だんだん×日常×アルバム。

だんだん×日常×アルバム。

「だんだん」とは出雲地方の方言で「ありがとう」という意味。
転勤族、おいしいもの好き、山登りに興味あり。


テーマ:

私、

おかあさんにギュっとしてもらったとき嬉しかったんです。

子どもが親にしてほしいと思うことは、

それぐらいじゃないですか。


NHKドラマ「透明なゆりかご」で印象に残った台詞。

 

子どもが小さい頃はしてあげられることがいろいろある気がしていたけど、

我が子はもう大きくなってしまったので、

(息子が来年成人式だなんて信じられない…)

ギュっとすることは今ではほとんどないし、

娘は最近、私よりしっかりしてきたような気がするし、

(気のせいだけじゃないかも…)

 

遠方にいる息子にも、さて何をしてあげられるのか

たまに仕送り、それくらい、、、。

 

こういうとき、亡くなった母に聞いてみたくなる。

弟たちが進学で家を出たとき、どんな風に感じてた?

どんなことしてあげてた? 

 

自分が何歳になっても、未知なる部分は不安で、

誰かに聞いてみたくなる。

 

そのとき、

問いかけて、うなづいてくれる存在。

そこにいてくれること。

 

親にできることってそれくらいかな。

 


テーマ:

9月に実家に帰省したとき、

キウイも檸檬も大きな実がなっていた。

 

大きさ的には問題ないけど、

キウイはいつも11月に収穫していたし、檸檬も実が黄色くなってから取っていたから、

まだまだ早いのだろうなぁ、、と。

 

でも、今度いつ実家に戻るのか、

草が伸びない時期に入るのではっきりしない。

 

とりあえず数個収穫して、様子を見ることに。

キウイを追熟させるのにリンゴを使うけど、

ネットで調べてみたら檸檬にもいけそうなことが書いてあり、

一緒に袋に入れて置いておくことにした。

 

すると、一週間後、

檸檬が見事に黄色になりました。

キウイもいい感じで柔らくなっていた!

 

すごいね、リンゴ。

リンゴが果物の追熟を早めるのは、エチレンという植物ホルモンを発散するからなんだって。

 

リンゴがあれば、11月まで待たなくとも、大きくなったキウイは収穫できるし、

檸檬も早めに収穫しても問題なさそう。

来年からはごっそり持って帰ろう。


テーマ:

台風が過ぎてまたぐっと涼しくなった。

夜も寝やすくなり、眠りが深いのか、浅いのか…夢に祖母が出てきた。

 

私はあまり夢を見ない人なので、本当に珍しいこと。

 

祖母と何か喋ったような、喋らなかったような、

家の前で椅子に座って日向ぼっこをしていたような、そうでないような、

ぼんやりとした感じでしか残ってないけど、確かに祖母がいた。

 

今年はなぜか祖母のことをよく思い出す。

8月の終わり、満月を見た途端に

祖母の顏がふっと頭に浮かんだり…

 

今でも実家の物置きの前に置いてある、おじいちゃんが作った腰かけ。

祖母はこれに座って作業をしたり、日向ぼっこをしたりしていた。

 

先日、彼岸で帰ったときに

父の三回忌と祖母の十三回忌をした。

 

祖母が亡くなって1年もたたないうちに

母の病気が見つかり、手術があったり、治療があったりで、

思えばその頃、、祖母のことを思い出す余裕もなかった。

 

母の闘病時代のことを思い出すと、今でも心臓バクバクするから

あまり思い出さないようにしてるけど、

その前の、祖母が生きていたときは、実家には穏やかな時間が流れていたなー。

 

寂しいという感覚ではなく、

懐かしくて、安心できたようなほっとした感覚が残った、

そんな目覚めだった。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス