26年前、THE BOOMが作った

 

時がたてば

 

という曲。

 

 

 

 

 

”ああ 時が来れば わかることもあるはずだね”

 

”ああ 時がたてば 笑いごとになるはずだね

 

だから今夜きりにしてしまおう 涙なんて”

 

 

という歌詞が妙に沁み渡る今日この頃です。

 

 

 

仕事上、上手くいかないことや嫌な事が山ほどあります。(もちろん良い事もたくさんありますけどね)

 

全て投げ出したくなることもあるけれど、

 

ぐっと堪えて、時がたつのを待つことも大事かと考えさせてくれる歌詞です。

 

 

 

初めて聴いた学生時代にはなんのことかわからなかったけど、

 

歌詞のまんま、26年たったからこそわかったんだなぁ。

 

 

 

堪えたり、我慢をするのってすごくストレスだけど、

 

時間が解決してくれるといいますか、

 

時間とともに状況が好転することもあります。

 

 

目の前の困難や苦痛からは目をそむけたくなりますが、

 

嵐が過ぎ去るのを待つがごとく、じっと耐える時期はあると思います。

 

 

 

あとは・・・

 

酒飲んで、寝てしまうしかないですね(笑)

 

 

オンラインによる取材を受けました。

 

 

地元、那珂市が主催する『就活する学生による企業取材インターンシップ』事業です(これで合ってるのか?)

 

 

 

後日、取材内容をもとに↑こんな感じの冊子を作るみたいです。

 

 

 

 

アナログ人間の僕にとって実はちょっと億劫でした。

 

でも、始まってしまえばなんとやら。

 

 

 

質問した学生たちはもちろんですが、こちらも大変貴重な経験ができました。

 

 

この仕事に就いたときの気持ち。

 

これまで辛かったこと。

 

嬉しかったこと。

 

共に働くスタッフの魅力など。

 

 

取材を通して、自分のキャリアや会社を振り返ることができました。

 

 

 

就職や仕事を決めるのは不安ですよね。

 

ましてや初めての社会です。

 

昔の自分がそうだったように、学生たちの気持ちが伝わってきました。

 

 

今日の取材がヒントになってくれたら嬉しいし、

これまでの僕の失敗や苦労も報われるというものです。

 

 

 

今日取材してくれた学生たちといつか会える日が来たらいいな。

 

と思う僕はやっぱりアナログ人間のようです。

 

 

 

 

 

 

遅ればせながら去る5月2日、

 

私こと、

 

松井祐一郎が、3代目の代表取締役に就任いたしました。

 

 

 

 

 

就任から2ヶ月経過してのご報告をお許しください。

 

 

心身ともに落ち着かず、今になってしまいました(いいわけ絶望

 

 

ホームページ(会社概要など)の更新が滞っておりますが、

 

ちゃんと進めておりますのでもうしばらくお待ちください。

 

 

また、同日、

 

前社長の松井猛は、取締役会長に就任いたしました。

 

 

 

 

63年前、私の祖父が創業した松井建設(当時は松井建材)。

 

祖父の遺志と、これまで松井建設を支えてくださったお客様や地域の方々のお役に立てるよう、

 

受け継いだこのバトンをしっかり握り、悔いのないよう全力で走ろうと思います。

 

 

松井祐一郎ならびに、

 

松井建設を今後ともよろしくお願いいたします。