今日は平成30年第12問の研究開発のマネジメントの問題について解説します。

 

H30 企業経営理論 第12

技術開発型ベンチャー企業が起業から事業展開で直面する障壁には、通常、以下の【A欄】にあるダーウィンの海、デビルリバー(魔の川)、デスバレー(死の谷)と呼ばれるものがある。これらの障壁は【B欄】のように説明できるが、その回避には【C欄】に例示したような対応策が求められる。


【A欄】のa〜cに示された障壁名、【B欄】の①〜③に示された障壁の内容、【C欄】のⅰ〜ⅲに示された対応策の組み合わせとして、最も適切なものを下記の解答群から選べ。


【A:障壁名】
a ダーウィンの海
b デビルリバー
c デスバレー


【B:障壁の内容】
① 応用研究と商品開発ないし事業化との間に存在する資金や人材の不足などという障壁
② 開発商品を事業化して軌道に乗せる際、既存商品や他企業との激烈な競争に直面するという障壁
③ 技術シーズ志向の研究のような基礎研究からニーズ志向の応用(開発)研究に至る際の障壁
 

【C:対応策】
ⅰ 大手企業とのアライアンスやファブレス生産に取り組み、生産、販売、マーケティング、アフターサービスが一体となった体制などによって回避を試みる。
ⅱ 基礎技術や高い要素技術を必要とする領域は大学に任せ、TLO を活用して連携を積極的に行うことなどによって回避を試みる。
ⅲ 所有している特許権や意匠権などの知的所有権のうち、一部の専用実施権を第三者企業に付与することや、社内プロジェクトメンバーについての担当の入れ替え、メンバーの権限付与の見直しなどによって回避を試みる。


〔解答群〕
ア a-①-ⅱ  b-②-ⅲ  c-③-ⅰ
イ a-②-ⅰ  b-③-ⅱ  c-①-ⅲ
ウ a-②-ⅲ  b-①-ⅱ  c-③-ⅰ
エ a-③-ⅱ  b-①-ⅰ  c-②-ⅲ
オ a-③-ⅲ  b-②-ⅰ  c-①-ⅱ

 

技術開発型ベンチャー企業が起業から事業展開で直面する障壁の名前と中身についての問題です。

魔の川、死の谷、ダーウィンの海と少し変わった名前がついていますので、イメージで覚えてしまいましょう。

まとめシートでもイメージで覚えられるよう、イラスト付きで紹介しています。

 

 

 

これを踏まえて問題を見ていきましょう。

まず最初の関門は魔の川です。

魔の川は研究→開発の間にある価値創造の壁です。

障壁の内容は「③技術シーズ志向の研究のような基礎研究からニーズ志向の応用(開発)研究に至る際の障壁」が該当しますね。

そして、対策は「ⅱ基礎技術や高い要素技術を必要とする領域は大学に任せ、TLO を活用して連携を積極的に行うことなどによって回避を試みる。」が該当します。

以上から、b-③-ⅱとなります。

 

これで、選択肢イで確定できますが、念のため死の谷とダーウィンの海も見てみましょう。

死の谷は開発→事業化の間にある価値伝達の壁です。

障壁の内容は「①応用研究と商品開発ないし事業化との間に存在する資金や人材の不足などという障壁」が該当しますね。

そして、対策は「ⅲ所有している特許権や意匠権などの知的所有権のうち、一部の専用実施権を第三者企業に付与することや、社内プロジェクトメンバーについての担当の入れ替え、メンバーの権限付与の見直しなどによって回避を試みる。」が該当します。

 

ダーウィンの海は事業化の後、事業としてやっていけるかどうかについての価値変換の壁です。

障壁の内容は「②開発商品を事業化して軌道に乗せる際、既存商品や他企業との激烈な競争に直面するという障壁」が該当します。

そして、対策は「ⅰ大手企業とのアライアンスやファブレス生産に取り組み、生産、販売、マーケティング、アフターサービスが一体となった体制などによって回避を試みる。」が該当します。

 

まとめシートのキャラクター、まとっちの絵とセリフでもイメージを持ってもらえるといいなと思っています。

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中