☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「まとめシート」流!解法実況(事例Ⅰ~Ⅲ)平成26年度編を

9月8日(日)より発売開始します!

2次試験対策の基本が詰まった『「まとめシート」流!ゼロから始める2次対策』、H28年,H27年の過去問解説を収録した『「まとめシート」流!解法実況(事例Ⅰ~Ⅲ)平成28年度編』『「まとめシート」流!解法実況(事例Ⅰ~Ⅲ)平成27年度編』も好評発売中です。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

今日は財務会計のR1第20問について解説します。

 

R1 財務・会計 第20問
資金調達に関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア 企業が証券会社や証券市場を介して、投資家に株式や債券を購入してもらうことで資金を集める仕組みを間接金融と呼ぶ。
イ 資金調達における目的は、売上高の極大化である。
ウ 資産の証券化は、資金調達手段として分類されない。
エ 利益の内部留保や減価償却による資金調達を内部金融と呼ぶ。

 

今回は資金の調達方法に関する問題です。

 

それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

 

選択肢アは、間接金融の説明ではなく、直接金融の説明ですので×です。

 

選択肢イの資金調達の目的は、必ずしも売上高の極大化には限らないので×です。

 

選択肢ウの資産の証券化とは、不動産の債券などのキャッシュフローを生む金融資産について、それが生み出す収益を裏付けに証券を発行して、投資家に売却することをいいます。これは資金調達手段の一つですので、この選択肢は×となります。

 

選択肢エはその通りで〇です。

以上から、正解は選択肢エとなります。

 

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2次試験対策もまとめシートで

「まとめシート」流!2次試験対策シリーズ

Amazon Kindleで好評発売中!