2020年 茨城大学・教育 数学 第6問 | ますいしいのブログ

ますいしいのブログ

一味違う大学受験数学の解法テクニックを紹介しています。

2020年 茨城大学・教育 数学 第6問

 

 

 

 

 

 

 

 こんにちは、ますいしいですニコニコ

 

今日も、めちゃくちゃ蒸し暑いあせる

 

 

 

 

 

 

 

 

 本日第2弾目のアップですアップ アップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 まずは、本日第2弾目の偉人の言葉からですポスト 手紙

 

数学をうまく教えることが

できるのは,自分自身数学

に熱中し,これを生長し続け

る生きた学問としてとらえる

ことのできる人だけである.

(A・コルモゴロフ,ロシアの数学者,1903-1987)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それでは、最初は解答を見ずにチャレンジしてみてください。メモ メモ

 

 

 

 

 

 

(※時間の目安)     (1)2分     (2)1分     (3)2分        時計 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(1)  Natural  number  solution

 

(2)  Number  of  ones

 

(3)  Facsimile  reasoning

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ますいしいの解答)

 

 

 

 

 

 

 

コメント;いかがでしたでしょうか?楽しんで頂けましたでしょうか?

 

     (1)超頻出の“2元1次方程式”で“積の形”をつくりますニヤニヤ

 

     (2)“高校入試”でも頻出ですウインク “中学生流”と“高校生流

 

        の2通りで導出してみましたニヒヒ

 

     (3)最初の解法は、いわゆる“ファクシミリ論法FAX”ですひらめき電球

 

        “別解”は、点を代入して、これを満たす実数kが存在

 

        しないことを示す手法ですデレデレ

 

 

 

 

 

 

     上のような問題を、

 

     躊躇なく、スピード感をもって解ける!!

 

     ことが、基礎力が備わっている!! ということですニヒヒ

 

 

 

 

 

 

     それでは、次回をお楽しみにバイバイ

 

                   by       ますいしい

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 下の書籍は、“計算力”を

 

身につけるのに、お勧めですウインク