韓国、牧師の「赤ちゃんポスト」 ② | Mathilde au Japon (マチルド・オ・ジャポン)

Mathilde au Japon (マチルド・オ・ジャポン)

趣味で簡単な翻訳をしています。
簡単な詩や歌、面白いと思った記事、短編小説を
訳したものをブログに書いていきたいと思っています。


テーマ:
Mathilde au Japon (マチルド・オ・ジャポン)

(韓国、牧師の「赤ちゃんポスト」 ②)

His motivation is painfully personal. Twenty-five years
ago, Lee's wife, Chun-ja, gave birth to a baby so dis-
figured Lee kept the boy from her for a month until
he could figure out a way to tell her the unthinkable,
explaining only that the child had a serious illness
and was rushed to another hospital.

The baby was born with cerebral palsy. A mammoth cyst
on his head choked off the blood flow, slowly rendering
him brain-damaged. Doctors gave him months to live.


Today he lies on a bed in Lee's home, his legs splayed
at impossible angles, his feet turned back inward.
Eyeing the room impassively, he occasionally lets out
a snort or sigh, as his parents regularly vacuum his
saliva through a tracheal hole in his throat. They call
him Eun-man, which means full of God's grace.



イ牧師にはつらい過去がある。そしてそれが
施設をつくるきっかけとなった。25年前、
イ牧師の妻チュンジャさんは男児を出産したが、
生まれた子は重度の奇形児であった。
イ牧師は1ヶ月間、妻には子供を見せなかった。
しかし、とうとう彼女に話をする時が来た。
彼は子供には重い病気があって、別の病院へ
運び込まれたとだけ話をした。


イ牧師の子供は、先天性の脳性麻痺であった。
脳内にできた巨大な嚢胞(のうほう)が血流を
塞いでいて、ゆっくりと脳を損傷していったのだ。
医師たちから数ヶ月の命と宣告された。

今、彼はイ牧師の家のベッドで横たわっている。
両脚は異常な角度に曲がっていて、足の甲は
内を向いていた。表情のないまま部屋を見ていて、
時々、鼻息を荒くしたり、ため息をついたりして
いる。両親が定期的に、喉に開けられた穴から、
気管に流れる唾を吸引していた。
イ夫妻は彼を「ウンマン」と呼んでいた。
ウンマン(恩満)は「神の愛に満ちた」という意味だ。


Mathilde de La Mole(マチルド)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス