増田塾三田校ブログ

増田塾三田校ブログ

早稲田大学、慶應義塾大学、上智大学をはじめとした
難関私大文系受験の専門予備校 『増田塾』 三田校のブログです。

2018年度 秋コース入塾説明会ご予約受付開始!

現在、高1~高2生の入塾説明会のご予約を受け付けております。
入塾説明会は全て個別での実施の為、完全予約制となります。
ご予約・ご入塾のお申込み、その他お問い合わせに関しては、
以下総合受付にて受け付けております。

総合受付:0120-842-428(10:00~19:00)


テーマ:
こんにちは!
増田塾三田校です。
増田塾生の皆さん、奨学金模試お疲れ様でした。
そして、今週から平成最後の復習期間がスタートします!
復習期間の重要性は以前にもお話ししましたが、覚えていますでしょうか?
受験も間近に控えたこの時期だからこそこの復習期間は皆さんにとってとても大事な期間です。
なので今回は改めて復習期間の使い方についてお話していこうと思います。

まず皆さん、まだテストの出来栄えについて、一喜一憂していませんか?
受験本番で受ける試験問題以外は全て、自分自身の弱点を発見するためのツールでしかありません!
もちろん自分の現在の学力、立ち位置などを知るためにも大きく意味のあるものではありますが、そこで一喜一憂せず、即座に気持ちを切り替えて、弱点克服に時間を充てましょう!
受験では連日での試験という状態も大いに考えられます。
ここで「切り替え」の練習しておけば、本番の際もしっかりと活かすことができると思います。

次に面談について。
前述した通りテストは受けっぱなしでは意味がありません。
面談も同様、受けっぱなしでは意味がないのです。
今後の自分にとって必要なことを、その場ではしっかり聞いた気になって、すぐに忘れてしまっては意味がありません。
なので、面談での話を一字一句聞き逃さないようにしましょう。
面談前には聞きたい内容を整理しておく、自分の意見があるならしっかりと言うなど、面談の時間を最大限有効活用できるようにしましょう!
受験当日までの残りの日程を考えると焦る気持ちも分かります。
しかし、残された時間をより有意義なものにするためにも、気持ちを切り替え、自分のすべき事に集中しましょう!
困ったときや悩みがある時は、いつでも教室スタッフやチューターに気軽に相談してください。いつでもお待ちしています!

ここからが踏ん張り所です!頑張れ!受験生!

増田塾三田校
12/16(日)
難関私大現役合格セミナー(高校2年生対象)
難化する2020年度入試に向けて(※)、あなたの不安・自信の無さを解消します。
そして、
難関私大への合格の可能性を高めます。
(※)2020 年度入試は新入試制度前の最後の入試です。

増田塾では、12月16日(日)に難関私大の入試情報を共有するセミナーを実施します。
セミナーでは、当塾の熟練の講師陣が、難関私大の入試知識をはじめとして、昨今の難関私大入試の傾向、対策などを講演します。講演では、難関私大現役合格に必要な視点や、今後どのような学習をしていくことが不可欠かなど、明日から活かせる私大入試マル秘情報を分かりやすく説明していきます。また当日は、Z会グループのシェーン英会話教室より「4技能対策」についての解説と、「早稲田大学・明治大学」より大学紹介や難関私大を目指すに上でのアドバイスも予定しております。

本来であれば増田塾生限定のセミナーですが、毎年、保護者の方からご友人のお子さんを参加させたいとのご要望を多数いただいていたことから、この度、
定員制の限定招待をさせていただくことになりました。

そのため、本セミナーは事前にお申込みいただいた方から定員に達し次第、
受付を締め切らせて頂きます。難関私大の現役合格を目指す方は、どうぞお早目にお申込みください。


こんな悩みをお持ちの高校2年生の方は大歓迎です!
①難関私大に合格したいが、まず何から勉強すべきか分からない方
学校や部活で忙しくて、効率的な学習が出来ていない方
③学校の定期試験はできるが、模試になるといつも伸び悩んでしまう
このままでは志望校に合格できないと、先生や家族によく言われる方



↓時間や会場の詳細は、以下をご確認ください!↓
【難関私大現役合格セミナー 詳細(PDF)】
※定員制限を設けているため、お早目にお申し込みください。お申し込みは「お電話」にて「セミナーの申込み」とお伝えいただくか、以下の申込フォームにて承っております。

 
↓難関私大現役合格セミナー申込フォーム↓

テーマ:

こんにちは!
増田塾です。
 ついに12月に突入し、2018年も残すところ1か月となりました。
 今週末には「奨学金模試」が待ち受けており、焦りや緊張に駆られている人も多いでしょう。
今回は、そんな『緊張』についてお話ししたいと思います。

皆さんは、スティーブン・ポール・ジョブズという人物を知っていますね?
そう、あのアップル社の設立者の一人、世界的に有名なビジネスマン、スティーブ・ジョブズです。
画期的な新商品をリリースする際、氏はいつも素晴らしいプレゼンテーションを行っていました。
 ですが元々、氏はスピーチが得意という訳ではなく、むしろ苦手だったそうです。
 スティーブ・ジョブズが舞台を前に緊張している・・・なかなか想像しにくい姿ですが、その準備内容を見ると驚きます。

・ 何週間も前から準備を始め、その製品や技術について勉強する  
・ リハーサルは丸2日間  
・ 本番前日は、まったく同じ構成でリハーサルを1~2回行う

どうでしょうか? 数分の内容に対して数百時間の準備をかけ、徹底的な練習の元に臨むのがあのプレゼンテーションの根幹だと言うのです。
先天的なセンスに頼るのではなく、地道な練習によって緊張感をも味方に付ける・・これは受験生の立場からも学ぶ所が大きいと言えるでしょう。
数百日の準備時間に対して、試験本番はたったの数時間であり、そこで実力を出し切らなければなりません。
 緊張感を胸に初見の問題に取り組む際、冷静さの拠り所になるのは、やはり努力の量、反復練習の多さとなります。
「これだけやったのだから大丈夫」 「やれることは全部やった」 これが合格した生徒から聞く、もっとも多い当日の感想です。
ビジネスマンも受験生も、ここ一番の勝負に臨む際の秘訣は同じなのだと言えるでしょう。
 不安感を制するものは反復練習! 受験生の皆さん、年末年始の大詰めに入りますが、ますます勉強の濃度を高めて頑張っていきましょう!
アドバイスが欲しい時は、いつでも教室スタッフやチューターに相談に来てください。
私たちが全力でサポートします!

増田塾
 

12/16(日)
難関私大現役合格セミナー(高校2年生対象)
難化する2020年度入試に向けて(※)、あなたの不安・自信の無さを解消します。
そして、
難関私大への合格の可能性を高めます。
(※)2020 年度入試は新入試制度前の最後の入試です。

増田塾では、12月16日(日)に難関私大の入試情報を共有するセミナーを実施します。
セミナーでは、当塾の熟練の講師陣が、難関私大の入試知識をはじめとして、昨今の難関私大入試の傾向、対策などを講演します。講演では、難関私大現役合格に必要な視点や、今後どのような学習をしていくことが不可欠かなど、明日から活かせる私大入試マル秘情報を分かりやすく説明していきます。また当日は、Z会グループのシェーン英会話教室より「4技能対策」についての解説と、「早稲田大学・明治大学」より大学紹介や難関私大を目指すに上でのアドバイスも予定しております。

本来であれば増田塾生限定のセミナーですが、毎年、保護者の方からご友人のお子さんを参加させたいとのご要望を多数いただいていたことから、この度、
定員制の限定招待をさせていただくことになりました。

そのため、本セミナーは事前にお申込みいただいた方から定員に達し次第、
受付を締め切らせて頂きます。難関私大の現役合格を目指す方は、どうぞお早目にお申込みください。


