今日は企業経営理論R1第19問について解説します。

 

R1 企業経営理論 第19問
現代の企業は、規模の大小にかかわりなく、さまざまなステイクホルダーの社会的ネットワークの中に埋め込まれている。企業は利害の異なるこうしたステイクホルダーから正当性を獲得するために、ステイクホルダーと協調戦略を採る場合がある。
以下のa~dの行動について、こうした協調戦略に関する記述の正誤の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。
a 企業とステイクホルダーとの間の資源交換をめぐって協定を締結すること。
b ステイクホルダーの代表を、企業の一員として政策決定機関に参加させること。
c 組織間の共通目標を達成するために、複数の組織が資源やリスクを共有しながら、共同事業を行うこと。
d 特定の目標を達成するために、複数の組織間で、公式の調整機関を設置すること。
〔解答群〕
ア a:正  b:正  c:正  d:正
イ a:正  b:正  c:正  d:誤
ウ a:誤  b:正  c:誤  d:誤
エ a:誤  b:誤  c:正  d:正
オ a:誤  b:誤  c:誤  d:正

 

企業の協調戦略に関する問題です。
企業の協調戦略には、

  • 外部組織との条件を話し合うといったような交渉
  • 取引先の銀行OBを会社の取締役にして口利きをさせるといったような、利害関係者を社内に取り込む包摂(ほうせつ)
  • 共通の目的のために2つ以上の組織が手を結ぶ結託

があります。

それでは、これを踏まえて各記述を見ていきましょう。


記述aは、協調戦略の一つである交渉にあたるため〇です。

記述bは、包摂の説明であり、こちらも協調戦略の一つであるため〇です。

記述cは、複数の機関で手を結ぶ結託ですので〇です。

記述dの、公式の調整機関の設置も、複数の期間で手を結ぶ結託ですので〇です。

以上から、正解は全て正の選択肢アとなります。

全部〇ですと、人の心理的に若干不安になりますが、自分が正しいと思った選択を信じましょう!

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2次試験対策もまとめシートで

「まとめシート」流!2次試験対策シリーズ

Amazon Kindleで好評発売中!