アトピー脱ステ脱保湿☆札幌発キレイな肌をつくる漢方的生活

アトピー脱ステ脱保湿☆札幌発キレイな肌をつくる漢方的生活

札幌市西区二十四軒で漢方相談をしております、まつもとです。
アトピー性皮膚炎(顔・首・腕・脚・足・胸・腹・背中・乳首)の漢方治療と、食べるものを中心に、何に気をつけたらよいかといった、治し方・スキンケアから脱ステ・脱保湿についてご紹介いたします。

カラダとココロの健康は、日々の暮らしから……もちろん、皮膚も同じです♪

漢方的生活で、≪薬食同源≫を実践してみませんか?

北海道札幌市で中医学や薬膳など健康に関する講座を

定期&随時開催しております。


テーマ:

☆【ブログ上相談】漢方クリニック通院中・2軒目 よくならない-④

 

こんにちは、まつもとです。


今週は読者の方からいただいたご質問にお答えしております。。


ご質問くださったのは、京都府在住S.Kさん、30代の女性です。


前回まで、


・夏に改善し、11月下旬から悪化するのはなぜか


・○○な漢方薬を少量使って悪化したのはなぜか


・痒疹ができて月経が変化したのはなぜか


と順にお答えしてまいりました。


今日は最後のモンダイ、


「痒疹に桂枝湯はどうか」


について考えたいと思います。



いただいたご質問の該当部分は、こんな感じでした。



------


わたしは、アトピーを完治させたいと思い、2年半前から「漢方クリニック」に通っています。


通いだして9ヶ月経った時、突然今まで出ていないところにみるみる湿疹ができ始め、頭から足まで湿疹が出てきて「痒疹」と言われました。


アトピーを治しに行ってるのに、さらに「痒疹」と言われてショックと絶望感を感じました。


痒疹ができて、クリニックを変えたのですが、そこで初めに出された処方は「桂枝湯」でした、


1ヶ月服みましたが、ますます悪化して痒みが増しました。


治らないばかりか、漢方薬でよくなった感じもしないので、このままでよいのかとても不安です。


 <一部省略・改変しております>



-----



うーん。


結論から言うと、まつもと自身は、


「アトピー性皮膚炎でお悩みの方が『痒疹』を併発された場合、『桂枝湯』を出したことはナイ!」


です。


これは、声を大にして言えます。


アトピー性皮膚炎の急性期が治まっていない方に、桂枝湯は出しません。


痒疹を併発するということは、かなり痒みが強いということ。


これは、アトピー性皮膚炎の急性期が終わっていないということですから、まだまだ温めちゃいけないんです。


ちょっと解説しますね。




これまでたびたびお話ししてきましたが、アトピー性皮膚炎というお悩みは、身体に何かしらの弱点があるにしろ、赤くて痒く、プツプツして腫れていれば「炎症」です。


炎症は、中医学的に言えば「熱」なので、もともとの弱点に惑わされず、熱を冷ますお手当をする必要があります。


ここで「冷やす」方向でなく、「温める」方向のお手当をすると、「熱」が強められてかえって悪化します。


一方、漢方薬の「桂枝湯(けいしとう)」という処方は、身体の表面を温めて、「陽気を通じさせる」働きがあり、これの合う状態に使えばものすごく効果のある名処方です。


が、温めて、陽気を身体の端から端まで通じさせるので、熱、とくに身体の表面=皮膚に熱があるときは、それが強められ、症状が強まる可能性があります。


熱、とくに身体の表面=皮膚に熱がある……アトピー性皮膚炎の急性期って、まさにこの状態ですよね。


まつもとも、桂枝湯の仲間をアトピー性皮膚炎の方にお勧めしたことがありますが、急性期はすっかり終わって慢性期に、「冷たい風に当たると皮膚色のポコポコが出る」という寒性の蕁麻疹を併発した例への使用でした。


アトピー性皮膚炎は、急性期→慢性期と、段階によって病気のジャンル(邪気)も変わりますし、やらなければならないことも違いますので、「一般的にアトピー性皮膚炎によいのは……」と対処法をひとくくりにしちゃいけない。


