餅は食ったか?蕎麦は食べたか?姫は始めたか?

 またとぐらの馬場です。この年末年始、みなさんはどうお過ごしですか?今、みなさんと投げかけましたがきっとこのブログに目を通してくれた人数は10人前後だと思うので、ひとりひとり聞いていきたいレベルですね。小学校の夏休み明けの作文発表みたいなやつ。先生が全員に一言ずつコメント入れるやつ。たまにTwitterでユーモア溢れる赤ペンがバズるやつ。

 さあ、余談はこのくらいです。今回は、私が2017年最も聴いた音楽をランキング形式で発表します。リリース年は関係ないです。個人的にいっぱい聴いたやつです。リリースを追えてないので今年に限ると無理です。こう考えるとあんまり音楽聴けてないんだなーって乳首が陥没します。では発表します!ドンッ!!!



1位「イエイ」リバーシブル吉岡
2位「Purpendicular」Deep Purple
3位「光源」Base Ball Bear
4位「Tony Monaco&Howard Paul:New Adventures」Tony Monaco
5位「0413」おやすみホログラム



・「イエイ」リバーシブル吉岡
 今年はもうリバ様の年といっても過言ではなかったですね。家族のために8月で活動休止を決めたリバ様が、新曲1曲に過去曲の再録を加えたベスト盤。僕、「お土産の歌」という曲が大好きなんですよ。最高にくだらなくて。だってサビが「ちんすこう 乾燥マンゴー 栗饅頭 こけし 南京玉すだれ 万華鏡」ですからね。字にするとあんまり伝わらないですね。同じ下ネタを扱うものとして尊敬しているんですが、なんでリバ様は面白いのかを考えたことがあるんですよ。結果「音のチープさ」と「抜群の歌唱力」という結論に至りました。打ち込みの音がクッソ安いんですよね。バンバンの方がいい音出しますよマジで。そこに乗るええ声。ドブの中で黒毛和牛食ってる感じですね。それがなんだか笑えてくるんですよね。あとは「脱糞して泣いてる女の子に大丈夫って声かけたい(KEJIME)」等々のフックが効いた性癖。最高です。やめないで欲しかった!

・「Purpendicular」Deep Purple
 恥ずかしい話、今までディープ・パープルを聴いたことがなかったんですよ。なんとなくで聴いて観たらまじでサブイボがブワーーーって。あと自分、オルガンが好きなんですよ。ジャズをたまに聞くんですけど、ジミースミスとかウェスモンゴメリートリオとか。オルガンが上物としてドーンとくるのはジャズくらいかと思ってたんでそこもカルチャーショックでした。ゴリゴリに歪ませたオルガンと、バッキバキのギターの応酬。圧倒的な歌声を持ちながら、あくまでもソロメインの構成。誰しもが弾きたくなるギターリフ。もう最高。今まで聞かず嫌いですみませんでした。

・「光源」Base Ball Bear
 もうかれこれ7、8年好きなんですよベボベ。バンドを聴くようになったきっかけであり僕の青春でした。「senko_hanabi」になぞらえて当時の彼女と土手をチャリでニケツしたのもいい思い出です。そんなキラキラストリームど真ん中のベボベですが、ここ数年がやけにブラック要素を取り入れグルーヴ感重視のサウンドに移行していました。しかし、ギター湯浅が脱退、3人体制になってからのこのアルバムは、新しいグルーヴ感を残しつつ、青春ドリーム号の雰囲気も復活した印象で、いいアルバムであると同時に嬉しくなってしまう感覚でした。そして相変わらず歌詞のキレが凄い。洋楽もちょくちょく聴くけど自分はなんだかんだ日本語が好きなんだなと実感させてくれます。

・「Tony Monaco&Howard Paul:New Adventures」Tony Monaco
 ここでまさかのジャズがランクイン。このトニーモナコ、「ザ・キャット」で有名なジミースミスの弟子で、日本のジャズギタリスト小沼ようすけとトリオを組んでいることでも有名です。そして奥さんが日本人で、震災のチャリティーツアーで出会ったのがきっかけという日本にゆかりのある人なんだとか。このアルバムは、特にジミースミス特有のポップさを受け継いでおり、スタンダードも多く収録してあるため、初心者にも聴きやすいアルバムになっています。特に「Just Friends」のエンディングは、わかりやすいかつ大盛り上がりの循環で聴いててひとりで笑顔になってました。そんな体験、なかなかできるものじゃないと思い4位に挙げました。いやー楽しいね。

・「0413」おやすみホログラム
 5位はアイドルですね。DJ、バンド、アコースティックの3形態でインディペンデト的な活動で地名度を上げているおやすみホログラム。ジャズにも通ずるテンションの効いたコード感に絡み合うコーラスワークやハモリ。この音楽性の高さに惹かれました。このアルバムは4月13日に行われたアコースティックライブが収録されています。プロデューサーのオガワコウイチがギターを弾いているのですがバッキングのフレーズが多彩で面白い!参考にしようと試みるのですがなかなか難しく、アイドル界では目にかかれない音楽が聴けます。アッパーなライブパフォーマンスも含め、かっこよすぎますね。



 以上でございます。2018年はもっといろんな音楽を吸収したい所存でございます。

 

 

【ライブ情報】

1月23日(火)@大塚Hearts+ w/あねたいなるみ、ミナモスピカほか
open 18:00 / start 18:30 | adv 2000 / door 2500
2月5日(月)@新宿レッドクロス w/未定
2月26日(月)@四谷天窓.comfort w/未定 初出演!
3月30日(金)@新宿Marble w/未定 初出演!

 

AD