こんな悩みをお持ちの高校2年生の方は大歓迎です!
①難関私大に合格したいが、まず何から勉強すべきか分からない方
学校や部活で忙しくて、効率的な学習が出来ていない方
③学校の定期試験はできるが、模試になるといつも伸び悩んでしまう
このままでは志望校に合格できないと、先生や家族によく言われる方



↓時間や会場の詳細は、以下をご確認ください!↓
【難関私大現役合格セミナー 詳細(PDF)】
※定員制限を設けているため、お早目にお申し込みください。お申し込みは「お電話」にて「セミナーの申込み」とお伝えいただくか、以下の申込フォームにて承っております。

 
↓難関私大現役合格セミナー申込フォーム↓

テーマ:

こんにちは! 
増田塾三田校です。 
11月も最終週を迎え、週末から12月に突入します! 
受験の前哨戦ともいえるセンター試験まで残り2カ月弱となってしまいました。 
入塾してから今まで「あっという間だった」と思う生徒が大多数だと思います。 
しかし、ここからはさらに早いです。 
今までの倍以上のスピードで本番が迫ってきます。 
なので今回は、残りの期間を如何に効率よく、有意義なものにしていくか、というお話をしていこうと思います。 

11月になりほとんどの生徒が赤本などの問題演習を行っているかと思います(別途指示を面談で受けている生徒は除く)。 
過去問や演習をこなす事自体にも意味はありますが、本番同様の緊張感をもって取り組めばより多くの効果を得ることができます。
現在、皆さんは半年ほど過ごして慣れ親しんでいるであろう校舎で演習を行っていますね。 
本番はもちろん普段とは違った場所、違った人たち、違った環境でテストを受けなければなりません。 このようなことが原因で緊張してしまい、本来の力が発揮できなかったという生徒が毎年一定数います。 
ではそうならないためにはどうすればよいか。

 ①演習時の時間を本来の設定時間よりも短くして行う。
 ②演習時間中はトイレや飲み物などを自分で禁止して試験本番の緊張感を演出する。
 ③試験時間が余ったら必ず”見直し”をすること。 

以上の3点を意識する事です。

①は増田塾だより10月号にも書いてありましたね。
本番は必ずと言っていいほど緊張します。
普段から3~5分程度少なく設定しておくことで、本番で焦ったとしても落ち着く時間を確保することができます。
この数分の余裕があるかないかで大きく変わってきます。
なので普段からその時間を生み出せるよう、少ない時間で実施してみて下さい。 
②は文字通り本番さながらの緊張感を演出してその感覚に慣れておくということです。
③も②と同じで、見直しの癖をつけるということ。本番は緊張してしまい、問題を解き終わったという開放感からそのまま余り時間を過ごしてしまう生徒も少なくありません。
ちゃんと所定の解答欄に解答できているか、マークずれが無いか、名前の書き忘れが無いかを見直す癖を付けましょう。
以前のブログでも書きましたが、こういった日頃の習慣、準備がいざという時に自分を救ってくれます。 
今からでも遅くありません。
本番に向けてしっかりと準備し、緊張感をもって残りの時間を過ごしていきましょう! 

スタッフ一同、やる気ある生徒を全力でサポートします! 

増田塾三田校

 

12/16(日)
難関私大現役合格セミナー(高校2年生対象)
難化する2020年度入試に向けて(※)、あなたの不安・自信の無さを解消します。
そして、
難関私大への合格の可能性を高めます。
(※)2020 年度入試は新入試制度前の最後の入試です。

増田塾では、12月16日(日)に難関私大の入試情報を共有するセミナーを実施します。
セミナーでは、当塾の熟練の講師陣が、難関私大の入試知識をはじめとして、昨今の難関私大入試の傾向、対策などを講演します。講演では、難関私大現役合格に必要な視点や、今後どのような学習をしていくことが不可欠かなど、明日から活かせる私大入試マル秘情報を分かりやすく説明していきます。また当日は、Z会グループのシェーン英会話教室より「4技能対策」についての解説と、「早稲田大学・明治大学」より大学紹介や難関私大を目指すに上でのアドバイスも予定しております。

