ますだ裕二「脚下照顧」オフィシャルブログ
生まれ育った中区から。県政を変革!!

子供からお年寄りまで安心に暮らせる街を目指して!!


ますだ裕二オフィシャルホームページはこちら


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

5月臨時議会が開催されました

こんばんは。

ますだ裕二です。


本日は、議員総会に続き

5月臨時議会が開催されました。


知事から以下の通りです、提案理由の説明がありました。




令和3年5月 臨時愛知県議会 知事提案説明要旨

新規陽性者数は、7日間平均値で5月1日には300人を越え、入院患者数は過去最高水準となるなど、大変厳しい状況が続いております。

また、医療提供体制については、入院病床は、県医師会、県病院協会、各病院のご協力をいただき、これまで確保した1,215床+αに加え、更なる増床をお願いしているところですが、長期にわたって従事していただいている医療従事者の皆様の疲労が蓄積するなかで、感染者が再び増加し、診療体制を組むことが徐々に困難になっております。

このような状況を受け、5月12日から5月31日までの間、国の基本的対処方針に基づく緊急事態措置を講じることといたしました。

県民の皆様には、不要不急の行動の自粛、県をまたぐ不要不急の移動自粛、高齢者等への感染拡大の防止や基本的な感染防止対策の徹底をお願いいたします。

事業者の皆様には、営業時間の短縮等について、明日12日から県全域の飲食店等を対象として、営業時間を20時までとするとともに、酒類の提供は取り止めていただきますようお願いいたします。

さらに、業種別ガイドラインの遵守、出勤者の7割削減を目標にテレワーク・時差出勤を徹底し、接触機会の低減を図るとともに、職場クラスターを防ぐ感染防止対策をお願いいたします。

また、イベントの開催は、人数の上限を5,000人かつ収容率は50%以下とし、学校等では、寮生活・部活動など集団行動での対策徹底や生徒のみでの会食自粛、修学旅行等の宿泊を伴う行事は中止又は延期していただきますようお願いいたします。

それでは、今回提案をいたしております補正予算案について、その概要を申し上げます。

補正予算の総額は、651億4,049万余円でございまして、会計別では、一般会計で646億8,705万余円、県立病院事業会計で4億5,344万円を増額補正するものであります。

県の営業時間短縮等の要請に応じていただける事業者に対して交付する「愛知県感染防止対策協力金」につきまして、今般の緊急事態措置の実施に伴い、必要となる協力金を増額するものであります。

また、大規模施設及びテナント・出店者に対しても、営業時間短縮要請に応じていただいた施設の面積に応じた協力金を交付してまいります。

あわせて、県全域の飲食店等に対する見回り活動を実施してまいります。

さらに、新型コロナワクチンの高齢者接種及びそれに続く住民接種を加速するため、名古屋空港ターミナルビル及び藤田医科大学に大規模集団接種会場を開設してまいります。

よろしくご審議の上、適切なご議決を賜りますよう、お願い申し上げます。

提案理由の説明の後、委員会附託がなされ、全ての議案が全会一致にて可決されました。

令和3年度4月臨時愛知県議会

こんばんは。
ますだ裕二です。

まん延防止等重点措置発令に伴い、4月臨時議会が開催されました。

知事より、提案理由の説明があり、委員会付託後、全会一致にて可決されました。


令和3年4月 臨時愛知県議会
知事提案説明要旨

愛知県の新規陽性者数は、3月後半から徐々に増加し、7日間平均値で3月25日には50人を上回り、ステージⅠからステージⅡになり、4月13日には160人を越え、ステージⅢとなりました。7日間平均の入院患者数も4月15日には300人を越える水準となり、第4波に入っていると認識しております。

このような状況を踏まえ、本県では、国に対し、4月15日に「まん延防止等重点措置」の適用を要請し、4月16日に、埼玉県、千葉県、神奈川県とともに、その適用が決定されましたので、4月20日から5月11日までの間、国の基本的対処方針に基づく重点措置を講じることとしました。

名古屋市内の飲食店等に対しては午後8時まで、名古屋市以外の地域の飲食店等には午後9時までの営業時間の短縮をお願いするとともに、県民の皆様には、不要不急の外出、大型連休中の旅行や帰省などの自粛、高齢者等への感染拡大の防止や基本的な感染防止対策の徹底、事業者の皆様には、業種別ガイドラインの遵守やイベントの開催制限など、引き続きご協力をお願いいたします。

本県としましても、引き続き、国、市町村、医療機関と協力し、感染症の克服に向け、ワクチン接種体制整備の加速、高齢者施設等のスクリーニング検査の実施、モニタリング検査の実施など、検査体制及び医療提供体制の更なる強化と維持に全力で取り組んでまいります。

今回提案をいたしております補正予算案について、その概要を申し上げます。

補正予算の総額は、
548億1,550万円をを一般会計で増額補正するものであります。

まず、県の営業時間短縮要請に応じていただける事業者に対して交付する「愛知県感染防止対策協力金」につきまして、今般の「まん延防止等重点措置」に伴い、売上高に応じた交付額に変更するとともに、新たに、カラオケ設備の利用自粛に対する協力禁を交付してまいります。

次に、県内の飲食店等に対する見回り活動を実施するとともに、換気や飛沫対策などの具体的な感染防止対策のアドバイスを行う相談窓口の開設や動画の作成、県が飲食店等の感染防止対策の認定基準を定め、その実施状況を現地で確認し、認定する新たな制度の整備を行うものであります。

また、休業や失業により収入が減少した世帯への生活資金の貸付けにつきまして、申請期間が延長されたことに伴い、貸付原資を増額するものであります。

よろしくご審議の上、適切なご議決を賜りますよう、お願い申し上げます。

まん延防止等重点措置の実施に伴う愛知県感染防止対策協力金について

こんにちは。

ますだ裕二です。


まん延防止等重点措置の実施に伴い、

4月20日から5月11日を対象期間とする「愛知県感染防止対策協力金(4/20~5/11実施分)」を実施させていただくことになります。

(予定)


営業時間短縮要請に係る協力金については、売上高に応じた交付額に変更するとともに、新たにカラオケ設備の利用自粛に対する協力金を設けます。


【営業時間短縮要請枠】



【カラオケ設備利用自粛要請枠】


よくある質問につきましては下記に掲載致します。








愛知県議会の議決が必要となるため、あくまでも予定となっています。

飲食店等の皆さま方には、今一度、お願いをさせていただくことになりますが、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。

詳しくは、

営業時間短縮要請、カラオケ設備利用自粛要請、「愛知県感染防止対策協力金(4/20~5/11実施分)」、「安全・安心宣言施設」PRステッカー等については、県民相談総合窓口(コールセンター)までお問い合わせください。

電話番号:052-954-7453

開設時間:午前9時から午後5時まで
    (土曜日、日曜日、祝日を含む毎日)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>