今日は企業経営理論R1第30問のプロモーション戦略に関する問題について解説します。

 

R1 企業経営理論 第30問
次の文章を読んで、下記の設問に答えよ。
マスメディアとさまざまなプロモーショナル・メディアを組み合わせたコミュニケーションを前提としてきた伝統的なマーケティングから、近年急速に①デジタル・マーケティングへのシフトが進んでいる。このシフトは、②消費者同士の情報交換がソーシャルメディアなどを介して盛んに行われるようになっていることに対応した動きでもある。
(設問1)
文中の下線部①に関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア 企業やマーケターが顧客と接したり会話したりする「タッチポイント」は、店舗などの物理的空間だけに限定せず、オンライン上にもさまざまな形で設定される。
イ 需給バランスや時期などに応じて価格を変動させるダイナミック・プライシングのような方法は、デジタル・マーケティングの時代になって初めて登場した価格設定方法である。
ウ デジタル・マーケティングにおいては、製品開発のための資金をオンライン上の多数の消費者から調達するクラウド・ソーシングの手法がしばしば用いられる。
エ デジタル財の特徴として、複製が容易である(複製可能性)、他者が使用すると直ちに価値が低下する(価値の毀損性)、オンラインで瞬時に転送できる(非空間性)の 3つをあげることができる。

(設問2)
文中の下線部②に関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア クチコミには、経験しないと判断できない「経験属性」に関する情報が豊富に含まれている。
イ クチコミの利便性を向上するために、クチコミを集約したランキングや星評価などが導入されたことにより、かえってクチコミの利便性が低下している。
ウ 消費者同士がオンライン上で交換したクチコミ情報が蓄積される場所は、蓄積される情報や場の運営に関して消費者が主導権を持っているという意味で「オウンドメディア」と呼ばれる。
エ マーケターが、企業と無関係な消費者であるかのように振る舞って情報を受発信することは、当該企業にとっての長期的利益につながる。

 

それでは早速各設問を見ていきましょう。

【設問1】

選択肢アは特に問題なさそうです。
もし、「タッチポイント」の意味を知らなくて正解にして良いか不安な場合は、一旦判断を保留にして他の選択肢を確認します。

選択肢イは、需給バランスや時期などに応じて価格を変動させるダイナミック・プライシングはホテルや航空券でよく使われている方法です。
この方法はデジタル・マーケティングの時代になる前から使われていましたので、この選択肢は×といえます。

選択肢ウの「製品開発のための資金をオンライン上の多数の消費者から調達する」方法は、クラウド・ソーシングではなく、クラウド・ファンディングですので×です。

選択肢エの価値の毀損性は「他者が使用すると直ちに価値が低下する」とありますが、他者が使用するだけでは、直ちに価値が低下することはありませんので×です。

以上から設問1の正解は選択肢アとなります。

 

【設問2】

選択肢アは、特に間違いの箇所は見当たりません。

選択肢イは、「かえってクチコミの利便性が低下している」とありますが、そんなことはなく、口コミサイトによって口コミの利便性は向上しています。よってこの選択肢は×です。

選択肢ウは「オウンドメディア」ではなく「アーンドメディア」ですので、この選択肢は×です。

選択肢エは、いわゆるステマ(ステルスマーケティング)のことを言っていると考えらえます。ステマはいずればれますし、ばれてしまうと長期的な利益にはつながらないのでこの選択肢は×です。


以上から設問2の正解は選択肢アとなります。

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2次試験対策もまとめシートで

「まとめシート」流!2次試験対策シリーズ

Amazon Kindleで好評発売中!