私は完全な右利きで
それを疑ったことも全くないのですが
そんなひとばかりではないということを
最近知りました。

それは娘。
一応今は右利きとして生活していますが、
本当は左利きなのかもしれません。

娘は小さい頃、
お箸を自然に持つのが左だったのです。

私が右利きに直させました。
左利きだと、何かと不便だろう…と思って
私がしたことです。
それが、よかったのかよくなかったのか、
今になっては、正直よくわからないのですが、

左利き用のハサミ、包丁、などなど
そんなに普通には売っていないし、

習字や英語の筆記体を書くことなども
きっと右利きの方が便利だと
思い込んでいたんですよね。

娘は、今はお箸も鉛筆も右手ですが、
スノボのときはどうやら左利きのようです。
右足を前にする「グーフィースタンス」で
ボードの調整もしています。

ところが、最近は
私は右利きでも左利きでも無いような気がする!とイラついている様子。


私自身は完全な右利きなので
こんな悩みは持ったことなかったなぁ…
共感はできなくて
娘の言うことを聴いて、見守るだけ。

左右どっちもOKのほうが、
お得なことが多そうなのに
苦労することも多いんですね。

私は右利きなのか左利きなのか?
娘の悩みは解決してあげられないけれども
彼女がこれからどんなふうに折り合いをつけていくのか
見守りたいと思います。

カタツムリには右巻きと左巻きがいて、
それはたったひとつの遺伝子で決まって
生殖や生存にものすごい影響があるそうです!