本来であれば増田塾生限定のセミナーですが、毎年、保護者の方からご友人のお子さんを参加させたいとのご要望を多数いただいていたことから、この度、
定員制の限定招待をさせていただくことになりました。

そのため、本セミナーは事前にお申込みいただいた方から定員に達し次第、
受付を締め切らせて頂きます。難関私大の現役合格を目指す方は、どうぞお早目にお申込みください。


こんな悩みをお持ちの高校2年生の方は大歓迎です!
①難関私大に合格したいが、まず何から勉強すべきか分からない方
学校や部活で忙しくて、効率的な学習が出来ていない方
③学校の定期試験はできるが、模試になるといつも伸び悩んでしまう
このままでは志望校に合格できないと、先生や家族によく言われる方



↓時間や会場の詳細は、以下をご確認ください!↓
【難関私大現役合格セミナー 詳細(PDF)】
※定員制限を設けているため、お早目にお申し込みください。お申し込みは「お電話」にて「セミナーの申込み」とお伝えいただくか、以下の申込フォームにて承っております。

 
↓難関私大現役合格セミナー申込フォーム↓

テーマ:

こんにちは!
増田塾三田校です。 
ますます寒くなり、コートを着ている人もチラホラと見受けられます。 
冬の気配と共に、受験本番が近付いていることを実感しています。

さて高2生の皆さんは、今の受験生たちの雰囲気を感じ取っていますでしょうか? 
もうすでに今年の受験生たち(高3生、高卒生)は受験まで残り90日を切っており、鬼気迫る勢いで勉強に取り組んでいます。 
高2生の皆さんには、ぜひこの期間を、受験学年の雰囲気を体験していただきたいのです。 
自習室に入れば、受験期特有の雰囲気がひしひしと伝わってきます。 
その中に混ざり、勉強するだけで、来年体験する受験学年の雰囲気を一足先に経験することができます。 

『百聞は一見に如かず』 

今週からでもいいです!ぜひこの機会を逃さないように! 
また、自習に来ることで勉強の習慣がつきます。一石二鳥です! 
受験勉強において、こういった雰囲気や習慣などは勉強と同じくらい大事です。 
滅多に経験できないことです!ここでライバルたちと差をつけましょう! 

もし、勉強法やスケジュールの立て方など勉強に関することで詰まったときには、すぐにチューターやスタッフに相談に来てください! 

増田塾はやる気ある生徒を全力でサポートします! 

増田塾三田校


テーマ:

こんにちは!増田塾です。
11月も半ばを迎え、今年も残すところあと50日程となります。
今回は、毎年この時期から流行り始めるインフルエンザについてお話しします。

皆さんは毎年、インフルエンザの予防接種を受けているでしょうか?
しっかり毎年受けている人は、いつも通り受けておくことをお勧めします。
今年は受験が控えています!
普段は予防接種を受けていない人も受けに行きましょう。

「私、体は丈夫だから大丈夫~」
「オレ風邪ひいたこともないし大丈夫!」

と考えていませんか?その考えは甘い!
一度限りの受験本番、もしも罹患してしまえばそれで終了です。
インフルエンザはなってからでは手遅れ。
冬に備えて余裕のある日に通院し、適切な時期に適切な回数の予防接種を受けておきましょう。

また、病は他人から移される可能性も高いことを忘れてはなりません。
もしかしたら、電車で隣のマスクしている人がインフルエンザの可能性も・・・
そう考えるとぞっとしますね。
マスクの着用、手洗いうがいの徹底等、すぐ出来ることがたくさんあります。
今年は特に対策が必須です!
少し神経質になるくらい対策をしましょう!

悩みや相談があれば、教室スタッフやチューターに気軽に相談してください。
増田塾はやる気ある生徒を全力でサポートします!

増田塾


テーマ:

こんにちは! 

増田塾三田校です。

 

 今週から高2生「秋コース」が開講しました!

