今日は運営管理のR1第41問について解説します。

 

R1 運営管理 第41問
GS1 標準の商品識別コードの総称である GTIN に関する記述として、最も適切 なものはどれか。
ア GTINには 7つの種類が存在している。
イ GTIN-8は、表示スペースが限られている小さな商品にJANシンボルを表示
するための商品識別コードである。
ウ GTIN-12は、中国・韓国で利用されている12桁の商品識別コードである。
エ GTIN-14は、インジケータ、GS1事業者コード、商品アイテムコード、単価コードの 4つの要素で構成されている。

 

GTINについては、まとめシートにも以下のようにまとめています。

 

これを踏まえて各選択肢を見ていきましょう。


選択肢アは、GTINには7つではなく4つの種類があるため×です。

選択肢イは、その通りで、GTIN-8は短縮版の商品識別コードです。

選択肢ウは、中国・韓国ではなく米国で使用されている商品識別コードですので×です。

選択肢エについて、単価コードは含まれませんので×です。

 

以上から、正解は選択肢イとなります。

 

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2次試験対策もまとめシートで

「まとめシート」流!2次試験対策シリーズ

Amazon Kindleで好評発売中!