テーマ:

今日は、参議院議員会館で『みんなの党東京プロジェクトの勉強会』が行われました。

出席者は、都内の地方議員が30人くらいでしょうか。講師は江戸川区の上田先輩と、世田谷の田中優子区議。上田さんは党内でも実力・性格とも評価が高い。


たくさん話題があった中で、議会改革の話に関心を持ちました。各自治体の議員はそれぞれの地元で「より開かれた議会」を求めているようですが、比較すると江戸川区は「かなり開かれていない議会」なのだと改めて実感!です・・・


でも、みんなの党だからこうした問題がフォーカスされるのですね。この党を選んでつくづくよかったよかった。


さて、開かれていないという論拠です。


予算特別委員会・決算特別委員会の構成(23区で)

・おおむね全議員 14区

・おおむね半数   7区

・その他       2区


江戸川区は、その他の2区に該当します。会派間で調整され議員のおよそ1/3で構成されている事になります。


そして引き続き”交渉会派”の話題にも関連しますが、同委員会に一人会派の選出がなされていないのは、23区で江戸川区のみ


議会内では少数意見であっても、選挙に当選している以上、少数意見とは言えないはずです。


「やりがいあるじゃん、江戸川区議会改革」と他の自治体の友人議員に声を掛けてもらいましたが、やりがいありすぎますね。

具体的に改革を行い、しっかりと改革の結果を残せるように準備中です。
























AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

平成23年第1回臨時会において、議長に島村和成議員、副議長に竹内進議員が選出されました。

http://www.gikai.city.edogawa.tokyo.jp/g07_OshiraseView.asp?SrchID=49  


選出されました、と言うよりも「選出される事が決まってました」と言った方が正確だと思いますが・・・


なぜか?


会派の件と同じように、事前に幹事長会で決まっていたようです。議長は最大会派から、副議長は第二会派からと。慣例のようです。

例え議長を選挙で決めるにしても、最大会派が推す議員が選出される事になるわけですが、問題はこの過程だと思います。


選挙か無選挙か?


議員からの申し出が無い場合は、選挙を行わずに決定するそうですが、今回は当会派からも選挙を行うように申し入れを行いました。


結果が同じであっても過程を表に出して決定する事が大切なわけだし、開かれた議会であるにはこれが必要なのだと満足していました。


結果、

議長選挙は44人の投票で2票が無効票

島村議員 37票

瀬端議員 4票

上田議員 1票   でした。


副議長選挙は44人の投票で2票が無効票

竹内議員 36票

小俣議員 4票

上田議員 2票   でした。


例えもともと決まっていたとしても、選挙を経て堂々と決まった方が選出された方が気持ちがいいのではないでしょうか。












AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

江戸川区議会は機能していますか?


江戸川区議会では先般の拡大幹事長会から交渉会派をめぐり、「少数派の締め出しではないか」との観点で問題になりました。

特に私自身が所属する会派「みんなの党」は3人、江戸川区議会の交渉会派は4人からです。


初めての事だったのでよく分からずにいましたが、この問題を解決するには当然正確な理解が必要ですので調べてみました。*江戸川区議会の場合です。


①権利の相違

まず、交渉会派と非交渉会派の相違について明確にします。


ア)代表質問の有無

イ)本会議、予特、決特の基礎時間の有無

        本会議-交渉会派20分 非交渉会派0分

        予決特-交渉会派20分 非交渉会派10分

ウ)幹事長会構成員の有無

エ)だより編集委員の有無

オ)交渉会派への宛て職委員の有無

カ)施策協議会への参加の有無

キ)式典などへの登壇、挨拶、紹介の有無


要するに権利に大きな差がつけられている事が分かります。特に質問時間が目立ちますが、蓋を開けてみれば、ミソはウ)の幹事長会の構成員の有無でした。


②決定までのプロセスと法的根拠

では、どのようにして交渉会派と非交渉会派を決定するのでしょうか?


・議会や委員会は、地方自治法や委員会条例に基づいて運営されます。

・運営を合理的に進行させるために会派があります。(会派とは政策的に近い議員の集団です)

・会派には交渉会派と非交渉会派を設けます。

 区の説明によると、

*地方自治法112条第2項及び第115条の2議員定数の1/12 [江戸川区の場合44人×1/12=3.66人]

とあります。これは議案提出件の条項ですが、法律上4人以上でないと議案を提出できないため、交渉会派も4人からにしましょうか、というものです。


そして議会が始まる前に、議会を運営するための委員会が設けられています。『議会運営委員会』通称”議運”です。

この議運で、『交渉会派の人数は4人にしよう!とか、いや3人だよ!とか、2人でもいいんじゃない!』と議論されて決定されます。

議運は法定上の委員会です。


ここまでは法定上の事なので、不満はあっても理解はできますが問題はこの後です。


現在のような選挙直後は議運が立ち上がっていません。その中でもこれから始まる議会に対して、様々な事を決めていかなければなりません。そこで「幹事長会」というものが設けられます。議運ができるまでの代替機関ともいうのでしょうか。