 来年の受験本番に向けて、この秋から新たに受験生となる高2、高1生へ向けてメッセージを送りたいと思います。 

厳しい勉強生活を乗り切り、自身が掲げる志望校へ現役合格を果たすために必要なものとは何だと思いますか? 

 

それは、学校生活と塾を両立し、勉強時間をしっかりと確保する習慣を持つことです。

 現役合格に向けて、学校と塾の両立は必須です。 

部活や行事で忙しい中でも、勉強時間を確保しなければなりません。

 高2生の内に受験勉強のタイムテーブルに慣れておくことが、明暗を分けると言っても過言ではないでしょう。

 

 そしてもう一つが、英語の基礎力の徹底です。 

単語覚えていくこと、文法事項の理解、精読の基礎。 

これらをコツコツと続けていく地道さが、最後に大きな差を生みます。 

高2生の内だからこそできる基礎力の構築に、この秋からしっかり取り組んでいきましょう。 

私たち教室スタッフも全力で指導していきます! 最後に、『やる気』を持って取り組むこと! 

皆さんの現在の熱意を、どうか大切にして下さい。 

その気持ちを受験当日まで持ち続ける事が、合格への鍵となります!

 

勉強方法やスケジュールなどについて質問があれば、いつでも教室スタッフやチューターに気軽に相談してください。 

私たちが全力でサポートします! 

 

増田塾三田校 


テーマ:

こんにちは!

増田塾三田校です。

 

後期期間も半分が終わり、ついに後半戦に突入しました。

今年も残すところ、あと2ヶ月となります。 受験本番の近づきをひしひしと感じますね!

 

さて10月、11月は外部模試も多く、体力的にも精神的にも少しずつ疲労が溜まってきていることと思います。

ただ、受験が始まると今以上に大変になります。

人によっては10日連続で試験といった日程を組まざるを得ない状況になるかもしれません。

なのでこの期間をぜひ練習だと思い、一日でしっかりと疲れを取れるように工夫してみましょう!

 

もちろん休息は大事です。

しかし「過剰な休息」は害でしかありません。

残り時間は僅かです。心の弱さからくる「休みたい」という誘惑に負けず、全力で勉強に臨みましょう!

新たな成績評価が示された今だからこそ、気持ちの切り替えがとても大切です。

ここでしっかりと気合を入れ直し、チェックテストや実力テスト、一つ一つを大切に過ごしていきましょう!

 

「努力」無き「成功」はありません。

未来の成功のため、今の努力を積み重ねましょう!!

最近は昼夜の寒暖差が激しく、非常に体調を崩しやすい時期です。 健康管理にも充分に気を付けてください。

悩みや相談ごとがある際は、教室スタッフやチューターに気軽に相談してください。

 

皆さんのやる気をスタッフ一同、全力でサポートします!

 

増田塾三田校


テーマ:

こんにちは。
増田塾三田校です。

まずは先週の実力テスト、お疲れ様でした。
日頃の訓練の成果は発揮できましたか?
手ごたえがあった人も、そうでない人も、すぐに次の目標を見据えて動き出しましょう。
せっかくの復習期間、立ち止まっている暇はないのです!

復習期間の度に生徒のみんなには伝えていますが、復習期間はそれまでの苦手科目や苦手単元を克服するための、非常に重要な期間です。
今回も集会や個別面談でみんなをフォローしつつ、週の後半では総まとめテストが待ち構えています!
気持ちはもちろん、身体も最高のパフォーマンスができる状態を保っていきたいところですね。

スポーツの世界もそうですが、プロは練習だけではなく、身体の管理も絶対に手を抜きません。
みんなは受験生のプロとして、帰った後の手洗いうがい、インフルエンザの予防接種などはもちろん、寝るときにマスクをしたり、夜更かしではなく早起きして勉強するなど、日常生活の中でも体調を崩さない工夫を取り入れましょう。

風邪ウイルスなど吹き飛ばし、気合十分で後期後半を迎えましょう!
三田校スタッフ一同、全力で応援しています!

