松本華哉(かや)です。

 

プロフィールはこちら

 

メール新しく交換日記のサービスをはじめました。

(ひとりになれる環境が持ちにくい方、声に出して話すのが辛い方におすすめします)

 

世の中ザワザワと落ち着きませんが、

我が家はトイレットペーパーが残り2個。

先日、そろそろ買うか…と思いきや、この事態。

本当に、スーパーもドラッグストアもすっからかんで、びっくりしました!

 

でも、まあ、我が家はアウトドア派の人間たちなので

何とかなるだろう・・・と思っています。


妙な自信があります。

 

さて、「自信がない」という人はとても多いです。

 

自信があるかないか?

どちらかというと、私はありません。

 

転職にしても、自信があったからできたわけではなく、

「たまたまタイミングが合った」から

できたんだと思っています。


再婚なんてその最たるもの。

自信があったからできたわけではありません。

これも、いろいろな偶然が重なって

実現したような気がしています。

自信より、これは勇気でした。

 

子育て。

ますます自信はありません。

でも、私の子だから大丈夫だろう、と

これもまた全く根拠のないことを思っています。

 

コーチとして?

自信なんかありません。

ただただ、目の前のクライアントさんの言葉を

体で聴き、共感して、

自然と浮かぶ言葉を届ける。

自信満々でいるという感覚はなく、

勇気を持って向き合うという感覚の方が近いです。

 

私が本当に自信を持つのは、

死ぬ時なのかもしれないし、

死んだって、自信は手に入らないのかもしれない。

 

三途の川を渡りかけて、そこから1度戻ってきたら

自信がつくのかしら?

 

でも、

自信がなくて動けない時、

動けないのは自信がないからではなくて

他の理由なのかもしれません。

 

自信はなくても、行動することはできます。

失敗したら、戻ればいいんです。

どうしてもダメなら、やめちゃえばいいんです。

 

「自信がない」と言い続けて、何もしないことを選ぶこともできる。

私もそういうことありましたが、


その願いが本当に望むことならば、

行動しない自分がもどかしくなるんです。


 

あなたがもし子育てを終えているなら

子育ては自信満々だったからできたわけでもないし

料理に自信満々だったから、何十年も子どもや家族の食事を

用意し続けられたわけではないと思います。

会社に10年、20年も勤められたのは

仕事に自信があったから長く勤められたというわけではないと思います。

 

「自信がない」はごくごく当然、普通のことだと思います。

 

自分がこれから先、どんな自分で生きたいか。

それを実現させるには、どうしたら良さそうか。

それに向かう小さな一歩はどんなことなのか。

大切なのは、自分の中の願いを感じ取り、それを叶えてあげること。

 

自分の中の願いが何だかわからないとき

あなたの魂は、それをあなたに気づかせるために

あなたにいろいろなサインを出してきます。

 

それは、どうしても好きになれない同僚かもしれないし

どうしても気持ちが通じあえない、親かもしれないし

職場に向かう時の、あなたの心の重さかもしれない。

 

ひなまつり。はまぐりのお吸い物作りました。
料理に自信がない私は、かんたん、シンプルが好き。



個別相談(ライフコーチング)の

お問い合わせ、こちらからどうぞ!

  友だち追加

 

 

現在提供中のメニューです↓

 

まじかるクラウンライフコーチングセッション(単発/継続コース)

 

 

まじかるクラウンシングルだいじょうぶ会

シングルマザーを始め、家族関係に葛藤のある人すべてに。

無料の30分お話会です。

 

まじかるクラウン交換日記サービス

私とLINEなどでメッセージを1ヶ月間(回数無制限)やり取りします。