これは法定上のものではなく、「決め事」的なものです


すこし怪しくなってきました・・・


つまり、本来は議運で決めるべき事項を、議運発足前なので幹事長会で決めましょうということです。議運は法定委員会、幹事長会は決め事です。


その幹事長会に出席できるのは、交渉会派の幹事長に限られます。それでは少数会派は不満です。その為、一番最初の幹事長会は、全ての幹事長を召集した「拡大幹事長会」が行われるわけです。


繰り返しますが、幹事長会も拡大幹事長会も法的根拠はありません、単なる「決め事」です。従って、ここでの決定事項も法的拘束力を持たずに、『申し合わせ事項』とされるのです。

また、幹事長会は決め事なので、公開される事もなく、傍聴もできず今回のように『座長の一声』などで決まってしまうわけです。


整理します。

①議会が始まる前に、すでに少数派がそっちのけにされている  

ナゼ?↓

②交渉会派4人以上と、非交渉会派3人以下で分けられているから

誰が決めたの?法的根拠は?↓

③本来は法定委員会の議運で決める事項ですが、議運発足前は『幹事長会』で決めます。法的根拠はありません、取り決め事項です。

幹事長会で反対意見を述べれば?↓

④少数会派の幹事長は幹事長会に出る権利がありません。

いつ誰が決めたの?↓

⑤幹事長会の初回のみ全幹事長で行われる『拡大幹事長会』です。

そこでしっかり議論すれば?法治国家なんだからしっかりとした手続きをふむでしょう?↓

⑥幹事長会そのものが法的根拠のなり取り決め事項なので、座長の一声とかで決まってしまいます。

それって数の横暴じゃないの?↓

⑦その通り。



では、

①どのような手順を踏めばこの決定事項を覆すことができるのか?

今後発足する議会運営委員会で決定される事です。


②議会運営委員会には理事会があり、理事会から議運に持ち上げる作業になります。また22年度には「議会改革検討委員会」もあり、ここでも議論されました。22年度は結果として相変わらずの『4人』でしたが。

理事会や議会改革検討委員会で訴えていく事です。


こうした作業をせっせと行えば、この問題は解決できる可能性が残っています。大切な目的は、『少数派の発言を奪わないような開かれた議会』です。

交渉会派の人数を4人から3人に変更する事は目的ではなく、手段です。その考え方からすると、手段は他にもあります。『権利の相違』を変更する事によっても同じ結果が得られます。


4年後にもおそらく少数派の新人議員も入ってくるでしょうが、このような理不尽な議会では納得できないでしょう。そして議会としても機能しているものとは言えません。今後は、この目的を達成するための活動を続けて参ります。

進捗状況は、このブログにて報告させて頂きます。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

江戸川区議会は機能していますか?

と、ちょっと唐突なタイトルですが、まず「3ない議会」朝日新聞の記事(一部抜粋)を載せてみます。

*2011年2月12日朝日新聞

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だらしないね地方議会 言いなり5割、議員提案なし9割

 全国の地方議会のうち、首長が提出した議案をこの4年間で一本も修正や否決していない「丸のみ」議会は50%、議員提案の政策条例が一つもない「無提案」議会が91%、議員個人の議案への賛否を明らかにしない「非公開」議会が84%――。朝日新聞の全国自治体議会アンケートで、こんな議会のていたらくがはっきりした。いずれにも当てはまる「3ない議会」は全体の3分の1に及ぶ。

 アンケートは1月、都道府県と市区町村の計1797の議会を対象に実施した。回収率は100%だった。

 地方分権に伴い、議員には住民のくらしに即した条例づくりが求められるが、4年間で議員提案の政策条例の制定数が1本以下の議会が98%にのぼった。

 個々の議員の議案への賛否は、議員の評価に不可欠な情報だが、公開している議会は16%しかなかった。


以前から、議員の議員報酬削減や議員定数の削減などが話題になる事が多くなっていますが、国会議員も地方議員も、もっと有権者が納得するような仕事をしっかりと行っていれば、ここまでの指摘を受けなかったかも知れませんね。
この記事は、いかに地方議会が機能していないか(仕事をしていないか)と言う裏づけにもなっています。
さて注目の
江戸川区議会はどうでしょうか、調べてみました。



①「丸のみ」議会について
区長提案の議案4年間で328本、うち328本が無修正で可決。
→「丸のみ」議会です

②「無提案」議会について
議員提案の議案4年間で21本、うち14本が無修正で可決。
→「ちょっとだけ提案」議会です

③「非公開」議会について
議員個人の議案への賛否公表、していない*ただし会派での賛否は公表→「ほぼ非公開」議会です

*江戸川区議会は会派での賛否を公表していますが、会派と個人は議会運営上別物ですから、ほぼ非公開としました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

江戸川区の花火大会中止について


masuhideyukiのブログ *第34回の写真


江戸川区は4月7日の時点で花火大会の中止を決定しました。中止の理由として花火大会実行委員会は『被災地の状況を踏まえ』としています。


問い合わせたところ、区には『よくぞ中止にした』や『やるべきだ』とのご意見が区民から多数寄せられているそうです。開催にしても中止にしても賛否両論がある判断でしょうが、そこは政治判断(当然この判断には区長も加わっているはず)でしょう。


しかし、中止理由を問うと


①運営費が集まりそうもない

(21年度実績138,000千円のうち約50,000千円が企業・個人からの協賛。知りませんでしたが、約35%が協賛でした)

②停電などにより電車が止まったら会場が混乱する恐れがある

③警備人員を確保できるか分からない


などでした。


中止理由は、定量的なものではなく観測に基づいたものばかり。『自粛ムードだから中止』とも言える理由ですね。


①は協賛して頂いた実績がある企業や個人に対してサンプルでもよいので調査を行って、およその見込みを計算し区の負担がこれくらい増えそうだ、と言った背景もないです。

②③はセットです。中止と決めた4月7日から開催予定の8月まではだいぶ時間があるのですから、変わり行く状況をみながらデットラインを延ばすか、開催時期をずらすという工夫もできたはずです。


政治判断は、いち早く決断する事が状況改善に良い結果をもたらすケースが多いと言えますが、今回の判断は早すぎたと言えるのではないでしょうか。

私は、判断を下さなければ準備が間に合わない最終日を決めて、それまでに状況が改善されるかどうかを見極めながら、開催を目指して策を講じるべきだったと考えます。

それでも難しいのであれば、その背景をしっかりと示すべきです。


















いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

私は選挙権を得てから何度も投票してきました。これまでは選ぶ側にいた人間です。

今回初めて『選ばれる側』になってみて、選ぶ側にいた時に感じていた不満を、自身の選挙活動を通じて解消しようと心がけました。





選ぶ側にいた時の不満

①有名人が立候補している国政選挙は別にして、地方選挙では知らない候補者ばかり、また短い選挙期間で候補者の人間性や政策などを理解するのは難しい。


②候補者が演説でもしてれば少しは聞いてみて選ぶ際の参考にしたい。


③昼寝の邪魔になるやかましい選挙カーでも、中身のある事を少しは言ってもらわないと本当にただの迷惑。名前の連呼はやめてくれ。


④朝の通勤時、たまに駅に立っている候補者らしき人が配っているチラシも、その活動家の主義・主張や活動状況が分かるような中身のあるものが少ない。


⑤『よろしくお願いします』を連発されても、何をよろしくなのかが聞きたいのに。


→投票に行く気が失せてくる・・・


→結果をみても

⑥5期6期と当選されている方々もいる。不思議でした。見た事もないし、選挙期間中も街頭演説とかで見かけた事がなかった人達だなぁ。なぜこんなに得票できるんだろうか、私の意識が低いから気が付かないだけなのかな?




といったような不満がありました。そこで今回自分が立候補する際、このような事をできるだけ回避しようと心がけたのです。

選挙期間中には、私と同じような新人候補者や、地元の親分議員さん達ともたくさんお会いする機会がありました。そこで話をして感じたことや、関係者から入ってくる多くの情報などを分析していると、上記のような不満を感じていた点は「親分型選挙」と類型化できてしまったのです!

そして、


脱!親分型選挙とは

①徹底的に人前に立ち、演説をする!  

→選挙期間中も親分はほとんど見かけなかったですね・・・


②名前を連呼しない!政策を訴える!

→駅で私が叫んでいると、他の陣営がやってきて名前を連呼、私の声もかき消されました。


③“組織戦”と呼ばれるような名簿を使った戸別訪問を繰り返さない!

→親分型はここでたくさん集票されるようです。



結局この、脱!親分型を最後まで貫き、何とか当選する事ができました。最終日には、一人で喋っている私の周りには10人程の方が集まってくださいました。雨の中感激です!

結果としてある程度は理解を得ることができたと思っています。また次回も立候補する事になれば、このスタイルを貫きたいと思っています。

親分型が存在する限り、私は脱!親分型の対立軸で有り続ける事になりますね。

(今回たくさんの嫌がらせも頂戴致しました)












いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。