アトピーを治すための食べ方(食養生)講座(3月29日)開催レポート | アトピー脱ステ脱保湿☆札幌発キレイな肌をつくる漢方的生活

アトピー脱ステ脱保湿☆札幌発キレイな肌をつくる漢方的生活

札幌市西区二十四軒で漢方相談をしております、まつもとです。
アトピー性皮膚炎(顔・首・腕・脚・足・胸・腹・背中・乳首)の漢方治療と、食べるものを中心に、何に気をつけたらよいかといった、治し方・スキンケアから脱ステ・脱保湿についてご紹介いたします。


テーマ:

☆アトピーを治すための食べ方(食養生)講座(3月29日)開催レポート


3月29日10時から、札幌市中央区におきまして、


アトピーを治すための食べ方(食養生)講座


を開催いたしました。


薬膳 アトピー 講座


講師を務めましたのはわたくし、松本比菜です。


薬膳 アトピー 講座

 

今回参加くださったのは、アトピー性皮膚炎患者さんご本人、アトピーのお子さまをお持ちのお母さまに加え、アトピーにお悩みの患者さんを何とかしてよくして差し上げたい!と思われるプロのみなさんでした。


薬膳 アトピー 講座


皮膚の炎症が起こりやすくなる食べもの。


炎症が鎮まりやすくなる食べもの。


皮膚の修復力が高まる食べもの。


摂るべき具体的な食材を挙げるだけでなく、それらをどう摂るか、どのくらい摂るかを、図解して説明しました。


薬膳 アトピー 講座


ご質問には、すぐその場でお答えします。


会話形式で進めますので、ご参加のみなさんも、まつもとも、楽しいなごやかな時間を過ごすことができました。


薬膳 アトピー 講座

 

アトピーさんご本人は、ご自身の子どもの頃の食生活を振り返って。


お母さまは、普段食べさせているものを頭の中でチェック。


患者さんと向き合っている先生方は、これからどんな言葉でアドバイスしようかと、みなさんのお立場で、たくさんご質問が出ました!

薬膳 アトピー 講座


子ども時代からのアトピーは、ほとんど「胃腸」に負担がかかっての発症です。


どんなものを、どのくらい食べさせるかで、治るか治らないかが決まると言っても、過言ではないのです。




昔は「アトピーは子どもの病気」で、大人になるにつれよくなるから大丈夫と言われたものでした。


ところが今はそんなことはなく、大人になって初めて発症する方がいるくらい。


これは、今の日本人の食生活と、大いに関わっているんですね。


そして、アトピーを治す食事は、ほかのいろんな病気を治す・予防する食事でもあります。


ご参加くださったみなさんは、これから、健康を回復する食事、肌を安定・修復させる食事を実践されることでしょう。


普段の生活に、どうぞお役立てくださいね。




ご参加くださった方のご感想です。


Y.Sさん 鍼灸師


松本先生


先日は「アトピーを治すための食べ方講座」に参加させていただき、ありがとうございます。


わたしの鍼灸院には小児患者さんがよくいらっしゃるのですが、お話しをうかがうと、アレルギー症状を持っているお子さんが7~8割と多く、そこにどうやったら応えられるかと思っていました。


先生の講座に参加して、早速、鼻炎・皮膚炎のある子のお母さんに、講座で学んだ「食べ方」についてお話ししててみましたら、真剣に聞いてもらえました。


患者さん、ご家族の「ちゃんと治したい」の思いに応えたい、そう思っています。


また、食べ方については、私自身も気をつけないといけないと思っているので、その点も参考になりました。


生活を見直すことで改善できることがたくさんある、あるいは、生活見直さないと治らない、もたくさんあると思っています。


そこが、中医学の強みですね。


なぜアレルギーが起こるのかのしくみや、リーキーガットのことなど、もっと勉強しなきゃと改めて感じています。


「もっと勉強したい」の思いがありますので、これからもどうぞよろしくお願いします。



外反母趾・巻き爪・腰痛・むくみを改善する足づくりとシューフィット 

トータルフットケアサロン美足 村上陽子オーナー


まつもと先生


お世話になっております。


先日は受講させて頂きありがとうございました。


今回の講座で学び、子供の頃のアトピーは、お菓子とアイスが原因だったのかも!と思いました。


実はわたしは昔からスナック菓子が大好き。


毎週末にショッピングセンターへ買いものへ行くたびに、ポテトチップやカッ〇えびせんを買ってもらい、ソフトクリームを食べて帰るのが習慣になっていました。


さらに私はパンも大好き。


近所のヤマ〇キパンで角食や菓子パンを買い、夏にはかき氷に緑色のメロンシロップを山盛りかけて、シャービックやフルーチェなども良く食べてました。


おやつも主食も「老廃物」が出るものだらけでしたねー。


今頃分かって衝撃です!


この頃、手の甲やヒジ、ヒザ裏は夜になるとボリボリ掻いて、汁が出るほどひどかったです。


出ていたアトピーの症状は、日々処理しきれないほどの「老廃物」がカラダに溜まった結果なのだと知りました。


食べ物恐ろしやーですね。


大人になってからは化粧品でブツブツができたり、顔や首も掻いてましたが、考えたらお酒を飲むようになったこともあるかもしれません。


あ、飲み会に行って夜更かしもしてましたし(笑)


これからお肌を快適な状態に保つために、食事と睡眠が本当に、本当に、ホントーに大切なのだと実感しました。


教えて頂いた肉や魚、貝類の分類も意外な内容でした!


(そういえば父と良くカニも食べてましたわー)


気づきを頂き、実践するポイントも分かり大変勉強になりました。


ありがとうございました!


こちらこそ、みなさん、ご参加いただきましてありがとうございました。




実は今回の「アトピーを治すための食べ方(食養生)講座」は、昨年12月に東京で開催して以来、「またやりますか?」「ウチの地域でもやってください」とのお声を多数いただく人気講座でした。


また、日程の調整がつかず、残念ながら当日参加できない方もいらっしゃいました。


そこで、今回の札幌講座の模様は撮影して、


[DVD講座]


を制作することにいたしました!


DVD講座なら、みなさん、ご自宅で、いつでも、好きなときに受講することができますね。


DVD講座「アトピーを治すための食べ方(食養生)講座」


は、できあがり次第またこちらでご案内したいと思います。


残念ながら参加できなかったみなさんは、どうぞお楽しみにお待ちくださいませ^^







「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544  

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)

まつもと@アトピーが治る医食同源な暮らしさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります