芸者・松山検番・松実会
平成31年1月3日(木)

※松山城 新春お城の舞
「私たちが戻ることのできる、ただ一つの『原点』」



■場所 松山城天守閣(二階大広間)

■1月3日(木) ①午前10時30分より  ②午前11時30分より

■内 容
松山城天守閣(二階大広間)にて、松山検番の芸者さんによる伊予節や野球拳(自由参加)他をお楽しみください。(ロープウェイ・リフト利用料・天守閣の観覧料だけでお楽しみいただけます。)当日、演出等の都合により、公演時間は回ごとに前後する可能性がございます。遠方よりお越しのお客様には誠にご不便をお掛け致しますが、予めご了承頂けますと幸いです。


■お問い合わせ   松山城ホームページ

NPO法人松実会事務局 089-935-8522



平成31年1月4日(金)

※松山検番の芸者さんによる新春の舞

「新しい年を迎えたこの場所は、希望の地です。ここから、未来は始まります!」


■場所

エミフルMASAKI

愛媛県伊予郡松前町筒井850

エミモール1階グリーンコート

■公演日時

1月4日(金) ①午後13時00分より  ②午後15時00分より

■内 容
エミフルMASAKI エミモール1階グリーンコートにて、松山検番の芸者さんによる伊予節や野球拳(自由参加)他をお楽しみください。
当日、演出等の都合により、公演時間は回ごとに前後する可能性がございます。
遠方よりお越しのお客様には誠にご不便をお掛け致しますが、予めご了承頂けますと幸いです。

■お問い合わせ

エミフルMASAKI 089-984-2111(代)

NPO法人松実会事務局 089-935-8522
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>
2018年12月14日

「師走の一週間が、飛び去るように…。」

テーマ:ブログ

 

 

千代鷺です。

 

 

昔の方が思い付いた…っつかね、考えたんでしょうけど、

「師走」…たぁ、よくぞ言い当てたものだなぁと、

改めて感心してしています。「師走」…。いつだったかな?

「師走」の「師」って、「お師匠さま」のことだと思ってたら、

「お坊さん」のことだったのね…。「お坊さん」が走るのか…。

毎年、「お盆の季節」になりますと、我が町「松山」でも、

「お坊さん」が原付バイクで疾走するお姿を拝見することも、

少なからずあるような気がするんですけれど、12月に、

「お坊さん」が疾走してるのって、見たこと無いんだけどなぁ…。

大みそかに「ゆく年くる年」で、大きな鐘、突いてるのは、

テレビで拝見したことあるんですけれどね、突っ走るのって、

どんなんだろな…。しかぁし、この一週間、怒涛の如く、

過ぎ去っていったのは間違いのないことでして、「師走」…。

毎日が飛び去るように過ぎていく、この年末の日々を、

さらに加速度を増して、突き進もうとする!

そんな、あなたの千代ちゃんです。

 

 

今日は金曜日…って、申し上げて無いと、曜日がさ…、

自分でも分からなくなって来ているのよね…。

金曜日…そうか、週末だよな…。実質、後、今年も余すところ、

どのくらいの時間的余裕があるのかしら…?

もうすでに、ご連絡いただいている「予定」は、

今年の「予定」ではなく、来年の予定の方が圧倒的に多くなって、

あまつさえ、「再来年=平成32年=2020年」の、

「予定」も考えて無きゃならないという!とってもありがたい!

…っつかね、その頃って、「平成」じゃないのかもしれません。

時代も「大変革」の時期を迎えて、さらに我が「松山検番」も、

超・大変革を断行して、さらに、私も一大改革を行わなきゃ、

とてもじゃありませんが、新しい時代を迎えることが出来ない!

もうね、頭の中は、すっかり大混乱です。

 

 

「昭和」のどん詰まりに生まれた私なんて、新しい時代に、

生まれて来られる方からみたら、どぉ思われるんだろ?

我が国日本の、「大きな節目」って、来年ですっけ?

 

 

でもね、やっぱ、毎日毎日が積み重なって行きまして、

そして、今年もいずれ「大晦日」が来るんですけれど、

それまでの間は、やっぱ、コツコツ小さなことを、

積み上げて行かなきゃ、どうにもならないんですよね。

今年の年末から、新年にかけてなんてね、上手くすると、

「十連休」になる方もいらっしゃるんでしょうけれど、

そうは問屋が卸してくれないのが、「芸者」という、

このモノ珍しい「お仕事」の特徴でして、ね…。

割と新年早々、ドタバタと動き回るのが毎年恒例!

その前に、やっぱ今年のことを完全に消化しなけれれば、

新年もへったくれも無いのでして、ここが難しいところでして、

「お正月」って、存在感、すげぇ!何たって、その直前に、

年末を駆け抜けるという「大仕事」を抱えた上で、

新しい年に向かって怒涛の進撃をしなきゃぁならないんですよね。

 

 

今日は金曜日…です。我が町「松山」の町は、どんな様子かな…?

かつて、何にも考えて無くても、日々が過ぎていった頃、

まだ、私が「学生ですぅ…」とかってね、大モノたれてた時代、

こんなにいろんなことは、考えてなかったな…。

当時の若さが、単なる「仮面」だったのか、それとも…、

この十年ちょっとの年月が、少しだけ、私に大人という、

複雑な正解を垣間見ることが出来る機会を与えてくれたのか…?

そんなことを、今、ふと考えてしまいました。

…おぉっと!そんなことをしてる場合じゃありません。

今日の「予定」を再確認して、突っ走るための、

準備運動しなきゃぁね…。今日は週末です。

皆さまは、ほんのひと時、ゆっくりなさってみてはいかがでしょう?

 

 

 

2018年12月13日

「それにしましても、『師走』感が強烈です!」

テーマ:ブログ

 

 

千代鷺です。

 

 

「松山芸者」にとりまして、年末年始って…、

確かに、「お正月」の落ち着いた風情を味わうことも無く、

「お正月の三が日」の間も「ぶっ飛ばし!の予定」になることが、

ここ何年も続いていますし、新年を前にした年末は、これまた、

とことん、駆け抜けていく感、満載で過ごすことが、

さらに「当たり前」のことになってはいるんですけれど、

これって…、実際はスゴいことなんだなぁ…と、

改めて、多くの皆さまに感謝しなければならないのでして…。

とにかく、今のこの状況って、本当にありがたいことなのだ!

それを思いますと、今年も一年、皆さまのお目汚しの、

この駄文にお付き合いくださった皆さま!

まだまだ今年は続くんですけれど、心から御礼を申し上げます。

御礼を申し上げながら、今年の宿題に格闘している!

この私の姿も、しっかりご記憶いただければ、うれしいな…。

どこまでも「あきらめない!」覚悟だけは見上げたもんだと、

そう、自分で自分に言い聞かせまして、とりあえず今年も、

最後まで、あがき続けるつもりでいる…、

そんな、あなたの千代ちゃんです。

 

 

来年はですね…、もう、県外へ出張しまくり!…みたいな、

そんな計画が目白押しなのでして、今年一年、我が町「松山」に、

軸足を置きまして、どんな「変化」が生まれるのか?

これを見定めた上で、「新年度」に突入した途端、私はですな、

またまた日本全国を駆け回るような、そんな計画もちらほらと…。

「新年」じゃなくて「新年度」っつ~ところがですね、キモなんでして、

今年の宿題は…えぇっとぉ…、とにかく頑張ってみます!

…という、言い訳は考えておこうと思いましてね…。

えへへ…、段々「世渡り」が上手くなって来たでしょ?

しかぁし、年末年始の「お休み」も返上して、今はとにかく、

何がなんでも、駆けまわって「お仕事」したいのだ!

 

 

でもね、この「動き」に合わせまして、事務の皆さまも、

「年末年始」って、無くなるんじゃない?…という、

大変申し訳ないことになってしまうんですが、そこは、ね…、

もう、私の性格だと思ってお許しいただくしかありません。

…すまん!お許しください!

 

 

今日が13日でしょ?いよいよ「今年」も終盤戦に突入!

…そう考えても、問題は無いような時期になりまして、

いつも愛用しているカレンダーは、色とりどり!の度合いが、

さらに増して来ましてね…。眺めてるだけで、

目が痛くなりそうな感じになって来てるんっすけれど、

これでやっと「安心!」出来るという…、この習慣は、

来年も、これからもずっと続きそうな気配でも、それでも、、

まだまだ、あたしゃ、小せぇな…と、思うような、

そんなお姐さん方が、全国各地にはいらっしゃるのでして、

そういう方々を前にして、堂々と「松山芸者」を張って行ける!

これが、今年の最大の課題なのです…。

 

 

そのためには、まず、日本の名だたる「芸者のお姐さん」を、

我が町「松山」にお招きできるくらいの力量っていうんですか?

これをやり遂げてお見せしなきゃぁ、ダメでしょ!くらいの、

鼻息の荒さと無鉄砲さと…、そして、度胸は持ちたいと思う…。

それを決定付けるのは、もう、残り少なくなった、

「今年」をいかに過ごすかにかかっている!…と、

思うんですよね。じっとしてるワケには参りません!

それが実は、今年の「大改革」の目的でしてね…。

皆さま、こんな私にお力を貸してはいただけませんか?

有言実行!口にしなくても、虎視眈々、実行あるのみ!

…それが私の信条ですから…。

 

 

2018年12月12日

「カレンダーの中の、真ん中に書いてある『12日』…。」

テーマ:ブログ

 

 

千代鷺です。

 

 

毎日眺めている「カレンダー」ですけれど、

昨日…っつか、今、さっきまでのことなんですけれど、

今日、12日って、カレンダーのページの、真ん中に、

どど~んと、書いてあるような気がしまして…。

ふと、考えてみたんですけれど、12月の「折り返し地点」という、

そういうワケでも無いんですよね。実際には、15日が、

ちょうど折り返し地点になんでしょうし…。

でも、カレンダーって、上手く出来ているなぁ…、

実際のところ、25日の週って、ほとんど、今年一年の、

締めくくりに追われまして、「お仕事」というより、

もはや、それ以外のことで忙しいことが、ほとんど…。

…なるほどなぁ…。カレンダーって、人間の経験と、

知識を総動員して作られているに、違いない!

妙なことに、感心してしまった…。

そんな、あなたの千代ちゃんです。

 

 

新しいカレンダーに、「予定」を書き込むことが多くなりますと、

それと同時に、今年のカレンダーには、もっといろんなことを、

書き込むことが多くなるという…。この現実を、毎年経験している…。

でも、その経験が、今まで、あんまり気になっていなかったという、

さらなる「現実」に、今年、やっと気付きました。

年末って、毎年気忙しくなるのは、これが原因だったんだ!

…今さらのように、感動してしまったんですけれど、

それで何かが解決するってもんではありません。

ただ、12月って、実質的に「お仕事」出来る日数が、

ひょっとすると少ないのかもしれませんね。

 

 

…いや、実際少ないだろ!実質、28日ですよね…。

 

 

この少ない日数の中で、今まで何とか新しい年に向けて、

無い知恵絞って、何とか帳尻を合わせてきたこと自体、

これって、奇跡的なことなのでして、ね…。

これまで、あんまり気にしてなかったことのほうが、

逆に「感動!」してしまう原因になってるんですけれど、

今年はなぁ…、いろんなことが私の耳に飛び込んできます。

寝耳に水!…みたいなこともあれば、まだ終わってない、

山のような「宿題」のこともあって、割と緊張感に満ちている!

年末は、こうでなくっちゃぁ!…なんぁんてね、

そんなこと、言ってる場合じゃないのですけれどね…。

 

 

…で、この状態をどうするか?…ここが問題なんですけれど、

「焦っても仕方が無い!」というのが、これまた「現実!」でして、

今日の収穫…っつか、学ぶことが出来たのは、

「12月は、カレンダーにダマされてはいけない!」という、

さらなる「現実!」だったのでした…。これは、教訓!

来年は、この教訓が生かせるような一年にしなきゃな…。

そんなことを考えながら、今日一日をもっとぶっ飛ばして、

過ごしていこう!…と、思っています。

それにしても…気忙しいな…、年末って…。

 

 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス