安倍元総理の国葬が決まりました。岸田総理のリーダーシップだと思いますし、素晴らしいご決断だと思います。私は、安倍元総理は、日本の憲政史上今までにいなかった真の意味での国際的リーダーであり、希代の戦略家であり外交官であられたと思います。これほど多くの国民(多分意見を必ずしも同じくしない方々も含め)に惜しまれ、これほど多くの外国首脳要人達から惜しまれた日本の総理はいません。国葬は順当だと思います。

 

ですから、国葬について異論があること自体残念だと思います。が、同時に、国葬の是非について議論ができる日本は自由な民主主義国だと改めて思うところでもあります。

 

私は、ご葬儀がどうあるべきかどうかについては、国民の皆様がどのように感じるかが一番重要だと思います。「葬儀」というのは、カタルシスです。亡くなられた安倍元総理は既に天のどこかにおられます。残された我々が、どのようにケリをつけるか、そのことによって、どのような納得感、平安を得られるかということです。

 

と同時に、安倍元総理は日本の宰相だった方です。その死を惜しむ世界の首脳や要人達をはじめとする多くの世界の方々達に対し、日本という国がどのような対応をしたかを示すという日本国としての姿勢の問題でもあります。弔問外交の機会となるのであれば、それは日本の国益です。なぜそれを否定的に捉える方々がいるのか残念でなりません。

 

後世の歴史家に委ねるべきかもしれませんが、私は、安倍総理の功績は極めて大きいと公正に評価されるべきだと思います。もともと安倍総理は国内における評価よりも国際的評価が高かった。それは、今までの日本の総理が殆どやってこなかった国際的アジェンダ作りにイニシアティブを発揮したことを国内メディアが本来あるべき程には発信をしてこなかったからです。それを理解するリテラシーが日本社会に不足していることも背景にありましょう。日本は島国で基本的にドメスティックなので、そういう感覚が不足しているように思います。

 

 第一に、「自由で開かれたインド太平洋」アジェンダです。これは、安倍元総理に直接お伺いしたこともありますが、もともと第一次安倍政権の時から温めてきた構想とのこと。中国という隣国であり将来の超大国であり安全保障上の懸念である国とどのように向き合っていくかは日本にとって今世紀最大の外交課題です。中国との安定的な関係の維持は日本にとっての死活的に重要です。その時に、日中という二国間での対峙で考えては、質量ともにマネジメントは難しい。でも、日本には多くの仲間がいる、日米だけでなく、特にインドという中国と比肩し得る重みのある国が仲間になってくれれば、比重の面で対抗できる、地政学的にもインド洋から太平洋までの重要なシーレーン地帯を守ることができる、そして、外交的にも、日米豪印、欧州、東南アジア諸国という状態を作りだすことができれば、それは、中国という国の行動に影響を与え、そして、日本の外交・安全保障に大きな力を与えるということです。中国が「自由で開かれたインド太平洋」アジェンダに反発したとしても抑止効果があり、仮に、中国が「いいね一緒にやりたい」と言ってくれれば(可能性は極めて低いですが)、それまた、日本にとっては、地域の平和に資するという素晴らしい構想です。

 

 かつて、ハワイに所在する米軍はアジア太平洋司令部と称されていましたが、今や「インド太平洋総司令部」です。これは、日本の提唱した「自由で開かれたインド太平洋」戦略を米国が採用した結果です。今や、安倍総理が提唱した「自由で開かれたインド太平洋」は、英仏独といった欧州主要国や東南アジア諸国にも浸透している世界的アジェンダです。「インド太平洋」アジェンダは、英仏独のみならずEUの主要戦略となっています。このこと一つとっても、安倍元総理の功績は甚大だと思います。

 

 第二に、平和安保法制や特定秘密保護法など、世界における常識的な法整備であっても、日本ではなかなか実現が難しかった基本法を整備し、日本の防衛を全うしたことです。現代の日本は、未だに米軍占領統治下において、日本を弱体化するために作られた憲法体系に縛られている面が多々ありますが、安倍元総理は、かなり「正常化」に寄与されたと言えるのではないでしょうか。日本の平和を守ってきたのは自衛隊と日米同盟であって、憲法9条ではありません。むしろ、憲法9条解釈のおかしな自縄自縛の縛りがあるにも関わらず、よくまあ平和にやってこられたなというのが元外交官としての率直な感想です。これからも、本来の「日本を取り戻す」ということはこれからの政治の大きな課題だと思います。

 

 経済については、正直、金融緩和と財政出動まではともかく、その先の本丸であった構造改革に踏み込めなかったことはとても残念だったと思います。憲法改正も、まだ期が熟していないと思われたのでしょう。安倍政権時代には目に見える進展がなかったのは残念でしたが、岸田政権に引き継がれていくと確信しています。

 

 完璧な人間はいません。どこかしら足を引っ張りたくなるところ、気になるところは、人によってはあるものと思います。でも、瑕疵なき人間などそもそもこの世に存在するのでしょうか。反対されている方々の論拠と功績とを比べたときに、そして日本国民の感情を考えたときに、国葬についての異論を唱える方々の論拠は、事の軽重をわきまえないもののような気がしてなりません。

 

 それから、「国葬についてのルールを明確化せよ」という議論にも若干の違和感を感じます。そんなにはっきり事前に明確化できるものなのでしょうか。これは本質において「ご葬儀」なのです。最終的には、法律にあるとおり、時の内閣が決める、それで良いのではないでしょうか。私はこの類の話は、「歴史の評価」以上に正当な審判はないと思うのです。国民の皆様が日本の民主的手続きにより選ばれた、現在の政権与党である岸田内閣が国葬の判断をした。それを尊重頂ければと思うところです。

 

 凶弾に倒れるという悲劇的な死だったから国葬というわけではありません。私は、正真正銘、安倍元総理という国民から愛された宰相であり、希代の戦略家であり外交官であられたその功績からして国葬は順当なものと思います。是非、この論議には終止符を打って頂いて、むしろ、安倍元総理の死を無駄にしないよう、日本が日本自身の国益のために、日本人が心を合わせる機会として頂きたいと思います。

みなさま、

 

 7月10日投開票、参議院選挙が終わりました。私は、大阪府民の皆様72万5243票頂き、当選させて頂きました。私と共にこの長く厳しい選挙を戦って下さった皆様、応援して下さった皆様、そして、私に一票を託して下さった皆様、全ての皆様に心から感謝申し上げます。

 

 激しい選挙戦が終わり、早朝起きて車にのって大きなマイクで訴えて回る活動が終わり、そして、凶弾に倒れ急逝された安倍元総理のことは本当に未だにショックですが、昨日、ご葬儀に参列してお見送りをさせて頂き、ようやくひと段落とはいかないまでも小休止して少し考える時間ができた気がしています。

 

 選挙結果について言えば、トップ当選を目指していたのに2位に終わってしまったのは残念でした。基礎票を考えるともともとかなり難しい目標でしたが、挑戦することは当然だと思っていました。結果及ばずは、ひとえに私の力不足です。ご期待頂いた皆様にも申し訳なく思います。8日に凶弾に倒れた安倍総理にもトップ当選ができなかったことには忸怩たる思いです。

 他方で、大阪では、昨年の衆議院選挙で15の選挙で全敗した自民党です。今だから申し上げますが、正直、組織がかなり壊れた中からの出発となりましたし、心ひとつに戦えるのだろうかと不安な気持ちもありました。でも、今回の選挙で、自民党の仲間の皆様達は私と一緒に本当に一体となって戦ってくださいました。それができたことは大阪における自民党再生の一歩だと思っています。メディアや自民党の在り方、自身の発信の仕方など様々な課題も改めて見えたところもあります。

 

 もう一つ、私自身は、とても今回の選挙では、政治家として学ぶところが多かったです。その意味でとても感謝しています。自分が今まで注意を向けきれていなかった多くの大きな課題に気づかされました。多分、選挙前に比べたら、少しだけ、私はより良い政治家となれるのではないかという気がしています(もっと前に気付けばよかったのですけれど)。

 

 例えば、食糧自給率とエネルギー自給率の抜本的な増強が必要だということ。プーチン氏がなぜこんな馬鹿げた戦争をロシア自身の未来を真っ暗にしながらもまだ続けられるのか、それは、ロシアが食料とエネルギーが自給できる国だからだ、一方で、平和国家日本が電力供給不足や物価高で苦しんでいるのにおかしな話だと思い至りました。やっぱり、食糧とエネルギーが自給できる国は強い。この危機の時代に、今こそ、日本自身の持久性、自立性を抜本的に強化しなければならないとの危機意識を強く持ちました。だから、これからもっと農業や水産業、エネルギーについて勉強しなければと思っています。日本はロシアやアメリカのように食料やエネルギーの完全自給は無理です。でも、一定程度高めることは十分できます。若い人達が農業や水産業で儲けられる仕組みにして、日本の中で食料が大体循環するレベルに持っていく、高品質農産品で外貨を稼ぐ。日本の富や日本の資産は日本に残しながら、外国からできるだけ資産を移転させる。

 

 所得のあがる経済、お給料の上がる経済を作る、これこそが本当に多くの国民の皆様にとって重要なことだと痛感しました。日本経済をいかにして復活していくのか、日本の衰退を今こそ止めて、成長に向けて真の挑戦をしていかねばなりません。これは大きすぎる課題ですが、やらねばならないことははっきりしているとも思います。不人気であっても、日本の将来のためにやらねばならないことはやっていかねばならないと思います。雇用の流動化と成長分野への移動、これまでの一律のバラマキではだめだと思います。

 

 そして、こども、若者たちに対する予算の倍増は絶対に必要だと痛感しました。特に、若者と女性にこの国の力と権限を委譲していく必要があると改めて思います。自民党自身が、これを主軸に取り組んでいかなければ国民に自民党が見放されることでしょう。私自身は、質の高い幼児教育を訴えてきましたが、それに加え、やはり、量的な意味で、子育て支援予算、教育費を抜本的に増加し、教育費は無償にしていくべきだし、子育て支援は、むしろ子供が増えるほど得になるような仕組みにしていかなければならないと痛感しました。日本は、人材に対して冷たすぎた、と思います。平和で豊かな日本だから、各人頑張るだけで上手くいく(実際途中まではそれで回っていた)という面もあるのでしょうが、それではもう無理です。

 

 また、日本の財政状況が厳しい中ではありますが、やはり、65歳以上の御高齢者が人口の4分の1を占める日本で、高齢者が安心できない国は幸せな国とはいえないとも思います。豊かな高齢者もいればそうでない方もいる。マイナンバーカードで個別事情をよりきめ細かく把握して、世代間負担分担ではなく、世代内負担を促進するべきだと思う。そのためにもデジタル化が不可欠です。

 

 まだ、課題意識はあれど、自分の中で確たる解決の方法について回答がないものが大半です。それに、今書いたものを読み返すだけでも、どれだけ予算が必要なんだろうとくらくらします。でも、こうした課題に正面から取り組んでいきたいとおもいます。

 

 日本という国を「自分の足で立てる日本」にしてくこと、このことこそが、この「危機の時代」を日本が乗り切っていくために必要なことですし、これからの私の政治家としての使命だと感じます。食料とエネルギーもですが、外交と防衛も同じです。外交において、対米追従ではなく、でも、日米同盟を基軸にしつつ、より独自な外交ができるようにしなければならないと感じます。仲間づくりの外交をより一層強化していきたいと思います。また、いずれにせよ、より良き外交をする上でも、防衛力の強化は必須です。日本の周りは難しい国だらけなのですから。特に、非対称な能力が必要です。純粋な軍事力で量的に同等までもっていくことは無理です。ただ、一定規模以上にすれば、十分な抑止力となります。同盟の力と合わせれば。それによって、どの国にも、日本に手出しをすることはやめておこう、むしろ安定的な関係を築いた方がよさそうだ、と思わせる。それをあと10年続けることだと思っています。

 