これ、鉄則なんです。




Sさんにひとつ、アドバイスをしたいです。


それは、相談先はよく選ぼうということ。


これについては、次回の記事で、選ぶべき漢方薬とともに、少しくわしくお話しします。


最近使っていませんでしたが、内容が内容だけに、久々に「アメンバー限定記事」として更新したいと思います。


ではアメンバーのみなさん、次回の記事更新をお待ちくださいね。





アトピーを治したい方のための、正しい食べ方(食養生)は、こちらで学べます。



「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544  

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)


テーマ:

☆【ブログ上相談】漢方クリニック通院中・2軒目 よくならない-③

 

こんにちは、まつもとです。


引き続き、読者の方からいただいたご質問にお答えする「ブログ上相談」です。


3記事目の今日は、「痒疹ができて月経が変化したのはなぜか」を考えて見たいと思います。


ご質問くださったのは、京都府在住S.Kさん、30代の女性です。


いただいたご質問の、該当部分は、こんな感じ。



------



漢方クリニックに通いだして9ヶ月経った時、突然今まで出ていないところにみるみる湿疹ができ始め、頭から足まで湿疹が出てきて「痒疹」と言われました。


アトピーを治しに行ってるのに、さらに「痒疹」と言われてショックと絶望感を感じました。


また、痒疹ができる前は、月経は普通でしたが、できてからは日数も短く量も減りました。


 <一部省略・改変しております>



-----



アトピー性皮膚炎の方の何割かは、痒疹を併発しておられます。


痒疹とは、アトピー性皮膚炎の湿疹(プツプツ)よりもちょっと大きいポコポコが、身体のあちこちにできるもので、腕や脚によく見られます。


原因は、「掻くこと」で、痒みに部分を掻いているうちに、身体が「守らなきゃ!」とがんばって角質を厚くして掻かれることに対抗しようして起こります。


掻くことから身を守ろうとして発生するポコポコなんですが、これがまた、究極に、「痒い」!!


力を入れて掻けちゃう、肘から下の腕や、膝から下のすねに、よくできます。


もちろん、全身どこも痒くて掻いてしまうので、お腹や背中など、どこにでもできる可能性があります。




これは、治療の失敗というよりは、痒みが鎮まるスピードと、毎日の痒みに掻いてしまって皮膚ががんばっちゃうスピードとの戦いです。


アトピー性皮膚炎のお手当は順調であっても、あまりの痒みに掻いていると発生します。


痒疹は、中医学的には「強い風」と「毒の塊」なので、風を追い出して解毒し、塊を散じるお手当をします。


アトピー性皮膚炎のお手当と共通項がありますし、まつもとのところでは漢方薬では同時進行でお手当します。


「風」対策をすれば痒みが減って、掻く回数も減ることが多く、2~3ヶ月で治まってくることが多いです。


ただし、イライラするできごとなどに出会って痒みが増し、掻く回数が増えるとまた再発するので、再発したらまた痒疹対策モードに切り替えて対応します。




で、肝腎の月経との関係ですが。


直接の関係はないと思われます。


が、それまでの数周期、多分ですけど、アトピー性皮膚炎のお手当はあまり順調ではありませんでしたよね。


アトピー性皮膚炎は、痒いし、皮膚も損傷するので回復にも材料が必要、つまり、身体の消耗が大きい状態です。


ここでイメージしていただきたいのですが、皮膚を張り直す材料と、子宮内膜の材料、卵巣で卵包を育てる材料は、同じものを使います(「血」というヤツです)。


炎症や掻き壊しで皮膚を修復しないといけなくなると、血をどんどん消耗しますから、その分子宮内膜や卵巣で血が足りなくなってくる、これって本当によくあることです。


さらに、順調によくなってこないと、不安になりますよね。


不安があると、いろいろと考え込んでしまいますが、脳がものを考えるときの燃料も、「血」だと中医学では考えています。


考え事が加わると、血の消耗ペースが速まり、結果、月経周期や経血量に影響するのです。




Sさまの場合、「痒疹ができるほど痒みが激しい=症状が強い、よくならないことへの不安」は、血を消耗させ、同じタイミングで月経に影響が出たと考えられます。


が、正常な月経期間(出血している期間)は、「3日、5日、7日」と言われます。


後半ダラダラ続いていたのが、キレよく終わるようになったなら、悪いことでもありません。


いずれにせよ、お手当の後半、丈夫な美肌再生の段階になったら、同時に自動的に子宮内膜や卵巣も丈夫になっていきますから、ご心配要りませんよ。


あ、もちろん、こういう、「治す仕組みと順番」を理解し、実行できる先生にご相談してないとそうなりませんので、念のため。


では最後、痒疹を治すための漢方薬についてのご質問への回答です。


→→【ブログ上相談】漢方クリニック通院中・2軒目 よくならない-④へ続きます





アトピーを治したい方のための、正しい食べ方(食養生)は、こちらで学べます。



「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544  

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)


テーマ:

☆【ブログ上相談】漢方クリニック通院中・2軒目 よくならない-②

 

こんにちは、まつもとです。


今週は読者の方からいただいたご質問にお答えする「ブログ上相談」でお送りしております。


ご質問くださったのは、京都府在住S.Kさん、30代の女性です。

 

昨日はご質問の1点目、「夏に改善し、11月下旬から悪化するのはなぜか」にお答えしました。


今日は次の「上の気と熱を下ろして血を巡らす(活血ではない)」漢方薬をごく少量使って悪化したのはなぜか」を考えてみたいと思います。


これ、ちょっと難しい。


なぜなら具体的な処方が分からないからです。


いただいたご質問の、その部分を見てみましょう。



------



それから、漢方薬についてですが、最近「上の気と熱を下ろして血を巡らす」という漢方薬を少量処方されましたが、それを服むと、4日目に猛烈に痒くなりました。


ごく少量でこんなに反応するのはレアケースと言われましたが、そんなことあるのでしょうか。


 <省略・改変しております>



-----



「好転反応」という変化があります。


めんげんとも言いますが、これは開始後2~3日で現れ、それが収束すると同時にそもそもの病気もさくさくと改善します。


4日目から悪化されたなら、好転反応ではなく、漢方薬が合ってなかったか、足りなかったと考えます。


この部分を拝見して、まずひとつまつもとが知りたかったのは、


「このときに処方されたのはこの漢方薬だけなのか」


「それとも、他の処方を出されて、加えてこの処方を少量プラスされたのか」


でした。


この、「上の気と熱を下に下ろして云々」という漢方処方を「漢方薬A」としますと、漢方薬Aだけを少量使ったのか、A以外はしっかり分量を出されてそこへAをちょっと追加したのかで、全然状況が異なります。


まずアトピー性皮膚炎は、見えている症状が小さくても、体内にくすぶっている病気の勢いは決してみくびってはいけません。


繰り返し発症するアトピー性皮膚炎は、「湿熱」→「血熱」→「熱毒」→……と「熱」のジャンルが広がっていることが多く、一筋縄ではいかないのです。


なので、体内に存在する邪気のタイプと強さを分析して、必要なお手当をしっかり使わなくては戦いに勝てません。


病気の強さに敵わないような「少量」を投入すると、その刺激で、かえって火の手が強まり、アトピー性皮膚炎の症状が強まってしまうこともあるのです。


だから、Sさんのアトピー性皮膚炎としっかり戦える量の漢方薬を投入されたところへ、漢方薬Aを少量追加したのならともかく、1種類だけを少量入れるのはとても危険。




このご質問に対するまつもとの推理と考えは、こうです。



●必要な漢方薬をしっかり使っていて、そこへ漢方薬Aを少量加えて悪化した


→漢方薬AはそのときのSさんの病気を治すのに、適していなかった(タイミング)


トータルで見ると、いつかはやるべきお手当の方向性であっても、急性症状があるときは見えている症状が強まることがあり得ます。


「いつ」「どの段階で」「どの方向性の」お手当をするか。


ここは、まつもとも最も神経を使う点で、難しい部分です。



●そもそも必要な漢方薬が必要量使われておらず、漢方薬Aを少量加えて悪化した


→漢方薬全体の強さが、病気に勝てていなかった


「病院へ通っていてもよくならなかった」というご相談者さまに共通なのが、そもそもその方のアトピー性皮膚炎に対抗できる漢方薬の種類と量を選ばれていないことです。


炎症系の病気を治す理論(「温病」といいます)を学ばれていなかったり、治している現場を見たことがおありじゃなかったりする先生方なのかな?


このパターンだと、漢方薬A少量がよくなかったのか、そもそも治せてなかったのか、どっちもなのか、全ての可能性があります。


漢方薬Aがそのときの症状にふさわしいものだったなら、必要量を入れず「少量」だったのがよくなかったことはあり得ます。



●漢方薬Aがよくなかった


→下へ降ろす=「降気」剤?


気を動かす生薬は、「温める働き」「乾かす働き」があるものが多いです。


急性症状があるときに、温めたり乾かしたりすると、火の手が強まることは確かにあります。


が、「少量」だったら、そんなに激変しないと思うなあ……


あ、これは、必要量がしっかり投入されていると仮定しての話です。


さっきも言いましたが、方向性が合っていても、量が足りなかったら悪化することがあります。


量というのは、病気へ対抗するための、お手当の「強さ」なのです。




考えられる可能性を検討しました。


そのとき、Sさんに出された処方は、どの状態に近かったのでしょうね。


ぶっちゃけ、方向性さえ合っていれば、漢方薬がベストじゃなくても、効くんです。


必要量を投入すれば。


方向性が違っていてもダメですが、量が足りなくても戦えないんですよ!


この「量」については、中国での病院研修がとても役に立ちました。


外来でも病棟でも、処方箋を見せてもらいましたが、皮膚科では「量」が大事ですね。


内臓ならちょっとの量でも現場へ達しますが、皮膚なんて外側に効果を及ぼしたかったら、そこへ行き渡る量が必要です。


このへん、実際に「治している現場」を経験しているかどうかで、考え方ややり方に差が出る部分かもしれません。



では、次、「痒疹ができて月経が変化したのはなぜか」を考えましょう。



→→【ブログ上相談】漢方クリニック通院中・2軒目 よくならない-③へ続きます





アトピーを治したい方のための、正しい食べ方(食養生)は、こちらで学べます。



「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544  

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)


テーマ:

☆【ブログ上相談】漢方クリニック通院中・2軒目 よくならない

 

こんにちは、まつもとです。


今日は読者の方からいただいたご質問にお答えする「ブログ上相談」でお送りします。


ご質問くださったのは、京都府在住S.Kさん、30代の女性です。


いただいたご質問は、こんな内容でした。


ちょっと重めです。



------


まつもと先生、こんにちは。


いつもブログを読ませていただき、参考にさせていただいています。


わたしは、アトピーを完治させたいと思い、2年半前から「漢方クリニック」に通っていますが、どうもよく改善せず、疑問点がいくつかあるので、「ブログ上相談」をお願いしたくメッセージしました。


そこへ通う前は、9割位症状が治っている状態で、残り1割治して完治させたいと思って通うことにしたのです。


その時症状のあったのは、顔、首、指でした。


そこに通いだして9ヶ月経った時、突然今まで出ていないところにみるみる湿疹ができ始め、頭から足まで湿疹が出てきて「痒疹」と言われました。


アトピーを治しに行ってるのに、さらに「痒疹」と言われてショックと絶望感を感じました。


この漢方クリニックは辞め、今違う漢方クリニックに通い出して1年半経ちますが、なかなか前進しません。


以前から夏になると少し症状がマシになります。


昨年も夏に少しマシになり、11月下旬からどんどんひどくなっていますが、これはどうしてなのでしょうか?


