類くん

テーマ:
じゃーーーん!
だんだん×日常×アルバム。-ケーキその2


今年もやってきた。この季節。
そう、息子の誕生日です。今年で14歳。

今年はこれです。
だんだん×日常×アルバム。-ケーキ

漫画「ワンピース」に出てくるエース。
アポロチョコ、削りチョコ、ミカン、キウイ…を駆使して作った、夫デザインのバースデーケーキ。

エースはめちゃかっこいい人らしい。

私は読んだことないので、イマイチ分からないけど。
私以外の3人はワンピースネタで盛り上がっていた。

でもさ、エース…なんだけど、何かが違う。
…どっちかというと、ネガティブモデルの栗原類くんに似てない??
「アル、アル!」ということで全員が納得。

類くん、食べました。おいしかった。

14歳の息子は恋に浮かれているようです。
先日、車の中でいきなり告白体験を語り出し、
「家族で応援してなー!」と明るく打ち明けられました。

母の心中はビミョウでしたが、あまりにあっけらかんとしてて、
「あぁ、そう…」と頷くしかできなかった。

14歳、恋も勉強もがんばってくれよ。
AD

青空

テーマ:
三連休の最終日。東山公園であった>青空カフェへ。

だんだん×日常×アルバム。-青空カフェ


青空の下で珈琲を飲んだり、お喋りしたり、とーっても気持ちよかった。

本屋さんで荒井良二さんの「ぼくがつ ぼくにち ぼくようび」を買う。
時々声を出して読んでみるといいですよ、と教えてもらった。

いやなことがあったので、ぼくは、はやくいやなことを忘れようと急ぎ足で歩いたり
ゆっくりゆっくり歩いたり、ふだんそんなことしないのにアイスクリームを食べながら
あるいたりしたのだけれど、やっぱりちゃあんとぼくの中にいやなことがあって、
ぼくはあきらることにしてふだんどおりのぼくをやるしかないな、と思ったら少し楽になったよ。


おっ、いやなことがあったらアイスクリームを食べる。(私の場合は夜中に)。
あきらめて普段どおりの私をやるしかないね、と思ったら楽になる。む、分かる。同感だ。

だんだん×日常×アルバム。-空


どこもかしこも綺麗に紅葉してた。美しい。

だんだん×日常×アルバム。-銀杏


近所の銀杏もいい感じの黄色。

夕方は家族間でちょっとした揉め事があり、娘がプチ家出…。
あんなこんなあったけど、まぁ、夕食はみんなそろって食べれたし、
久しぶりの青空がとにかく気持ちよくて、ぴかぴかした光に満ちた一日だったなぁと。

今日という日にありがとう…。アイスを食べて寝ます。
AD

決戦は金曜日

テーマ:
「もうやるしかないね。やったるわ」
自分に言い聞かせること何十回…。

娘の大学受験。明日本命、明後日が滑り止め。

新体操部の先生からは、
「宝塚のスターみたいに、オーラ出して行きなさい!」とのアドバイス。
クラスや部活の友達からは、手作りスイーツやお守り、
激励の言葉をたっぷりもらって、勇気を蓄えていた。

母は何もできませんが、明日のカツサンド作ったよ。
カツは近所のお肉屋さんから調達。ビッグでおいしいのです。

だんだん×日常×アルバム。-カツサンド


健闘を祈る!
AD

成果あり?

テーマ:
「本物の麻婆豆腐はめっちゃからかった…」
と、職場体験から帰ってきた息子。

中華料理店、1日目、無事に終了。

店の掃除に、お冷だし。お客さんが帰った後のテーブルの片付け。
ランチタイムは結構忙しく動いていたみたい。

ごちそうになった日替り定食の麻婆豆腐は本格的なもので、
いつも食べるのより超辛かった。でも、うまかった、とな。

調べた中国語はどうだったかというと…
自己紹介まで話す時間はなかったけど、

日替り定食を食べた後に、
「ハオツー!(おいしい)」と伝えたら、

料理を運んできてくれた人がとても喜んでくれて、
握手を求められたそうだ。予習した甲斐あったね。

店の中は国際色満載。
一緒に職場体験に行っている同級生は、チリの子(小学校から一緒)だし、
店では3人以外は中国の人。でも、その3人のうちの一人、
若いお姉さんは顔がインドの人みたい…って。(どんなんだ?)

指導してくれるおばちゃんには、1歳の孫がいるらしいとか、
初日で人間観察もバッチリしていた。恐るべし。

弁当の回収に行ったとき、あまりの残り物の多さにびっくりして、
「作ってもらったものは全部食べんといけん!」と息巻いていたが、

それが分かっただけでも、成果があったというものです。
そうそう、少々嫌いなものがあっても、ゴハン残さないでね。

あぁ、話を聞いてると、お腹がすいてきた。
様子見がてら中華食べにいくかな。

中国語講座

テーマ:
近所の銀杏が見事な黄色。
晩秋(というか、もう冬?)、突然の寒さ襲来で、家族の過半数以上がやられました。
私ものどが枯れて、朝から声がオカマ状態…トホホ。

今日は祖父の命日でした。
最近思い出す長一さん(祖父)は以前よりも笑顔。

(私の)戸の閉め方が雑だ!と睨んでいた顔から、
ひ孫を抱いたときの不思議そうな顔やら、釣りに行く前のうれしそうな顔やら、
おじいちゃんず(祖父の兄弟たち)と楽しそうにお酒を飲んでる姿やら、

前より断然親近感わく。今だったら緊張せずに笑って喋れるかもね。
あちらで会ったときはよろしくお願いします。

さて、葬式のときにはよちよち歩きだった息子も
13年も経てばリッパな中学生となり、来週は職場体験です。

今日はお世話になる中華料理店にあいさつに行ってきたとかで、
お昼は3日間まかないつき(やったー!)、
その代わり、ぜひ家族の人にも食べに来てもらってください(さすが!)、とな。

あと、唯一出された宿題というのが、「中国語を覚えてきてください」。

店で働く人のほとんどが中国人なので、中国語が飛び交うらしい。
ニーハオ(こんにちは)、シエシエ(ありがとう)、1から10までの数字は必須。

おいおい、英語もままならないのに中国語を…? と心配していたが、彼は俄然やる気だった。

自己紹介(名前は~です)からはじまり、
「私は体操とサッカーが好きです」「体操をしています」
好きなメニューを聞かれたときのために「エビチリ」など、読み書きをネットで調べて発音。
もちろん宿題はそっちのけ。

寝る前も明るく「ワン アン(おやすみなさい)!」って…
「今度から会話は中国語で!」とまで言い出しそうな勢いだわ。

果たして自己紹介を交わす時間があるのかどうか、
そこはあやしいけど、張り切って働いてほしいです。