  そして、その画竜点睛、その根本にあるのが憲法改正です。前回にも書きましたが、特に9条改正は他の条項とは質的に異なります。憲法9条を改正し、自衛隊を明記する、これは何としても実現すべく取り組んでまいります。ここについては、共産党以外は改憲自体(かならずしも憲法9条に重きを置いているわけではない政党もありますが)には前向きという好機でもあり、1,2年内に改正を実現するというスピード感で取り組みたいと思います。憲法9条の改正の本旨は、既に国際法上は「軍隊」である自衛隊が、本来の地位を国内で明確に認められる、そのことにより、「自分の国は自分で守る」ことができるようにすることにあるわけですが、私が政治家として最も改正したいのは、前文です。当選初年度から、一貫して、憲法審査会でも訴えてきましたが、「諸国民の公正と正義に信頼して我が国の生存と安全を守ることを決意した」というこの部分は削除すべきです。どこまで他力本願、人任せなのか。自分の国は自分で守るものです。そして、「自分の国を自分で守る」意思と能力を高めるために最大限の努力をしない国のために、一緒に戦ってくれる国などありません。たとえ同盟国であってもです。

 

 街角で、道端で、商店街で、様々な場所で、皆様と触れ合って話をする中で、あらためて、こうした様々な課題について日々深く考えさせられた選挙戦でした。私の目を啓かせて下さった全ての皆様に感謝申し上げます

 

 最後に、昨日、安倍元総理の告別式に出席し、ご出棺まで見送らせて頂きました。昭恵夫人のお言葉が忘れられません。未だに信じられない思いだとの言葉にも涙が出ましたが、でも、吉田松陰先生の留魂録の一説を引かれ、「10歳には10歳の、20歳には20歳の、67歳には67歳の春夏秋冬がある。だから、主人は主人の春夏秋冬を生きて、そして冬が来て、でも、また、多くの場所で芽が吹いていくと思う。」とおっしゃられたことは忘れられません。

 

 自民党だから、とか、国会議員だから、とかではなく、本当に日本にとって必要だと思うことに自分は臆せず取り組んでいこうと思います。

 

 みなさま、本当にありがとうございました。そして、これからもどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

 

7月9日の朝に投稿したブログが何故か削除されていたので再度アップしています。(本日7月13日)

ー--

安倍元総理が卑劣な銃撃により急逝されました。昨日は突然のニュースに頭が真っ白になってしまいました。いろいろなことが思い出されては消え、悲しみと怒りと悔しさと未だに信じられない気持ちとで上手く言葉になりません。朝早く起きてこのブログを書いています。

 

 私は安倍総理には外務省時代からご縁を頂き、安倍総理に憧れて政治家になることを決意しました。私は外交官の仕事が好きでした。もし安倍総理が総理でなければ、おそらく政治家になろうとは思わなかったと思います。それぐらい凄いリーダーでした。

若い頃から可愛がって頂いた故岡崎久彦大使から安倍総理のことは下野時代からよく伺っていましたが、実際にお会いしたのは2014年が初めてでした。そして、岡崎大使がなぜあれほど安倍総理にご熱心だったのか理解できました。オーラも何もかも全然他の人とは違っていらっしゃいました。

 

 安倍総理は、役人時代の私にとっては仰ぎ見る存在でしたし、政治家になってもう少し親しくなってからも、やはり「師匠」というか「この方に認められるような仕事ができるようになりたいなあ」と思う憧れの存在でした。温かくご指導頂いてきた様々なことを思い返すと胸が詰まります。

 

 この選挙に向けても、政見放送に出演し選挙応援にも2回も来て下さった。そして、私がやりたい、やるべきと思った政策について多く助けて頂きました。韓国との歴史戦、産後パパ育休、防衛装備品の海外移転、女性活躍など思い出すといろいろあったなと。見ていないようで見ている、フェアな方でもありました。

 

 6月28日に富田林まで選挙応援に来て下さったときに「松川さん、一番だよ、絶対一番だからね!頑張って。」と言われたのが安倍総理との最期の会話となってしまいました。熱い応援演説を頂き、聴衆とグータッチをして、そして、少した他愛もない会話をしました。私は、恐れ多くも自分が出版したばかりの本を渡して「ちゃんと穏当なタイトルで出せましたから。」とお話して。(花田編集長は「もしも私が総理だったら」というKYなタイトルを熱心にというか執拗に提案してこられたので安倍先生にもご相談したことがあったのです。結局「挑戦する力」という穏当なタイトルに)。そして、一緒に写真を撮って。まさか、あれが最期になるとは思いもしませんでした。もう本当に会えないのかと思うと涙が止まりません。

 

