塗装の試行錯誤~プラ紫外線劣化の表面保護 | かんな屑アート~ウッドクラフト by SANTA no Mix

かんな屑アート~ウッドクラフト by SANTA no Mix

 かんな屑でアート
ウクレレサイズの楽器製作で構造材としての剛性をテスト中

 スマホでお絵かき
自分らしいコラージュエディタや動画エディタをスパゲティコーディングの予定

旧サンタのイノベーションブログ!

過去記事の再構築中です!

梅雨入り前のペンキ塗り報告。
慣れてきてハケ塗りが楽しくなってきました。
断捨離とは言えないデスが古いペンキの処分にガーデニング繋がりの。
日焼けして表面が荒れたプラスチック製品を表面保護と補強を兼ねて塗装。
当方、℃素人デスので、試される方は下調べなさった方がよろしいかと。
昨年、表面がボロボロのBOXに古いチョコレート色の屋内水性塗料がプライマーなしでも塗装できました。
直射日光で一年放置で目立った塗装の割れもなかったので今回仕上げ。
色が黒っぽいと日差しで高温になるので避けたいところです。
ポリバケツは25年くらい前の。

これはアジサイの剪定で切り取ったの。

駐屯地仕様になってしまいました。

5年以上放置したままのベージュ塗料の揮発性成分がとんでペースト状になっていたのでヘラで漆喰壁塗る感じで塗って、乾燥後、グレーのスレート屋根用防水塗料で仕上げました。
使い込むことでユーズドジーンズみたいな質感でるといいんだけど。

鉄屑と割れ物の置き場設置。
プラ段ボールも日焼けしてたので塗装できた感じです。

久し振りに軽くお絵かき。