今日は経済学のR1第12問について解説します。

 

R1 経済学 第12問
Aさんは、夕食時にビールと焼酎を飲むことにしている。Aさんの効用水準を一 定とした場合、ビールを 1 杯余分に飲むことと引き換えに減らしてもよいと考える 焼酎の数量が、徐々に減ることを描いた無差別曲線として、最も適切なものはどれ か。

 

 

無差別曲線の問題です。

今回の場合、ビールと焼酎という2つの財についての典型的な無差別曲線となりますので、原点に凸のグラフとなります。

そのため、正解は選択肢イとなります。

 

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2次試験対策もまとめシートで

「まとめシート」流!2次試験対策シリーズ

Amazon Kindleで好評発売中!