10年前。


職場の天井の一部が落ちてきて、

パソコンが床に落ちた。


当時娘を預けていた保育園に

電話がなかなか繋がらない。


職場で泊まることは考えられず

不安になりながらも、

都内から徒歩で自宅を目指して歩く。


そんなあの日から10年。


その間に、

再婚したり

父が亡くなったり、

引っ越したり、

転職したり

新たな仕事をするようになったり

多くの変化があり


家族を突然亡くす悲しみも知ったからこそ

震災で家族を失った人の悲しみを思うと

胸が締め付けられる。


私は何人かの人を傷つけて、悲しませ、

迷惑もかけた。

その事実は変わらない。


ただ、この10年、

その時その時、ベストを尽くして

全力で生きてきたように思う。


見た目にはわからない人の悲しみ、そして強さに気づける感性を持ちたい。


2021.3.11