☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「まとめシート」流!解法実況(事例Ⅰ~Ⅲ)平成25年度編を

本日9月24日(火)より発売開始します!

※発売は本日夜となる予定です。

2次試験対策の基本が詰まった『「まとめシート」流!ゼロから始める2次対策』、H28年,H27年の過去問解説を収録した『「まとめシート」流!解法実況(事例Ⅰ~Ⅲ)平成28年度編』『「まとめシート」流!解法実況(事例Ⅰ~Ⅲ)平成27年度編』『「まとめシート」流!解法実況(事例Ⅰ~Ⅲ)平成26年度編』も好評発売中です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

今日は経済学のR1第1問について解説します。

 

R1 経済学 第1問
下図は、政府の債務残高(対GDP比)の国際比較である。 図中のa~cに該当する国の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕
ア a:アメリカ  b:イタリア  c:日本
イ a:イタリア  b:日本    c:アメリカ
ウ a:日本    b:アメリカ  c:イタリア
エ a:日本    b:イタリア  c:アメリカ

 

 

今回は時事系問題です。

時事系問題は、最初から知っている内容が問われていればすぐ解けますが、知らない場合も既存の知識を元に推測を膨らませながら考えていくと解答の糸口が見えてくる可能性があります。

 

今回は対GDP比の債務残高のグラフを見て、どの国か当てる問題です。

このような問題は、特徴的でわかりやすいものから考えていきます。

グラフを見るとaの国は対GDP比の債務残高が200%を超えて今も増加し続けています。
この債務残高の多さから、aの国は日本だと決定できます。

次にbとcの国がアメリカかイタリアのどちらなのかを考えます。

アメリカとイタリアの対GDP比の債務残高を知らない場合、他の情報から解答の糸口がないかを探します。

そこで、グラフの変化を見てみると、cの国は2008年前後で急に債務残高が増えています。
2008年前後というと、リーマンショックが起こった年です。その当事者であるアメリカは大きな経済的影響を受けたため、2008年前後で急に債務残高が増えたcの国はアメリカであると考えられます。

すると、残りのbの国はイタリアとなります。

以上から、a:日本、b:イタリア、c:アメリカで、正解は選択肢エとなります。

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2次試験対策もまとめシートで

「まとめシート」流!2次試験対策シリーズ

Amazon Kindleで好評発売中!