今日は企業経営理論H26第26問について解説します。

 

H26 企業経営理論 第26問
企業が従業員の能力開発を目的として行う OJT、Off-JT、自己啓発に関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア Off-JTとOJTは、それぞれの目的と役割がある。Off-JTは、主として社外の技術や知識、ノウハウを社内に取り入れることを目的としたものであり、OJTは、社内の技術やノウハウ、仕事の進め方などを社内に定着させることを目的としたものである。
イ Off-JTは、階層別教育と職能別教育が柱であるといわれているが、Off-JTが実際に効果があるのは、外部から企業に新たに参加してきた新入社員やマンネリズムに陥った管理職(者)など同質の集団を対象として行う階層別教育であって、営業や製造などのラインの業務に関して行う職能別教育においては、Off-JTはあまり効果がない。
ウ OJTは、管理職等が日常の活動の中で指揮命令を通して行うものであるから、OJTを計画的に実施したり、マニュアルに基づいてOJTを行うなどということは、実際には困難であり、あまり現実的ではない。
エ 自己啓発は本来自主的に行うものであるから、テーマや内容について他から強制されるべきものではないが、企業が設ける自己啓発支援制度においては、一般的には、業務に役立つ知識を習得したり、業務スキルを磨くものなど、自己啓発のテーマや内容を業務に関連のあるものが対象とされる。

 

能力開発に関する問題です。
それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アの説明は一見もっともらしいですが、OJTとは、業務を行いながら教育を行うもので、Off-JTとは業務を離れて教育を行うものですので、Off-JTにも社内研修はありますし、「社内の技術やノウハウ、仕事の進め方などを社内に定着させることを目的とした」という記述もOJTの主目的というわけではありません。

ただし、絶対に×かというとそうは断言できないため、一旦判断を保留し、他の選択肢を確認します。

選択肢イでは「営業や製造などのラインの業務に関して行う職能別教育においては、Off-JTはあまり効果がない」と断言していますが、そんなことはなく、職能別教育においてOff-JTは効果を発揮します。よって、この選択肢は×です。


選択肢ウでは、「OJTを計画的に実施したり、マニュアルに基づいてOJTを行うなどということは、実際には困難であり、あまり現実的ではない」とありますが、OJTを効果的に実施するためには計画的に実施することが望ましく、実際に計画的に実施している企業も多いですので、この選択肢は×と考えられます。

選択肢エはその通りで○です。
自己啓発は、本来社員が自主的に行うものですが、業務に役立つ資格の講座の費用を負担するなどの自己啓発支援制度を行う企業もあります

 

選択肢アは判断を保留しましたが、選択肢エの方がより適切だと考えられるため、選択肢エの方を○としました。


以上から正解は選択肢エとなります。

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2020年度版まとめシート(前編)好評発売中

ご購入はこちら

 

 

 

 

 

今回は、H28年経営法務の第3問について解説します。

H28 第3問

以下の会話は、中小企業診断士であるあなたとX株式会社(以下「X 社」という。)の代表取締役甲氏との間で行われたものである。X社は、αの製造販売事業(以下「α事業」という。)を営んでいる。この会話を読んで、下記の設問に答えよ。
甲 氏:「おかげさまで弊社のα事業は好調です。そこで、業容を拡大したいと考えていたところ、先日ちょうど、取引銀行を通じて、弊社と同じα事業を営んできたY社から、事業の選択と集中を進めたいから同事業を買収しないかという話をもらいまして、現在前向きに検討しています。Y社は、α事業以外の事業も営んでいるので、新設分割でα事業をいったん切り出して子会社Z社を設立し、弊社がY社からZ社の全株式を現金で買い取るスキームを考えています。何か注意しておいた方がいいことはありますか。」
あなた:「[ A ]。それから、同業他社から競合する事業を買収することになりますから、独占禁止法に抵触するかどうかも問題になります。少なくとも公正取引委員会への届出の要否については検討しなければなりません。」
甲 氏:「[ B ]。」
あなた:「[ C ]。いずれにせよ、事業の買収、特に買い手の場合には、大小様々なリスクを伴いますから、その分野に詳しい専門家からアドバイスを受けないと後で痛い目を見ますよ。ちょうどいい人を知っていますから紹介しますよ。」
甲 氏:「ありがとうございます。」

(設問1)
会話の中の空欄Aに入る記述として、最も不適切なものはどれか。
ア α事業に関係する債務は、Z社が承継する債務から除外することはできないので、α事業に関係する簿外債務がないかどうかの調査が重要になります
イ Y社がα事業に関して締結している契約の中に、会社分割が解除事由として定められているものがないかの確認が重要になります
ウ Z社においてα事業を営むのに新たに許認可を取得することが必要な場合には、その許認可を得るのに必要な期間やコストを把握しておく必要があり、そのコストをX社が負担するのかY社が負担するのか交渉する必要があります
エ 契約の分割等の要否を検討するために、Y 社が、α事業とそれ以外の事業の双方で、同一の契約に基づいて使用しているリース資産やシステムがないかどうかの確認が必要になります
 

(設問2)
会話の中の空欄BとCに入る記述の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。
ア B:株式買取りのスケジュールには影響しますか
C:公正取引委員会が短縮を認めてくれない限り、最短でも届出を受理されてから、30日を経過するまでは、株式を取得することはできないので、スケジュールに影響しますね
イ B:届出を行うのは、X社ですか。Y社ですか
C:Y 社です
ウ B:届出を行う前に、公正取引委員会に相談に行くことはできるのですか
C:できません
エ B:どんな規模でも届出が必要になるのですか
C:X社の企業グループ全体の国内売上高が10億円以上の場合で、かつ、Z社とその子会社の国内売上高の合計が1 億円以上の場合に、届出が必要になります

 

設問1は会社法(組織再編)、設問2は独占禁止法に関する問題です。

それでは早速各設問を見ていきましょう。

(設問1)
まずは甲氏が言っていることを整理します。
下のように図にすると考えやすいでしょう。



それを踏まえて各設問を見ていきましょう。
今回は最も不適切な選択肢を1つ選ぶ問題です。

選択肢アは、「α事業に関係する債務は、Z社が承継する債務から除外することはできない」とありますが、新設分割の場合、権利や義務の1部だけを承継することもできるので、「除外することはできない」と断言することはできません。
そのためこの選択肢は×です。

念のため残りの選択肢を見ても選択肢イ、ウ、エに特に問題はなさそうです。

よって、設問1の正解は選択肢アとなります。


(設問2)
独占禁止法に関する問題です。この問題は少しマニアックな問題ですので、解けなくてもOKです。
 

念のため各選択肢を見ていきましょう。

 

選択肢アはその通りで、株式を取得できない禁止期間があります。


選択肢イの届出は、株式の取得を仕様とする企業が行わないといけないため、Y社ではなくX社が行います。よってこの選択肢は×です。

選択肢ウは、届出を行う前に相談はできるので×です。

選択肢エは、とてもマニアックですが、株式を発行しようとするX社の企業グループ全体の国内売上高が200億円以上の場合で、かつ、株式発行会社のZ社とその子会社の国内売上高の合計が50億円以上の場合に、届出が必要になります。

よってこの選択肢は×です。

 

以上から、正解は選択肢アとなります。
 

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2020年度版まとめシート(前編)
好評発売中

ご購入はこちら

 

 

 

今日は経済学のH28第9問の投資に関する理論について解説します。

 

H28 経済学 第9問
経済成長のためには、企業による投資の増加が必要である。投資の変化を説明する伝統的な理論に加速度原理がある。加速度原理の説明として、最も適切なものはどれか。
ア 生産量が一定のとき、投資は増加する。
イ 生産量の増加が拡大傾向にあるとき、投資は増加する。
ウ 生産量の増加の度合いが小さくなるとき、投資は増加に転じる。
エ 生産量の変化は、在庫の調整によって吸収されるため、投資に影響を与えない。

 

加速度原理に関する問題です。

まとめシートでも解説しましたが、加速度原理とは、投資はGDPの増加分に比例するという考え方でしたね。

加速度理論では、GDPを資本で割った資本係数は一定で、ある時点で社会や企業が抱えている資本の量である資本ストックは1期のうちに望ましい量になると仮定した場合、今期の投資を以下の式で表すことができます。

 

今期の投資=今期の資本ストック-前期の資本ストック


これを踏まえると、今期の資本ストックと前期の資本ストックの差分が今期の投資に比例しますので、生産量が増加すると投資は増加するということができます。


よって、正解は選択肢イとなります。

 

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2020年度版まとめシート(前編)
11月8日より発売開始!

