☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「まとめシート」流!解法実況(事例Ⅰ~Ⅲ)平成26年度編を

9月8日(日)より発売開始します!

2次試験対策の基本が詰まった『「まとめシート」流!ゼロから始める2次対策』、H28年,H27年の過去問解説を収録した『「まとめシート」流!解法実況(事例Ⅰ~Ⅲ)平成28年度編』『「まとめシート」流!解法実況(事例Ⅰ~Ⅲ)平成27年度編』も好評発売中です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

今日は経営法務のR1第8問の株式市場に関する問題について解説します。

 

R1 経営法務 第8問
下表は、金融商品取引法に定める縦覧書類の公衆縦覧期間をまとめたものである。空欄A~Cに入る数値の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。

〔解答群〕
ア A: 5   B: 3   C: 3
イ A: 5   B: 3   C: 5
ウ A: 7   B: 3   C: 3
エ A: 7   B: 5   C: 5

 

情報開示書類に関する問題です。

まとめシートでも下記のように一覧表にまとめていましたので、こちらの表を覚えていれば対応できる問題でした。

この表に書かれている通り有価証券報告書も内部統制報告書も縦覧期間は5年となり、A、Cともに5年となっているのは、選択肢イのみですので、選択肢イを選ぶことができます。

 

ちなみに、半期報告書とは上記の表にはありませんが、半期報告書とは四半期報告書の提出が義務付けられる以前に提出が義務付けられていた書類です。

四半期報告書を提出しない有価証券報告書提出会社は、半期報告書を上半期末から3ヶ月以内に提出する義務を負っています。

 

以上から、正解は選択肢イとなります。

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2次試験対策もまとめシートで

「まとめシート」流!2次試験対策シリーズ

Amazon Kindleで好評発売中!