増田塾三田校
 


テーマ:

こんにちは。

増田塾三田校です。

最近はどんどん涼しくなり、過ごしやすい日が増えてきました。

ついに後期前半が終了し、早くも第5回実力テストを迎えようとしています。

 

今更ですが、皆さんはチェックテスト(毎週行う授業復習テスト)と実力テスト(定期的に行う総まとめテスト)に対して、どのような心構えで臨んでいますか?

 

「実力テストや総まとめテストは成績が出るからがんばろ」

 「チェックテストは成績表が出るわけでもないから実力テストでとれればいいや~」

 

まさかとは思いますがこのような考え方してる人はいませんよね?もしいたら大変危険です。

受験とは基本的にたった一回の試験の出来によって決まってしまいます。

そのことは皆さんよく知っているかと思います。

ただ、その一回こっきりの本番で普段通りの実力を発揮することはとても難しい。

以前のブログでもお話ししたと思いますが、努力量と緊張度は比例します。

 頑張れば頑張る程、本番でいつも通りのパフォーマンスをすることは難しくなるのです。

ではどうすればよいか。

それは習慣化することです。

普段から緊張感を持って演習やテストを行えばその分、慣れが生じてきます。

そして皆さんには毎週のチェックテストがあります。テストに慣れるのにはもってこいですね。

普段から一点に執着し、最後の一秒まで点を取りに行く姿勢。 学力だけでなくこういった姿勢や心構えも日頃からの努力によって培われます。

練習でできない事が、本番ではできるはずがない。このことを覚えておいてください。

 

「常在戦場」

 

この言葉を胸に、最後の最後の最後まで、ひたむきに、そして諦めることなく走り切ってください。

 

増田塾はやる気ある生徒を全力でサポートします!

 

増田塾三田校


テーマ:

こんにちは!
増田塾三田校です!

後期前半も終盤に入りました。
来週には実力テストが待ち構えています!
しかし、だからといって普段のルーティンであったり、学習のスケジュールや習慣を崩すようなことはしてはいけません。
焦らず、しかし決して歩みは止めることなく、実力テストを迎えましょう!

さて、今回は皆さんから多く寄せられるこんな相談に対して答えていきたいと思います。

「普段の問題演習では点数を取ることができるのに、テスト(模試や実力テスト)では緊張していつもよりも多くミスしてしまう」

このような質問は現役生から多く受ける相談です。
もちろん高卒生からも受けることもあるのですが、まだ受験を経験していない現役生からの相談がはるかに多いです。
ではどうすればよいのか。

まず1つ目は「緊張度=努力量」ということを覚えておくこと。
基本的に人間はどうでもいい事や努力していないことに関して緊張しません。それは努力していないから結果がどうなっても「まあ頑張っていないし仕方ないよね」と納得することができるからです。
逆に緊張するということは、今までその物事に対して真剣に取り組んできたからこそ、それ相応の結果を出したい!という気持ちがあるからなのです。
なので、もし緊張しているなと感じたら、緊張できるほど頑張ってきたのだから大丈夫と自分の自信に変えてしまいましょう。

2つ目は普段から緊張感を持つようにすること。
過去問演習であったり、問題演習を解く際には、試験のように時間を決めて解く。
こうすることで試験の時の時間に追われる重圧に慣れることができます。

最後は「自分なりのルーティン」を作ること。
過去に「試験の時は必ず制服で行く」といった生徒がいました。
理由としては、当日服を決めるので時間を取られたくないということと、普段から着ているものを着ることで特別感をなくすという2点があったとのこと。
イチローも毎日同じものを食べることで体の調子を一定に保っているという話をよく聞きますよね。

いかがだったでしょうか。
緊張しないための下準備もやはり日々の積み重ねの中にあるのですね。

受験まで残り約4ヶ月。
最後の最後で後悔しないように今できることを全力で取り組んでいきましょう!

皆さんのやる気をスタッフ一同全力でサポートします!

増田塾 三田校

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス