今回は新ダイワのチェンソーE2025CSです。

柏崎市の造園業者様の紹介で入庫しました  (ノ゚ο゚)ノ

 

症状は①エンジン吹けない ②リコイル滑る時ある

 

柏崎市内の購入店で整備したけど改善しないって事で小関が治す事になりました。

これ、結構凝った作りに驚かされます。

真面目に造ってますね。

ロックナットが脱落しない構造も面白い造り。

ナット座部分に溝加工をしてリング状の針金で固定って…

 

まずは状況確認の為、始動テスト Σ(゚д゚;)

ってすぐに異常を確認、全然吹けませんし始動性も悪いんですね。

排気ガスの臭いも異常、アレがおかしい時の臭いがします。

おまけに突然失速現象もありとても樹上作業はできません ヽ(;´Д`)ノ

 

って事で作業開始。

まずは排気ガスの臭い異常の確認~ と加速不良の重要参考人招致。

やはり駄目でした、スパークプラグギャップ。

測定の結果「0.25mm」明らかに狭くなってます、側方電極の角度も凄く変。

試しにプラグを交換したところ加速感は復旧、でも高速回転がダメダメです。

 

前に分解したメカさんがどんな事してるか不安なので詳細に点検します。

燃料配管のカバーが浮き上がってます(´_`。)

押すと強い弾力を感じます、プラスチックの反発じゃない手応えを。

やはり燃料配管の取り回しが間違っていてカバーで配管を潰してましたね

赤い破線が正しいルート。

近道しちゃってます。

シリンダーの状態はマフラーを外して内部を確認。

シリンダー壁とピストンを確認です。

シリンダーはメッキに摩耗と傷がありますが何とか使用可能なレベル。

ピストンもギリ・セーフかな。

キャブはハンディーポンプでリークテスト、結果両行です。

が…、ここにも組付けミス

吸気部のゴムダクトがきちんと取り付けてありません。

各部に分解した痕跡があり不安になります ( ̄□ ̄;)

スタータの滑りはもちろんココ。

ポールが摩耗しちゃってます。

もうダメダメですね、蓄力スプリングと一緒に交換が必用。

 

STIHLのMS150もそうですが「落としがけ」する人の機械はこうなりがちです。

優しく引く構造です、くれぐれも落としがけはやめましょうね。

 

エンジン回転不調はキャブレターの空燃比調整を行い問題無く回るようになりました

リコイル部はパーツの入荷待ちとなりました。

 

 

 

 

進行中のホンダ除雪機HSM1180iのエンジンメンテナンス ヽ(゚◇゚ )ノ

クランクケースとクランクシャフトのマッチング確認。

スラスト値のチェックをしてから他のパーツを組み込みます。

ガバナーアームを組み付けたところ。

このアーム、この状態で組まないとダメ、後からは入りません ∑(゚Д゚)

タペットの組付けです、これもクリアランスは様チェック。

次はピストンとコンロッドの組付け。

コンロッドボルトは必ずトルクレンチ(信頼できる品質の物)を使い締めます。

締め付けトルク値が小さい為(14N)一番神経を使うところです。

締めすぎるとビッグエンドが簡単に焼き付きます ヽ(;´Д`)ノ

これ、カムシャフト。

銀色の部品はオートデコンプです。

これがあるので390ccのエンジンでもリコイルで簡単に始動出るんです。

ヤマハSR400なんかは左ハンドルのレバーで手動セットする構造ですよね。

カムシャフトとバランサーシャフトを組み込んだ図。

各軸間で合わせマークがあります、間違うと悲惨な事に (−_−#)

白いプラスチックのギヤがガバナーギヤ、クランクシャフトにより駆動されると中央の3つのウエイト開き回転数を自動調整します。

 

このカバーで蓋をして腰下の整備は完了します。

これが完成した腰下。

自動車業界では「ショートエンジン」とか「ショートブロック」と呼ぶ状態です。

ホンダ汎用エンジンはこの状態での供給はありません。

 

このあと、機体からダメージのあるエンジンを降ろして換装します。

 

残りの作業は後日アップしますね。

 

地震水害が日常の出来事に感じます。

万が一の時に必要な発電機、でも重要な時に動かないのが発電機

今日は柏崎市内の大手自動車部品メーカーにお邪魔して非常用発電機の定期メンテナンスプラン作成の打ち合わせをしてきました。

 

