今回は費用関数の問題を解説します。

この問題は費用関数の問題の中でも基本的なことが問われている問題ですので、ぜひ解けるようになってください。

 

H30 経済学 第19問

下図は、生産と費用の関係を描いたものである。ここでは、ある生産要素の投入は変化するが、他の生産要素の投入は変化しない、つまり、少なくとも 1 つは固定的インプットが存在する短期の費用関数を考える。
この図に関する記述として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。



a 原点 O と点 B を結んだ線の傾きによって、平均費用が求まる。
b 総費用曲線を見ると、点 D から点 A までは費用逓増型、点 A から右は費用逓減型となっている。
c 点 E では、平均費用と限界費用が一致する。
d 平均費用が最小になる生産量より、平均可変費用が最小になる生産量の方が少ない。

〔解答群〕
ア aとb
イ aとd
ウ bとc
エ cとd

 

それでは早速各記述を見ていきましょう。

aの原点 O と点 B を結んだ線の傾きによって決まるのは、平均費用ではなく平均可変費用ですので×です。

 

bについては、点 D から点 A までは費用逓増型ではなく費用逓減型、点 A から右は費用逓減型ではなく費用逓増型なので×です。

 

cについては、原点と点Eを結んだ直線が平均費用であり、総費用曲線の点Eにおける接線が限界費用で、この2つが一致しているので○です。

 

dについては、固定費用がある場合、常に平均費用>平均可変費用ですので○です。

 

以上から、正しいのはcとdのため、正解はエとなります。

 

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中