今日は第1問の多角化についてです。

 

H30 企業経営理論 第1

企業の多角化に関する記述として、最も適切なものはどれか。

ア 外的な成長誘引は、企業を新たな事業へと参入させる外部環境の条件であるが、主要な既存事業の市場の需要低下という脅威は、新規事業への参入の誘引となりうる。
イ 企業の多角化による効果には、特定の事業の組み合わせで発生する相補効果と、各製品市場分野での需要変動や資源制約に対応し、費用の低下に結びつく相乗効果がある。
ウ 企業の本業や既存事業の市場が成熟・衰退期に入って何らかの新規事業を進める場合、非関連型の多角化は、本業や既存事業の技術が新規事業に適合すると判断した場合に行われる。
エ 事業拡大への誘引と障害は、企業の多角化の形態や将来の収益性の基盤にまで影響するが、非関連型の多角化では、既存事業の市場シェアが新規事業の市場シェアに大きく影響する。

オ 内的な成長誘引は、企業を多角化へと向かわせる企業内部の条件であり、既存事業の資源を最大限転用して相乗効果を期待したいという非関連型多角化に対する希求から生じることが多い。

 

それでは各選択肢を見ていきましょう。

 

選択肢アについては、主要な既存事業の需要が減ってきたら、企業は存続のために新しい収益源を確保する必要があり、新規事業に参入しようとします。そのため、この選択肢は正しいと考えられます。

 

念のため他の選択肢も見てみます。

選択肢イの「特定の事業の組み合わせで発生する」のは相乗効果、「各製品市場分野での需要変動や資源制約に対応し、費用の低下に結びつく」のは相補効果で、ペアになっている用語が入れ替わっています。このようなペアになっている用語の入れ替えは、とても良くある誤りの選択肢の作り方のパターンですので、ペアになる用語が出たら入れ替わっていないか警戒しましょう。

 

選択肢ウの「本業や既存事業の技術が新規事業に適合すると判断した場合に行われる」のは非関連型でなく、関連型の多角化です。よってこの選択肢は×と考えられます。

 

選択肢エの「既存事業の市場シェアが新規事業の市場シェアに大きく影響する」のも非関連型でなく、関連型の多角化です。関連しているからこそ新規事業にも既存事業の影響が及びます。よってこの選択肢は×と考えられます。

 

選択肢オも既存事業の資源を最大限転用したい、というのは非関連型でなく関連型の多角化で生じる誘引ですので×と考えられます。

 

以上から正解は選択肢アとなります。

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

Amazonベストセラー1位獲得

一目でわかる!覚えてしまう!中小企業診断士一発合格まとめシート

好評発売中