草刈り道

テーマ:

先週末、実家の田んぼの草刈りに帰ってきた。

 

…が、実際に帰ってみると、田んぼがきれいに耕されているではないか!

家の前にある3枚、ちょっと離れているところにある2枚については、

水利組合の範囲(農耕地)に入ってなくて、

おまけにトラクターを貸している叔父では機械を田んぼに下ろすことが

できない難所なので、私たちで対処しなくちゃいけないことになっていた。

 

でも、さすがに草が伸び放題(膝丈くらい?)になって、

周りはじっとしてられなくなったらしく…

 

叔父が近所の人に機械をおろすのを手伝ってもらって、

耕してくれていました。なんと、なんと、ありがたいことよ…。

 

田んぼ5枚分の草刈りがなくなったおかげで、

私と夫は刈り払い機2台であぜ道と畑、ビニールハウスの中、

山の手前の花壇の草を刈ることができた。

 

それにしても、草刈り初段(地元に住むプロ)の技はすごい。

地面すれすれのところまでキレイに刈ってある。

おまけに刈った草は燃やしてあるではないですか。

 

春に(写真にある)2枚分の田んぼの草刈りをしたとき、

草刈り体験ゼロだった私たちは、「長くなければいいんでしょ」と、

確か10センチくらいは残ってた気がするし(見た目も全然緑色だった)、

草もそのまま放置していた。

 

今回、1日目は墓掃除にも行ったから約2時間ほど、

2日目は午前3時間、午後2時間、みっちり草刈りしたから、

草刈り4級くらいにはなったかな。

 

一応地面すれすれで頑張ったつもり。

刈った草はそのままにしておいた方が草が生えなくていいんじゃない?と

思っていたので、そのままにしてあります。

その後、「草は2、3日経って乾燥したら焼いておくから」と叔父が言ってくれた。

 

私らが作業していた間にも、あちらこちらで

刈り払い機の音が響いていたが、本当に力仕事ですね。

両腕筋肉痛。翌日にも痛みが残ってました…トホホ

 

 

これは、カマで草を刈ってた時に見つけたヘビの抜け殻。

家の外にある洗面所では、空の植木鉢から出られなくなって

剥製化したトカゲを見つけた。

魔女のスープに入れたらよさそうなシロモノたち。田舎ですなー。

AD