写真教室主宰者のつぶやき

いつもの場所に戻って

毎週日曜日は、写真教室主宰者のつぶやきと写真を掲載しています。
 
4月24日(火)から始まる教室のグループ写真展が
いよいよ迫って来ました。準備は相変わらず続いていますが
やっと先が見えて来た状態で、少し気が楽になって来たところです。
 
そこで、久しぶりに近所の公園へ撮影に行って来ました。
 
 
懐かしいなあ・・・
 
コンパクトデジカメを買ったばかりのころ、よく近所の公園に
撮りにきたものです。木肌の質感がなぜ美しく撮れないんだろう?と
なんどシャッターを押したことでしょうか。
 
一眼レフのフルサイズカメラを買った時に、やっとイメージにほぼ
近い写真が撮れた時には感激したものです。
 
 
 
当時の写真と今とは、視点が大きく違っていて
同じ場所でも写真が全く違うのが自分でもわかります。
 
 
下の写真は2012年1月に撮影。ソニーの一眼レフカメラで。
単焦点レンズ35ミリだったと記憶しています。近所の公園で撮影。
あんまり変わらないかな?笑
今はこんな風に撮ろうと思わないですね。
 
逆に、今はこんな風に撮れないなあとも
思う時もあります。知らない間に変化しているのでしょう。
 
 
そんな自分を認めてあげたいと思います。
 
進化していないと思ったら、なぜそうなのか振り返ってみると
良さそうですね。何かを手放したくないとか、動きたくない理由が
ありそうです。
 
写真って自分と向き合うことなのでしょうね。
うん、奥が深い・・・
 
 
それでは今週も素敵な1週間をお過ごしください!
 
 

●Yoko Matsuda●

Facebookページ

Yoko Matsuda HP