スコッチウイスキーについて。。。2 | I love。。。洋酒 ~洋酒とbarと時々おつまみ~

I love。。。洋酒 ~洋酒とbarと時々おつまみ~

はじめましてヾ(^∇^)
洋酒勉強中のkoheiです(。・ω・)

洋酒についての記事を書いていきます~(。・ω・。)
知識が全然ないので 学びつつ 更新していきます!!

コメントよろしくお願いします(*^▽^*)
僕がこのブログで学ぶためにもあなたの意見が必要です!!

こんにちわぁ~(‐^▽^‐)

今日はスコッチウイスキーの歴史について

学んでいきましょーう( ̄▽+ ̄*)


ウイスキーの製法は12世紀~13世紀の間に

スコットランドに伝わりました。。。

蒸留技術はアイルランドからキリスト教と一緒に伝わったとされています(-^□^-)

ウイスキーという単語に関する最古の記録は1736年にスコットランド人が書いた手紙で、

1755年には英語辞典に登場しました(^O^)

当初スコッチ・ウイスキーは薬酒として修道院  が独占的に製造していたが、

16世紀に宗教改革
  が起こり修道院が解散したことで蒸留技術が農家など民間に広まり 

余剰生産された
大麦の換金および保存の手段として製造が盛んになりました

この時期のスコッチ・ウイスキーには熟成の工程がなく、

蒸留したばかりの無色透明の液体が飲まれていた
そうです~




そして・・・スコッチウイスキーが発展したのは

実はウイスキーにかかる税金のおかげらしいです・・・(・∀・)



なぜ!?
\(゜□゜)/



続きは次回で~す。。。ww




にほんブログ村 酒ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 酒ブログ 洋酒へ
にほんブログ村


人気ブログランキング