 安倍総理は、優れたリーダーであっただけでなく、希代の戦略家であり外交官であられました。そして、凄い「人たらし」だったと思います。必ずしも意見を同じくしない人達を含め、これほど国民に愛された総理はいなかったのではないでしょうか。まだまだもっともっと学びたいことご指導頂きたいことが沢山ありました。本当に残念で残念でなりません。

 

 日本は、この新たな危機の時代に、真に必要な偉大な政治家を失いました。

 

 安倍元総理は、常に日本を思い、この国と、国民の生命を守り抜くことに尽くしてこられました。「戦後レジームからの脱却」など、太平洋戦争で敗北し、いろいろな本来の日本を良さや本来の力を見失ってしまった日本の「国のかたち」を取り戻すことにも取り組まれてきた政治家でした。憲法改正はその表れだと思っておられたと思います。

 

 安倍先生のご意志を受け継ぎ、私は、日本を守り抜くことを改めて決意します。「自分の国は自分で守る。」そのために防衛力を強化し、外交と防衛の車の両輪で、日本の平和を守り抜きます。日本人自身で日本の国のかたちを改めて確認するべく、憲法改正(特に9条)を実現します。

 

 そして強靭な日本、「自分の足で立っていくことができる日本」を作ります。今年の2月24日世界は変わったと思います。私たちはもう新しい時代の中にいます。それは、「危機の時代」です。世界のどの国も自国ファーストの傾向を強め、軍事力行使のハードルが下がり、「力による政治」が横行する時代です。なんでも輸入できる時代も終わりかもしれません。我が日本が、この危機の時代を乗り越え、新しい繁栄に向かうことができるかどうか。

 

 だからこそ、これからの政治の最大の使命は、日本という国が「自分の足で立っていくことができる国」になるよう血道をあげて取り組むことだと私は思います。だから、食糧自給率とエネルギー自給率の抜本的強化も必要です。当選したらただちに取り組みたいと思います。同時に、強い経済、所得の上がる経済を作る挑戦を国を挙げてやらねばならない。

 

 そして、この国に生きる全ての人たちが、この国に生まれて良かったと思える日本を作りたい。自民党は国民政党です。誰も切り捨てません。頑張る人が報われなければならない、でも頑張ろうと思っても頑張ることができない人は支えていく。

この国を作ってきてくださったご高齢者の方々が安心して暮らせることは重要です。人口の四分の一が幸せでなければ、幸せな国とは言えない。だから、全世代型社会保障と皆保険制度は死守します。もっともアップグレードは不可欠です。デジタル化、マイナンバーカードが鍵になります。同時に、若者と女性にもっと権限と力を移譲していくべきです。日本の多くの課題は「老化」にあるのですから。

 

 そして、81万人に減ってしまった日本の子供達にお金をかけすぎてかけすぎることはないと思います。子育てと教育にお金のかからない日本(むしろ子供を産む方が得になるぐらいでいい)、子育てが楽しい日本にしていかねばならない。若者と子供にかける予算は倍増すべく取り組みます。自民党の中で声を上げていきます。そして、質の高い幼児教育はどんな家庭に生まれた子供達にも人生を切り開くチャンスとして取り組みたい。子供は親を得らべないから。そして多くの親は忙しすぎるから。

 

 言論を封殺するために銃を用い、命を奪おうとする。民主主義の根幹を揺るがす重大かつ卑劣な行為であり、このような卑劣なテロ行為は絶対に許ません。暴力に屈することは安倍先生だったら絶対によしとしなかったと思います。

 

 だから、私は、御遺志に報いるべく、この選挙全力で戦い抜きます。大変厳しい情勢であることは知っています。大阪では維新が強すぎです。でも、安倍総理は常々、「世の中には戦う政治家と戦わない政治家がいる、松川るいは戦う政治家だ」と言ってくださいました。

 

 この6年自分は自分のできる最善を尽くしました。今年10月から施行の「産後パパ育休」も実現できたし、こども防衛白書も出版できた。防衛装備品の海外移転についても随分進展しましたし、国家安保戦略も深化しました。韓国との歴史戦についても、日本のTV番組だけでなく、ブルームバーグやBBCなどの国際メディアでもきちんと日本の立場も発信できました。

だから、戦い抜いて、安倍総理にトップ当選を捧げたいと思います。

 

 安倍晋三先生のご冥福を心からお祈り致します。