それから、漢方薬についてですが、最近「上の気と熱を下ろして血を巡らす」という漢方薬を少量処方されましたが、それを服むと、4日目に猛烈に痒くなりました。


ごく少量でこんなに反応するのはレアケースと言われましたが、そんなことあるのでしょうか。


また、痒疹ができる前は、月経は普通でしたが、できてからは日数も短く量も減りました。


痒疹ができて、クリニックを変えたのですが、そこで初めに出された処方は「桂枝湯」でした、


1ヶ月服みましたが、ますます悪化して痒みが増しました。


治らないばかりか、漢方薬でよくなった感じもしないので、このままでよいのかとても不安です。


どうぞよろしくお願いいたします。


 <一部省略・改変しております>



-----



Sさん、大変な経験をされておられますね。


具体的な処方名が分からないところもありますが、わたしの考え、感じたことをお答えいたしますね。


まず、ご質問のポイントをまとめましょう。


Sさんのご質問は、



1、夏に改善し、11月下旬から悪化するのはなぜか


2、「上の気と熱を下ろして血を巡らす(活血ではない)」漢方薬をごく少量使って悪化したのはなぜか


3、痒疹ができて月経が変化したのはなぜか


4、痒疹に桂枝湯はどうか



の4点にまとめられるかと思います。


順にひとつずつお答えしていきますね。




1、夏に改善し、11月下旬から悪化するのはなぜか


まずひとつめ。


夏マシになり、冬になると悪化する方、結構いらっしゃいます。


これまでもお話ししてきましたが、アトピー性皮膚炎には「夏悪化型」の方と、「冬悪化型」の方がおいでになります。


(こじれると「夏も冬も悪化する型」になる方もいらっしゃいますが……)


冬に体内ではどんな変化があるかというと……。


体温を逃がさないため、体表面、皮膚の近くを流れる血液量が減少し、皮膚の「うるおい」「バリア」の材料がやってくる割合が下がります。


そうすると、バリアが弱くなって刺激を受けやすくなって痒みが増したり、皮膚の乾燥が進んだりしてよろしくない。


冬は空気中の水分も減りますから、さらに皮膚から水分が蒸発しやすくなりますし、ダブルパンチです。


夏は空気中の湿気もありますし、気温が高いので体表面を流れる血液量は比較的多く、うるおいが保たれやすいので、お肌もラクです。


実際のお肌は拝見してませんが、Sさまのお肌はバリアの機能が低下しておられるのだろうと推測されます。


Sさんは京都にお住まいなので、11月下旬からですが、まつもとがご相談をお受けしている北海道・札幌市では、みなさん同じことが10月中旬くらいから起こってきます。


まず出ている症状を鎮めるお手当が必要ですが、症状が鎮まってきたら、徐々にバリアを強化したり、丈夫な皮膚を張り直すお手当を加えて、再発しないお身体つくりが必要なタイプとお見受けします。



では、次、「2、上の気と熱を下ろして血を巡らす(活血ではない)を少量使って悪化したのはなぜか」を考えます。


→→【ブログ上相談】漢方クリニック通院中・2軒目 よくならない-②へ続きます





アトピーを治したい方のための、正しい食べ方(食養生)は、こちらで学べます。



「アメンバー限定記事」を読むには……

「相手に知らせて読者になる」→「アメンバー申請」

漢方薬などの濃~い話は、誤解のないよう、いつも読んでくださるみなさまだけに公開しております。
読者の方からのアメンバー申請は承認いたしておりますので、どうぞ♪



●プロフィール

●ご相談を希望される方へ

●まつもと漢方堂

●アクセス

●アトピーとは?




 ご相談は、札幌市西区二十四軒の漢方相談のお店

 「まつもと漢方堂 」で承っております。

 東西線二十四軒駅から徒歩1分。

 お問い合わせ・ご予約は

 011-215-7544  

 日・月・祝定休 

 営業時間 10:00~18:00

 (イベントなどにより変動することがございます。

 お問い合わせください)