頭金 | 住まいのすすめ

住まいのすすめ

快適・健康・節約を重視した住まいの設計をご提案。
よく学び・よく目を養って。
ちゃんとまともな家を手に入れようと動いてください。

 

頭金はいくらが良いのか?

頭金の比率はその人の住宅計画の健全性を見る物差しです。もちろん多ければ多いほど健全ですね。頭金はどれくらいがいいのか?それはあなた様の通帳を見れば分かることです。マイホームを手に入れるために貯められたのでしょうからお使いになればいいです。

 

頭金を多く貯めることができた人というのは、家計が堅実であるバロメーターですから、かつては融資の時には2割なければならぬという基準もありました。しかし、今は融資基準では重要視されず、返済能力を重要視します。ともあれ、2割を超えるような方は安心して返せる人の可能性が高いでしょう。2割に満たない人は、貯めてゆくのは苦手だけれど、借りて返してゆくならうまく順応できるひとかもしれません。

さらに家計を健全にしたい場合は、手取り年収の半分程度には手を付けず、万が一の出費に備えられればよろしいでしょう。かといって手元資金を残し過ぎて、借り入れを多くするのも不健全。手元資金には利息は満足につかないわけですから──。

いくら借りたらいいのか?

具体的にどの程度の借り入れが健全なのかは、返済比率=年間の返済合計/年収で表すことができます。その度合いによって、借り入れの安全度合いを推測しますし、融資の審査においても、返済比率に応じて借り入れの是非を判断します。

具体的には年収の20%程度が一つの目安です。

これも、勤務先の賃金傾向や勤続年数、もちろん借入主の年齢や他の借り入れ状況などを考慮し、総合的に判断します。さらには、借り入れ方式や金利の変動などで、お客様の思っていたことと、実際の計算では異なることが多いものです。

 

自然主義からはじめる高性能住宅

トンボハウス|tomobohouse.com

設計:日本全国 | 施工:茨城・千葉