母の日ミストについて② | 無意識と仲良くなる ムーンブログ

無意識と仲良くなる ムーンブログ

無意識をつかさどる 月のリズムを感じながら
まだしらない ほんとうのあなたと どんどん仲良くなっていくためのブログです☆

無意識と仲良くなるムーンカレンダーをつくったり
無意識カレンダーのワークショップなどをしています。


テーマ:

母の日には、

おかあさんにありがとうを伝えたい。

 

 

たくさん伝えてきたつもりでした。

でもね。

わたし。

ぜんぜんだったんです。

 

 

わたしの

それは

実は

認められたい

認めてほしいの延長線上で

母に気に入られるための行為だったのです。

 

 

 

ガビーーーーン。。。

 

 

 

そんなことに

気づきたくなかったけど

気づけたことは幸いでした。

 

 

 

自己崩壊して

自ら作り上げた いい子ちゃんメッキが

バリバリバリと

剥がれ落ちていきました。

ゆっくりゆっくり

時間をかけてね。

そんじゃそこらで剥がれるようなものではありません。

生きるために何度も何度も

入念なコーティングを重ねに重ねて

創り上げてきたカンペキなメッキなのですから、

 

 

でも

そのメッキのわたしでは

不満を抱えたままだったんです。

ああしてほしかった。

こうしてほしかった。

小さい頃に抱えてしまった

そんな思いを

ずっと奥底にくすぶらせたまま

無意識の中、さみしさの闇が消えることはありませんでした。




それは

ただただ安心したかった

やさしくなでてほしかった

そんなシンプルな欲求でした。

 

 

 

でもそれは

叶えられないものと封じ込め

なにかにたくさんすり替えてしまいました。

なにかにすり替えては、メッキはどんどん輝きを増していきます。

 

 

 

 

ただ

そのままの自分をどうしても受け入れられない。

当然ですよね

受け入れ方を知らないんだもの

 

 

 

どうせわたしの要求は叶えられない。

叶えられる訳がない。

奥底に沈み込んで日の目を見ない

そんな強固な信念は

自分のことは

なんでもかんでも
後回しにして

置き去りにして

ほかの事柄を優先してしまう

 

 

 

そんな癖を形成していきました。

 

 

 

自分をなくしてまで

誰かや何かのために盲目的になることは

それがどんなに素晴らしい行為であっても

自己犠牲が含まれます。

 

 

 

そんな自己犠牲に気づくこともなく

どんどん

自分を置き去りにしながらも

それが

愛や優しさだと勘違いしていたわたしは

こじれにこじれて

ついに自己崩壊してしまったのです。

 

 

 

無意識のなかに押し込めていた蓋が外れて

いろんな自分が飛び出しました。

収集がつかなくなるまでに飛び散った

自分の残骸をかき集めながら

いったいわたしはどうして

こんなふうになってしまったんだろう、、、

と模索しました。

 

 

 

その根源をたどると

そこにはいつも

お母さんの残像がありました。

 

 

 

大好きすぎたのです。

だから

自分より優先してしまっていた。

そんな癖の構造が見えました。

 

 

 

自分の意見を言うより先に

母の意見にいつも聞き入りました。

 

 

 

そのうちに

わからなくなるのです

自分が言いたかったこと

聞いてもらいたかったこと

 

 

 

 

それがわかったから

やっとの思いで

わたしは伝えました。

泣きながら

伝えました。

どうせ無理

わかってもらえるはずはない

そう思いながらも

わかってもらえなくても

聞いてもらえなくてもいいから

わたしはわたしの思いを伝えよう

そう思って伝えました。

 

 

これが出来てはじめて

わたしは

お母さんと人間として

対等になれた気がしました。

 

 

これを自立というのでしょうか

 

 

いままでたくさんたくさん

伝えてきたつもりだった

お母さんへのありがとう

そのありがとうのなかに含まれていた

 

 

 

これを言わなきゃ気に入られない、、、

 

 

 

そんな思いと行為に

どれだけ縛られて

がんじがらめになっていたんだろう

 

 

 

対等でいられる

自分がいなかったから

いつも相手を優先させて

相手はきっとこう思うに違いないという幻想や残像に

いつも縛られたままでした

 

 

 

お母さんへの思いに偏りすぎない自分

お母さんと対等な人間としての自分が

やっと見つかったから

そんなわたしで

いままでとは違う

ありがとうが言いたくなりました。

 

 

 

でも、言いたくなったと同時に

別に言わなくてもいい

言うまでもない安心感が

今はここにあります。

 

 

 

だから

母の日ミストをつくることを決めました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ミストを通して

みなさんと一緒に

母と子のつながりにおける学びとギフトを分かち合うこと

これがわたしの魂が表現したかったことです。

こんなふうに自分のやってみたいことに

チャレンジができること

ほんとうにしあわせなことだと感じます。

 

 

 

こんなわたしで

このまま生きていっていいし

こんなわたしですが

いま表現したい意図をこめた

ミストを作ります!

 

 

 

 

母の日ミストについて①

 

muishikico♪moonさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス