テーマ:

皆様こんばんは。江戸川区議会議員のます秀行です。


1年生議員として4年間の間、議会における賛否表明を振り返ってみました。

平成23年5月~これまでのところ(議員提案・発議案・意見書を除く)


賛否の審議がなされた区長提出議案は全部で352本(賛成320本 反対32本)でした。10%程度の反対でした。もう少し多い感じはしていましたが、反対議案には力いっぱい反対するため印象深いのかも知れません…


『是々非々で臨む』と決めた四年間でしたので、そう言った意味ではぶれずに目標を達成できました。それにしても自民党会派の15名と、公明党の会派13名は全員が352本全てに賛成とは。44名の定数ですから、事実上この2会派が賛成してしまうと全て可決してしまいます。


本来、地方議会は首相を与党から選ぶ国会と仕組みが異なり、区長と議会がそれぞれに独立しています。そうであれば、地方議会ももっと激しい議論が交わされてもよいはずなのです。実際に大阪市や他の自治体でも区長提案の議案が反対されたり修正されたりしています。しかし江戸川区議会の実態として、この4年間議案を修正はおろか否決は一本もありません。



『是々非々』・・・(何でも賛成、何でも反対ではなく、良いものは良い、悪いものは悪いと個別に判断していく事。)


『反対すればいいってもんじゃない』

確かにその通りです。私も徹底した是々非々姿勢ですから、仮に全てが正しいと判断したら全てに賛成票を投じます。しかし、そんな事はまずありません。家族であっても学校であっても会社の中でも多くの人間が集まれば、時として意見は割れるのが当たり前でしょう。


とは言え、会派制度という合理的手段のもとに議会運営されている訳ですから、思いつくがままに反対票を投じていても議会がままならなくなるのでそれはそれで難しいものです。


それではどこを改善したらよいのでしょうか。


本会議場はあくまで最後に採決する場ですので、それ以前に委員会や執行部側との打ち合わせによって、会派側の意見を議案に反映させてもらう作業、これを徹底して行う事が一つ考えられます。また、時に修正案を出したり、意見調整がうまくいかない場合などは本会議場で否決してもよいのです。


「可決」が当たり前になってしまうのが一番怖い事です。賛成が当たり前となれば機械的に票を投じるだけとなり、一つ一つの議案を掘り下げる作業をしなくなってしまいます。人間ならば当然でしょう。


江戸川区議会は4月に改選を迎えます。どうにか改革派の議員を一人でも増やし、議会改革を進めていきたいと思います。


議会改革は → 役所改革に繋がり → 役所改革は区民生活改善に繋がる のです。


だとすると、区民の生活をよくしていく為には、議会を改革すればよいという事になります。それでは区民がどうしたら議会改革をできるのか。投票です。投票によって改革派の議員を一人でも多く誕生させる事ができれば、生活改善に必ず繋がります。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様こんばんは。江戸川区議会議員のます秀行です。


 区議会に限らず、都議会にも国会にも『陳情』が寄せられます。そもそも陳情とは、『●●をして欲しい、作ってほしい、●●は中止して欲しい』など、誰もがどのような内容でも出す事ができるものです。 


江戸川区議会の陳情はコチラから


この陳情が形となるまでには、行政としておよそ以下のような手続きを経ます。


①議会が陳情を受理する


②議会にて審査、意思決定を行う


③議会の意思決定を受け、行政(区役所)が検討する


 さて、今年度私が所属する建設委員会にも多くの陳情が付託されました。本日開かれた委員会では、3本の陳情の採決が行われました。つまり、採択(陳情は妥当だと判断する)か不採択(陳情が妥当ではないもの)を諮るものです。


 ここで問題にしたいのは結論の出し方です。


 本来は、『採択』か『不採択』しかないのですが、例外的に『趣旨採択』や『一部採択』なるものが用意されています。一見しただけでは便宜的なものと解する事もできますが、この内容には大きな問題があります。


平成21年の建設委員会の資料には次のようにあります。


採択   … 願意が妥当であり、かつ実現性のあるもの。よって両方の要件を満たしていなけれ

        ばならない。


不採択 … 願意が妥当でないもの或いは、実現性がないもの。よって、願意が妥当であっても、

        実現性がないものは不採択である。


趣旨採択 … 願意は妥当であるが、実現性の面で確信がない場合。


一部採択 … 陳情の内容が数項目あり、その一部について採択とし、残りを審議未了とするこ

          と。



 趣旨採択のどこが問題なのかと言えば、『実現性の面で確信がない場合』の部分です。もちろん議会として、このような結論に至ってしまう事もあるでしょう。採択か不採択だけでは判断出来ない内容の場合は、確かに便宜的な手段と言えます。


 しかし、今回採決された陳情に対しては各会派とも『陳情内容の一部はすでに実行されつつあ

る』と認識しています。そうであれば、『採択』すべきが本来の結論となるはずなのです。

 そもそも議会は、住民代表の素人集団とも言えます。その為、法律が実行される現場の細部に渡る手続きまでは分からないのです。そうであるからこそ、陳情の願意を汲み取った上で期待も含め採決してもよいと言えるでしょう。その陳情に実現性があるのかないのかは、議会ではなく行政(区役所)が判断する事なのです。議会で陳情が採択されたところで、即座に法的拘束力を持って実行されるものでもないのです。上記の①②③の手続きをご参考下さい。


 今回は、私の会派以外は全て『趣旨採択』の結論を出していました。意見開陳では陳情の実現性を認め、結論では実現性の確信がない『趣旨採択』としては、聞いていて何だか分からなくなってきました。


 私は『採択』の結論を出しましたが、このようなグレー色の結論を出そうとするのも民間出身の私にはとにかく違和感があるものでした。陳情者はどのように受け止めるのでしょうか。



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

皆様こんばんは。江戸川区議会議員のます秀行です。


昨日から、元みんなの党の参議院議員らによる『新党結成』の報道がなされています。みんなの党解党後、元議員らによって新党が結成されるのは初めての事です。


メンバーには、松田公太参議院議員を先頭(党首)に井上義行、山口和之、山田太郎参議院議員に加え、次世代の党を離党したアントニオ猪木参議院議員の5名です。


『ますさんはどうするの?』とたくさんの方からご質問をいただきましたが、『まだ分かりません』とお答えしています。今日現在では政策が見えていないため議員として当然です。


私自身、みんなの党があった頃から解党後の現在も、様々な場面で松田公太議員と行動を共にしてきました。なぜなら松田議員は、私が信じていたみんなの党の政策実現に向け全力を尽くしていた事、同じ起業家(比較になりませんが…)としてビジネスに精通されている事、そして何よりも組織のあり方について筋の通った持論を展開されているからです。


私がこの世界に飛び込んでもうすぐ4年が経過します。この間の野党運営はとても評価できるものではありません。私は民主党の失敗も、みんなの党の解党も、政党内部のガバナンスが効かなかった事に一つの原因があると思っています。


解党したみんなの党の政策は、解党した今でも素晴らしいものだと思っています。昨年の解党が失策によって国民から見放されたものでなく、内部の統率が効かなくなったという理由は本当に残念で仕方ありません。組織の内部がもっと統率されていれば解党には至らなかったはずです。だからこそ、政党には組織に精通した人間が欠かせないのです。出来た政党がボロボロと崩れてばかりでは有権者の期待をいつまで経っても受け止められません。


しかし、組織の前に政党は『何をするか』(政策)が最も重要です。今回の新しい政党が『何をするか』がはっきりした時点で自身の身の振り方を決めさせて頂きます。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。