事業所内に小型移動用発電機をお持ちですが定期的なメンテナンスのシステムが無く、もしもの時に困らない為にどうすれば良いかと言う事で呼んでいただきました。

↑の新ダイワieg900も数年間未使用、ガソリンの抜き取りをしていない為不動の状態です。

多分、事業所内の非常用発電機は皆同じ状況でしょう。

 

という事で、内部の劣化具合の確認とこのタイプの発電機イイのか?という課題を取りまとめて報告する事となりました (ノ゚ο゚)ノ

じつはこの機種、ヤマハEF900isOEMモデル

ヤマハ製ですね。

この機種、キャブを外すにはフロント側カバーを外す必要があります(簡単ですが)

 

タンク内は劣化ガソリンが1リットルほど残ってます。

フロートドレーンからは黄色いガソリンが出てきます (´_`。)

やはり長期未使用は本当でしたね。

フロートチャンバー内は黄色いネバネバが付着。

メインジェットは完全に塞がってます ∑(゚Д゚)

かなり劣化が進行してますね。

非常時にパソコンの電源確保が目的の完全な非常用発電機なので平時は忘れられがちな存在ですが、非常用だからこそメンテナンスが重要なんですね。

 

今回は2通りの提案をさせていただく事とします。

プラン① 6カ月ごとの点検とガソリンを完全に抜き取ったドライ状態での保管

      緊急時用にガソリンは「ガソリンの缶詰」を備蓄*保存期間は最長3年

 

プラン② カセットガス発電機への機種変更

      事業所内でのガソリン保管が不要で防火上メリットが大きい。

      ガソリン機より格段にトラブルが少なく非常用として向いている。

      試運転後の燃料抜き取り作業が不要(従業員の方でも可能)

 

我々プロの目で見ると②が最適解です。

カセットガスは家庭のキッチンにあっても安全性で問題になる事はまずないですよね ヽ(゚◇゚ )ノ

ガソリンほど保管に気を使う必用もなく長期間保管できます。

 

エンジンもキャブレターは使用しておらずミキサー内部の残留ガスも簡単に抜けます。

 

って事で報告書を作成する事としました。

 

 

 

 

 

刈払い機電動化が押し寄せています ( ̄□ ̄;)

 

当然、エンジン機の知識では修理対応出来ません。

今回の症状は:トリガー握っても微動だにしない ヽ(;´Д`)ノ

 

バッテリーの充電はOK、緑のランプが4個点灯します。

この機種、電子制御にトラブルがあると緑のランプが赤く点灯します。

日立工機と似たエラー表示です。

でも、今回は緑4個 (iДi)

まずは配線の断線・ショートのチェックから~

これ、機体先端にあるモーターです。

全然密閉されていない事に驚き。

モータ背面にはエレクトリックモジュールがあります。

目視点検では問題無い。

これ、トリガー内部にあるスイッチ

握り量を検出する為にボリュームが内蔵され5極の端子からモジュールに信号をおくります。

外すと2極の平端子がありますがこれは使用していませんね。

 

部品の構成はこの他にバッテリー配線だけ (ノ゚ο゚)ノ

凄くシンプルですね。

 

サービスマニュアルを確認しても配線図が在りません (´_`。)

STIHLカスタマーに確認すると「配線図はありません」との事…

電気製品のサービスマニュアルで配線図が無いって困りますよね~

で、コレが無いと診断出来ないんです。

STIHLバッテリーツール用診断機 (ノ´▽`)ノ

 

コレとパソコンを使い不具合診断します。

で、接続すると

診断機の液晶には↑の表示

この表示がくせもの

表示された要素を点検しても異常が無いんですよね。

PCでの診断画面(診断データ画面の写真撮り忘れました) (つД`)ノ

 

ちなみに出た結果は

①配線の不具合 断線またはショート

②バッテリー端子の汚れ・接触不良

③バッテリー本体の不具合

④各部品の不具合

ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ ヽ(`Д´)ノ

おいおい…

要するに「特定不能」なので色々な原因が考えられますって申してます。

 

しかた無いのでハーネスの導通テストを地道に行い問題無いのを確認。

バッテリー端子とバッテリー単体も点検OK。

残るはスイッチとモジュールとモーターだけ、モーターは抵抗値と短略点検問題無し

 

となるとスイッチ又はモジュール、どちらかが犯人ですがスイッチの単体点検はOKなんです ヽ(;´Д`)ノ

 

結局、電子制御機も診断機での不具合特定って出来ない事の方が多いのが現状。

サーキットテスター日頃培った電装修理経験が欠かせないんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

山形県よりお持ち込みいただいたHSM1180iのエンジンを修理します ヽ(゚◇゚ )ノ

修理と言っても焼き付きによるエンジンオーバーホール

どうせオーバーホールするなら11馬力エンジンを13馬力仕様にってご要望です Σ(゚д゚;)

GX340⇒GX390化します。

 

せっかくお金かけるなら馬力がアップした方が良いですよね。

バックオーダー部品が2点あり少し遅れましたが作業開始です。

新品のピストン、輝いてます。

ホンダのピストンは仕上げが美しいんで好きです (ノ´▽`)ノ

部品の精度測定が完了、これから組み上げますよ。

 

長野県よりお持ち込みいただいたSTIHL 024AVの整備です ヽ(゚◇゚ )ノ

まだまだ現役 024AV。

 

今回はカッターの換装

現在の仕様は.325 1.6mmゲージなんですがご要望は1.3mmゲージ

カッティングスピードの向上が目的のコンバートです。

今回のチョイスは↑ 純正3/8Pのリムスプロケットキットを装着。

024AVなので交換は簡単、Eリングをはずしてドラムを替えるだけ ( ̄□ ̄;)

オイルポンプの爪もないんで楽ですね

クラッチが残るタイプ、スプリングのヘタリ、クラッチの焼損は有りません。

って事で装着完了 3/8P 7T (ノ´▽`)ノ

当然ガイドバーも1.3mmゲージの物に交換します

追加作業でキャブレターのオーバーホール。

何の変哲もないウォルブローWTです。

ダイヤフラムはいつものを使いますが、ちょっとした変化に気づきました (  ゚ ▽ ゚ ;)

ポンプダイヤフラムの表面仕上げがいつもと違います

部品番号は同じなんですが…

プレーンでマットなやつじゃなくて規則的にクロスした縞模様が薄っすら浮き出てる感じ。

*布地の模様のような…

サラサラ系って表現したらいいのか?

キャブボディーは洗浄し気密点検して組み上げます。

これで出来上がり。

完全硬化していたインパルスホースも交換

あとは長年の堆積物を清掃して完了です (´_`。)

 

週末には間に合いそうです。

昨日から開催中のPLOW大感謝祭 ヽ(゚◇゚ )ノ

沢山の皆様にご来場いただきありがとうございます。

今日も天候がよいので屋外で薪割り機ロープウインチチェンソーの実演&体験会を行ってます (ノ´▽`)ノ

絶対来てくださいね。

 

STIHL M-tronicチェンソーをお持ち込みいただければエンジンデータ診断を無料で行います。

自分のチェンソーって何時間使った?、何回エンジンかけた?なんてのも見れますよ Σ(゚д゚;)

 

 

 

 

 

ついに明日からPLOW大感謝祭を開催いたします ヽ(゚◇゚ )ノ

皆さまにPLOWを楽しんでいただく2日間

急ピッチで準備作業が進行しています ヽ(゚◇゚ )ノ

STIHLチェンソーも皆さまのお越しをお待ちしております。

購入特典もちゃんと準備していますよ。


刈り払い機の在庫台数80台以上 (  ゚ ▽ ゚ ;)

新型芝刈り機もスタンバイ。

ご要望の多かったチェンソー・スペアパーツも増強しました。

スタッフ一同心よりお待ちしております。

 

 

 

日頃からPLOW上越店をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

 

今月末6/30(土)7/1(日)の二日間、PLOW大感謝祭を開催します ヽ(゚◇゚ )ノ

PLOW商品を皆様に身近に感じていただく2日間!

 

当日はPLOW薪割り機をフルラインナップ(ノ´▽`)ノ

薪割り体験会PLOW薪割り機全機種で試し割をしていただけます。

又、ご自分の薪で「これ割れるかな?」ってのをご持参いただくのも大歓迎。

 

そのほか、ロープウインチの実演会やチェンソー体験会など楽しんでください。

 

そして今年も「中古除雪機市」やります ヽ(゚◇゚ )ノ

高品質な中古除雪機をご用意しました。

価格は当日店頭にて掲示します、是非お見逃しなく!

 

皆様のご来店、社員一同心よりお待ちしております。