『不登校』の悩みを解決するために、年齢制限あり!! | 離婚だけが解決じゃない 争いのない家庭で生きる力を身に付ける子育ても出来る『たった1つの解放セラピー』

離婚だけが解決じゃない 争いのない家庭で生きる力を身に付ける子育ても出来る『たった1つの解放セラピー』

結婚しているのに、一人で頑張っている女性のために。感情解放セラピーでセッションいたします。まずは、あなたが「楽」になることで、夫婦関係構築しながら、自立した子供が育ち、円満な家庭生活を取り戻しましょう。


テーマ:

エモーションフリー認定講師 matsukoです。

 

 

 

『不登校』に悩んでいる保護者の問題は、

まず、お子様目線になれないことです。

 

他人ごとになれない事です。

 

 

 

 

我が事のように、受け取り。

あの手この手で、お子様が

「学校に行けない事」

「学校に行かない事」

の原因究明に力を注いでいます。

 

 

 

原因がわかっても、手助けをして、

お子様の自力回復までには、

時間がかかります。

 

 

 

 

エモーションフリーは、

最速も追求してつくられたセラピーです。

 

 

 

 

親が、

・どこまで

・なにに

・どんなことに

手を出すのか?

 

ここについては、

お子様の年齢は大いに関係しています。

お子様の状態が、

わかっていなければ出来ません。

 

 

 

 

エモーションフリーセッションは、

『今』ここ。

から、考えられるようになり、前に進むため。

が、基本です。

 

 

 

「過去に起きたこと」

を、どうこう言っていても。

誰かの責任を追及しても。

 

 

 

解決できない事には、どうにもなりません。

 

 

 

誤ってもらったら、行けるようになるのでしょうか?

原因がわかったところで、行けるようになるのでしょうか?

 

 

 

むしろ、騒ぎ立て大事にする方が、

お子様は、行きづらくなります。

 

 

 

 

 

小学生・中学生は、

・家にいる

・学校に行く

 

 

のが、大多数の選択肢です。

 

 

 

親に何か重大な問題がない限り、

よっぽどのことがない限り、

 

 

 

当たり前に、

家にこもっているなら、学校に行った方が良いです。

 

 

 

しかし、

高校生以上になると、

『学校』だけが、選択肢ではありません。

 

 

 

「家にこもっている」ことが、本人にとって良くない事。

は、明らかです。

 

 

 

しかし、

絶対に学校に行かなければいけないわけではありません。

 

 

 

むしろ、

学校にいかないのなら、

他の選択肢が表れてもいい。

 

 

 

そのかわり、「本人の意思であること」

 

 

 

それが、重要です。

 

 

 

これって、実は

大人たちも、同じなんですよね。

 

 

 

親が、かたくなに

自分の価値観を押し付けていることが、

お子様が自分で決められない原因にもなります。

 

 

 

まずは、

親子で、子供の将来について

話し合いが出来るといいです。

 

 

人はタブーな話は、

出来なくなります。

隠そうとします。

そんな時は、エモーションフリーがオススメです。

 

 

 

どんな問題でも、

小さなうちに摘み取るのが鉄則です。

大きくなるほどに、大変になります。

 

 

 

 

5日間無料メール講座限定

【特別セッション】を受け付けております。

この機会にぜひ。

ご体験くださいね。

 

 

人はなぜ「理想」が手に入らないのか?

人がなぜ「不安」になるのか?

 

 

・引き寄せの法則の真実

・通じ合えない夫婦関係

・結婚してもしあわせになれない理由

などなど

 

言葉だけでは変えられない

【本当の心の正体】

 

5日間無料メール講座を 

>>受け取る

 

最後まで読んでくださりありがとうございます。

ご協力のほどよろしくお願いします。


人気ブログランキング

エモフリの母 matsukoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス