借入金 | 住まいのすすめ

住まいのすすめ

快適・健康・節約を重視した住まいの設計をご提案。
よく学び・よく目を養って。
ちゃんとまともな家を手に入れようと動いてください。

 

いくら借りるか?借入計画は最重要です。たいがい皆様は、「建築費がいくらになるのか?」にばかり興味がありますが、実は、住宅会社にあなたがお金を支払うわけではありません。最終的には、「借り入れの返済」という形で銀行へ支払います。

借り入れ条件が異なれば、同じ建築費でも毎月の支払いが1万円も変わることもあるし、ライフプランにそぐわなければ生活は困窮し、最悪の場合、住まいを手放すということもあるかもしれません。もちろん期待していた借り入れが出来なかったら建築すらできません。

「どこでいくら借りて、いくら返すのか」具体的にどの程度の借り入れが健全なのか?「返済比率」という指標が存在します。

返済比率=年間の返済額/年収で表すことができます。

年収のうち返済にいくらまわったのか?その度合いによって、借り入れの安全度合いを推測しますし、融資の審査においても、返済比率に応じて借り入れの是非を判断します。家計でいう「エンゲル係数」に似ていますね。土地を買う買わないによって返済比率は違ってきますが、20~25%という数値が一般的であると、経験上感じます。

返済比率が20%以下の場合

いわゆる家賃並みの返済で、借りていることが意識されない水準。

返済比率が30%の場合
習い事や旅行などの余暇へ向ける余裕がなく、ローンが厳しく感じる水準。

景気のいい時は皆様、借り入れには積極的でしたが、昨今慎重な姿勢の方が多くなりました。事実、試算してみると、20%程度だと「これくらいかな?」とうなずいて、25%になるとためらいます。ただし、土地も合わせての計画で20%程度で抑えるというのはよほどの収入のある人の場合で、一般水準では25%まで借りているようです。

借入額の予想と実際はだいぶ違います。借り入れのシミュレーションにおいて、借り入れ方式や金利の変動などで、お客様の思っていたことと、実際の計算では異なることが多いものです。

月○○○○○円なら払えるから、それで借り入れを組むと1900万円と思っていたのが、実際はもっと金利が安くなっており、2100万円の返済と同じだった。あるローコスト系HMの営業マンに、初回面談時に簡易的に計算してもらい、適正借入額は1500万円だと言われた。しかし、私どもが詳しく導いた、適正借入は1800万円でした。など、思っているより建築力がある場合はよくあることです。

 

またその逆に、車のローンなどが足を引っ張り、予想以上に借り入れが難しいというケースもありました。また、自分ではたいしたことが無いと思っていたカードの返済での信用情報で事故歴が残っており、借り入れが不可能であったというケースもあります。

まずは、概算的な資金計画を練って銀行で事前審査をしたうえで、土地購入と建物の請負契約を交わすようにします。事前の資金相談と銀行の審査を受けないで、土地購入を進めてしまうと不本意にもローコスト住宅しか建たなかったというのはよくあるお話です。

 

※借入可能額シュミレーションはこちらより

※返済額シュミレーションはこちらより

 

自然主義からはじめる高性能住宅

トンボハウス|tomobohouse.com

設計:日本全国 | 施工:茨城・千葉