたくやさんがいてくれるという心強さ…

 もう王子どころか神。神に見えた(´_`。)

 

 

IMG_0582.JPG

雪庇に注意~

 

あまりにもシャリバテで、たまらず中岳山頂で3人で行動食むしゃこら

こんな真っ白でも風が弱いおかげ。しつこいけど、ありがたや~

 

 

IMG_0583.JPG

 

IMG_0584.JPG

『こんなに降りなくたっていいのに…』

と心の中で叫んでいた中岳の下り

 

 

IMG_0585.JPG

 

 

 

IMG_0586.JPG

真っ白白の横岳稜線がど迫力でほんと綺麗だった。

 

ゴールの展望荘も見える!

もう岩稜トラバースして直接展望荘行きてぇ…(笑)

 

 

かっちょいい権現ギボシは 雲のシャッターが上がったり下がったり

 

 

そして…

 

出た。本日のラスボス。

 

ラスボス…でけぇよ

 

これ見たとき 『行けるんだろうか…』って一瞬怯んだ(´д`lll)

 

IMG_0587.JPG

このジグザグ、夏も冬もほんと辛いんだ。

去年もここヘロヘロで登ったな…でも今日はそれ以上にヘロッヘロ。

 

やはりここは風の通り道。

さっきまで穏やかだったのに風もビュービューに。体感温度も一気に下がる

 

まさにここが正念場。

 

 

たくやさんと

『俺は登れるぞーーー!!!』って叫びながら (←これ、元気出た~笑)

 

数歩登っては見上げ

また数歩登っては見上げ

 

んでもって…やーーっと文三郎分岐!

 

 

ここで下山するたくやさんとお別れ…(ノДT)

 

ガッチリ握手してお見送り…

 

たくやさ~ん ほんとにほんとにありがとう

たくやさんと会えた事がどんだけ力になった事か(ノДT)

 

無理やりでも展望荘に連行して翌日稜線から出勤してもらえば良かったなぁ…なんて(笑)

 

 

さぁ我らもここまで来ればあと少し!

 

 

 

 

IMG_0588.JPG

気合いは入れたものの、もうヘロヘロでゆっくりゆっくりしか動けない。

 

こんなにキツイし苦しいのに、でも心は全く折れてないし不安も一切なくて。

ここまで来れた嬉しさと楽しさと、ここを歩いている幸せな気持ちで1歩1歩進む。

 

ただ、ペースが上がらないケロコに合わせて歩いてくれてたおかげで、たかさんが指先冷え切っちゃって申し訳なかったけんど…(TωT)

 

 

ついに山頂直下まできた。

 

『よくここまで来たよね…。』

ってたかさんに言った途端、何かが込み上げてきて思わずぶわっと目頭が…アカン!凍る凍る!!


 

 

IMG_0589.JPG

 

 

FullSizeRender.jpg

15:00 そしてついに、赤岳山頂~☆

 

さっき我慢したのに、ここで一気に涙腺緩んでしまった…

もう何度も登頂してるのに、こんなに嬉しくて安堵した登頂は久しぶりだ。

 

ほんっと、ここまで楽しすぎて辛すぎた!!

 

 

 

 

IMG_0544.JPG

あとは展望荘に降りるだけ~(↑最後の余力でひゃっほーい)

早く鳥ちゃんとムサママさんに会いたーい!!

 

展望荘への下りは2月だというのに雪が少なくて岩がゴロゴロ

ダダダーっと下れるつもりでいたのに、意外と慎重な足運びを強いられてもどかしい

 

 

んでもって、ようやく…

 

IMG_0590.JPG

15:20 展望荘ゴール (↑ケロコのこのヨレっぷり…)

鳥ちゃんとムサママさんがお出迎えしてくれたよ~(´□`。)!

 

 

ここまで約9時間の長丁場でした…たかさんありがとう。お疲れ様でした!!!

 

 

FullSizeRender.jpg

御小屋尾根登ってる時から2人で『展望荘のコーヒー飲みてー!!』って叫んでた…

チェックインしてまずは夢にまで見たコーヒー!

 

嬉しくてまたウルッとした(笑)

↑かじかんだ手で書いた名前とクマ…どいひー。

 

お部屋はストーブのある談話室のそばに2部屋用意してくださってました♪

荷物を置いて着替えたら…

 

 

FullSizeRender.jpg

じゃじゃーーーん!!

 

なんたって、この日は鳥ちゃんのお誕生日当日♪

翌週には、なんとたかさんもお誕生日なのだ!!!

 

担がないわけには参りませんわよ(´∀`)

 

途中でどっちが上でどっちが下かわからなくなったんだけど…(笑)

ドキドキしつつ開封したらまさかの無傷!ミラクルぅ~!

 

FullSizeRender.jpg

鳥ちゃん、たかさん、おめでとうー☆

 

このお二人の笑顔が何よりのご褒美…ほんっと、担いできてよかった(´_`。)

 

 

IMG_0591.JPG

ケーキいただきながら、談話室でお互いのここまでのドラマを語り合う

 

鳥ちゃんもムサママさんも、本当に必死に頑張ってここまで上がってきてくれたんだね…

こわかったよね、大変だったよね、無茶させちゃってごめんね(ノДT)

 

でもここに2人が待っててくれてるという事も、ケロコのパワーの大きな源になってくれていたんだよ。

登って来てくれて本当にありがとう(*´ェ`*)

 

 

IMG_0592.JPG

ご飯は安定のバイキング

このチキンのトマト煮がケロコのお気に入り♪

 

いつも必ずおかわりするのに、相当体が疲れ切っていたのかこれだけで満足…このケロコがですよ( °д°)

何よりお湯が美味しくてガブガブ何杯飲んだんだろ。

意識して水分摂るようにしてつもりたけど、全然足りてなかったんだな~

 

4人でケーキを囲んだこと

4人でご飯を食べていること

4人であーだこーだくだらない話して大笑いしてること

 

ここに4人でいられる嬉しさを事あるごとに噛みしめる…(´_`。)

 

そんな展望荘の夜でした。

 

 

 

さて明日は晴れるかな…

 

 

 

続きまっす。

 

けろ(。・ω・)ノ゙