ご購入はこちら

 

 

今日は運営管理のH24年第4問について解説します。

 

H24 運営管理 第4問
信頼性設計におけるフェイルセーフに関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア 機械加工中の刃の摩耗が限度を超えると、自動的に機械が停止するようにする。
イ ネジの取り付け本数をセンサーで検出し、作業者の取り付けた本数が不足している場合に警報が鳴るようにする。
ウ 部品の形状を非対称にしておき、反対向きに取り付け作業ができないようにする。
エ モーターの回転部分に保護カバーを取り付け、触れることができないようにする。

 

信頼性設計に関する問題です。

まとめシートでも解説しましたが、フェイルセーフとは、例えばストーブが倒れると自動的に停止する設計になっていたり、電車の遮断機は電源がなくなると自重で下りてくるといったように、故障や操作ミス、不具合があったときに機器を安全側に動作させることです。

 

これを踏まえて、各選択肢を見ていくと、機械加工中の刃の摩耗が限度を超えるという不具合があったときに自動的に機会を停止させる選択肢アが正解ということがわかります。

 

今回は言葉の意味を問う問題でしたので、ピンポイントで正解を選ぶことができました。

 

以上から、正解は選択肢アです。

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2020年度版まとめシート(前編)
11月8日より発売開始!

ご購入はこちら

 

 

 

 

今日は財務会計のH24第12問について解説します。

 

H24 財務・会計 第12問
当期の資金繰り表の記載項目a〜fのうち、経常外収支の項目として、最も適切なものの組み合わせを下記の解答群から選べ。
a 受取手形の期日入金
b 現金売上
c 支払手形の期日決済
d 設備投資
e 手形割引
f 未払金の支払
[解答群]
ア aとb イ bとc ウ dとe エ eとf

収入・支出のうちどれが経常収支で、どれが経常外収支の項目かが問われています。

経常収支は通常の営業活動に関連したもので、経常外収支は借入金の借入や返済、固定資産の取得や売却などの通常の営業活動に関連した取引以外の取引のことです。

それを踏まえてそれぞれの項目を見ていきましょう。

 

aの受取手形の期日入金は、通常の営業活動に関連したものですので経常収支の項目です。


bの現金売上も、通常の営業活動に関連したものですので経常収支の項目です。


cの支払手形の期日決済も、通常の営業活動に関連したものですので経常収支の項目です。


dの設備投資は、資産の取得にあたるため経常外収支の項目です。


eの手形割引は、利息に相当するものですので経常外収支の項目です。
 

f 未払金の支払は、

通常の営業活動に関連したものですので経常収支の項目です。

 

以上から、正解は選択肢ウです。

 

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2020年度版まとめシート(前編)
11月8日より発売開始!

ご購入はこちら

 

 

 

 

今日は企業経営理論H28第7問について解説します。

 

H28 企業経営理論 第7問
業界での競争地位によって、企業はリーダー、チャレンジャー、フォロワー、ニッチャーに分類できる。そのなかで、チャレンジャーとニッチャーに関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア チャレンジャーは、業界で生き残ることを目標に、購買の動機として価格を重視するセグメントをターゲットにし、徹底的なコストダウンを行い、代替品を低価格で提供していく戦略を採る。
イ チャレンジャーは、市場全体をターゲットとするフル・カバレッジにより、リーダーの製品を模倣していく戦略を採る。
ウ チャレンジャーは、リーダーに対する価格・製品・プレイス・プロモーションという4P の差別化よりも、ドメインの差別化を行う。
エ ニッチャーは、狭いターゲットに対して、業界の価格競争には巻き込まれないように閉鎖型の販売チャネルを採用して、媒体を絞り込んだプロモーションを展開する。
オ ニッチャーは、自社が属する業界のライフサイクルの導入期に活動が活発になり、他社の行動を追随する同質化を推進し、市場全体の規模を広げる役割を担っている。

 

コトラーの競争地位別戦略に関する問題です。
それでは早速各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アの説明はチャレンジャーではなくフォロワーについての説明です。よって、この選択肢は×です。

選択肢イのフル・カバレッジ戦略は、チャレンジャーではなく、リーダーが取る戦略です。よって、この選択肢は×です。


選択肢ウの、チャレンジャーは、ドメインというよりは、価格・製品・プレイス・プロモーションという4Pで差別化を行います。

よって、この選択肢は×です。

選択肢エはその通りで○です。
ニッチャーは、絞られた特定の市場において利潤、名声、イメージを高めることを目標としています。

選択肢オの説明は、ニッチャーではなくリーダー企業の説明です。リーダー企業は、豊富な経営資源を活かし、ライバル企業が発売した製品と同様の製品を販売する同質化政策を行います。ちなみに、まとめシートも発売の翌年にリーダー企業T社から同質化戦略を取られ、T社がなぜか7科目を2冊に分けた、図解多めの本を出版していました。


以上から正解は選択肢エとなります。

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2020年度版まとめシート(前編)
11月8日より発売開始!

ご購入はこちら

 

 

 

 

 

こんにちは。

まとめシート著者の野網です。

 

昨日より、まとめシート2019年度版(前編)を発売開始しました。

書籍はAmazonにて販売中ですので、購入される方はぜひこちらからよろしくお願いいたします。

 

また、本の内容はまとめシートHPの書籍紹介ページでご紹介しておりますので、「まずはどんなのか知ってから買いたい」という方はそれぞれのページをご覧いただければと思います。

 

そして、嬉しいことにまとめシートが発売当日からベストセラー1位を獲得しました。

ご購入いただいた皆様に感謝です。

 

 

もし、気に入っていただけましたら、Amazonのレビューを書いていただけますととてもとても助かります。

どうぞよろしくお願いいたします。

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2020年度版まとめシート(前編)
11月8日より発売開始!

ご購入はこちら

 

こんにちは。

まとめシート著者の野網です。

 

本日より、まとめシート2019年度版(前編)を発売開始しました。

書籍はAmazonにて既に販売中ですので、購入される方はぜひこちらからよろしくお願いします。

 

 

 

今回の2020年度版のまとめシートは、昨年度の合格者を中心とした、多くの方にサポートいただき出版することができました。

今年はチェック体制の見直しからスタートし、校正チームによる校正や、新しい校閲・校正ツールの導入など、より完成度の高い書籍を目指して、改定を行ってきました。

特に、校正チームの8名の方々には、何度も隅から隅までチェックしていただき、この場を借りて改めてお礼申し上げます。

 

新しいまとめシートをどうぞよろしくお願いします!

 

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2020年度版まとめシート(前編)
11月8日より発売開始!

ご購入はこちら

 

こんにちは。

まとめシート著者の野網です。

 

いよいよ明日、11月8日より、まとめシート2020年度版(前編)を発売します。

 

 

販売開始は11月8日の日付が変わり次第ですので、実質、今晩からとなります。

まとめシート2020年度版からは、書店でも販売できるよう現在準備中ですが、まずはAmazonで先行発売いたします。

書店での販売は11月中旬からとなりますので、早く欲しい!という方はぜひAmazonにてご購入下さい。

 

11月8日午前0時以降、まとめシートHPのリンクからか、Amazonで「中小企業診断士 まとめシート」と検索すると新しいまとめシートを購入することができます。

 

そして、もし気に入っていただければ、Amazonのレビューコメントを書いていただけると幸いです。

 

新しいまとめシートもぜひよろしくお願いいたします。

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2020年度版まとめシート(前編)
11月8日より発売開始!

 

今回は経営情報システムのH30年第16問の開発管理に関する問題について解説します。

 

H30 情報 第16問

CMMI(Capability Maturity Model Integration)を使って、ソフトウェア開発組織の成熟度を5段階のレベルで表現し、開発プロセスの改善に役立てることができる。CMMIに関する記述として、最も適切なものはどれか。
ア CMMIで、各プロセスの特性が明確化されるとともに標準化が進み、「定義された」状態になるのは第3レベルである。
イ CMMIの第2レベルは、各プロセスがいまだアドホックかつ場当たり的で「不完全な」状態として認識される。
ウ CMMIはISOが定めた国際規格で、要求事項に合致したシステムを構築すると、各レベルに応じた認証を取得することができる。
エ CMMIは、システム・ライフサイクル全体を構想、開発、運用、保守、廃棄のプロセスに分類し、それぞれのレベルを評価するモデルである。

 

CMMIとは、まとめシートでも解説していますが、ソフトウェア開発を中心としたプロセスの成熟度を評価するための指標のことで、システム開発を行う企業がプロセスの改善を行うためのガイドラインです。

CMMIでは、組織の製品、サービスの開発、調達能力などを「レベル1:初期」、「レベル2:管理された」、「レベル3:定義された」、「レベル4:定量的に管理された」、「レベル5:最適化している」の5段階のレベルで評価します。

 

それでは、これを踏まえて各選択肢を見ていきましょう。

選択肢アは、その通りで、「定義された」状態になるのは第3レベルです。

 

念のため残りの選択肢についても見ていきましょう。

選択肢イについて、第2レベルは「管理された」であり、「不完全な」状態ではありませんので、この選択肢は×となります。

選択肢ウは、「認証を取得することができる」とありますが、CMMIは指標であり、認証を与えるようなものではありません。よってこの選択肢は×となります。

選択肢エについては、CMMIはソフトウェア開発を中心としたプロセスの成熟度を評価するための指標のことですので、この選択肢は×となります。

以上から、正解は選択肢アとなります。

 

■気に入っていただけたら、クリックお願いします!■

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

 

2020年度版まとめシート(前編)
11月8日より発売開始!