マタニティ・レシピ ー栄養士が伝える妊娠中の食生活ー

マタニティ・レシピ ー栄養士が伝える妊娠中の食生活ー

妊活専門の管理栄養士が伝える、プレママと赤ちゃんのための妊婦ごはん


テーマ:

ほうれん草に豊富な葉酸。

そして、ほうれん草といえば、お浸しが定番じゃないですか!?

 

 

私は昔、ほうれん草のお浸しは、茹でたほうれん草に醤油とかつおぶしをかけて作っていました。

 

でも、醤油のしみこみ具合にムラがあって、食べる部分によっては味がしないこともあせる

逆に、和食屋さんで食べるお浸しは出汁が効いていておいしいなーと常に思っていました。

 

そんなことから、こんな作り方でお浸しを作るように。

 

バットにかつお節と醤油を入れてお湯をかけ、そこにほうれん草を混ぜるという作り方。

お湯のおかげでかつお節から出汁がでて、わざわざ出汁をとらなくても簡単に作れるのです。

 

もし私と同じような経験がおありなら、ご参考になれば幸いです爆  笑

 

【妊娠中の食生活講座】

かるごはん講座(妊娠中の基本の食事編)の詳細はこちら
かるごはん講座(妊娠中の貧血・便秘・むくみ予防編)の詳細はこちら
 
■材料(作りやすい分量)
ほうれん草 1袋(6本ほど)
湯 100ml
かつお節 おたま1杯(3g)
醤油 小さじ1
 
■作り方
1.ほうれん草を茹でて3㎝幅に切る。
2.容器にかつお節と醤油を入れ、湯を注いで混ぜる。
3.ほうれん草を浸す。
 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス