今日は父の日 | ニャンコ先生のブログ

ニャンコ先生のブログ

ニャンコ先生 復活

7月7日 
次回から始まる新シリーズに先駆け ある方から称号 いわゆる冠をいただきました。

『おやゆび姫 PART10

今日は『父の日』

『父の日』なので『秩父氏』

 あなたもスタンプをGETしよう

比企尼の正体に迫る

 

日本では

 卑弥呼 台与

 天照 天鈿女

 磐長姫 木花開耶姫

 市乾鹿文 市鹿文

とか いくつかのバナナ型神話がある。

 

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%8A%E3%83%8A%E5%9E%8B%E7%A5%9E%E8%A9%B1

 

シンボルは 雌の記号

 

根が棘のような草。上の丸い方が根。円と十字を組み合わせた、「金星神=光明神」のシンボル。別名:アンク・生命の樹・薔薇十字。薔薇十字の場合は、円が薔薇の花本体で、十字が茎と葉にあたる。またこのシンボルからは、荊冠(円の部分)を被った十字架(十字の部分)上の「イエス=キリスト」のイメージが派生する。それはイエス=キリストが「金星神=光明神」であるが故である。

 

変形型 島津を輩出した秩父氏(河越氏) 丸に十字もまた同じになる。

 

今日は小さな親切の日

日本では 『生長の家』になる。

生長する家系 という意味になる。

 

システムということでは 里子システム

https://blog.goo.ne.jp/j4goocast/e/60e9d69f596ad6bb1444161849c706f3

 

子供をを失う=ロスチャイルド

 

バナナ型神話の特徴ということでは『ブーメラン ストリート』

 

 

 

きっとあなたは戻ってくるだろう?

 

大半の人はこのように洗脳されているが、本質を知らない。

 

 

日本では 昔 ヤマトの国と呼ばれる国があったとされているが いまだ誰も見つけることが出来ないのは 考え方が違うから

 

歴史は お金の動き を見るということ。

 

私の唱える『埼玉大和説』ではすべて揃っている。

 

人物としては おもいかね(金)信仰

 

歴史ということでは 近江朝の銀銭から銅銭に

http://wadohosyoukai.com/wadokaichin/name/

 

銅は金と同じ 銀本位から金本位に

 

カイチン?ということでは 世界的には

『宗像三女神』に秘められた謎

ヴォルデモートも実はモデルがいます。

ユスティニアノス2世(711年 11月7日 殺された)

 

政権交代が起こる。

 

今の時代では アメリカが北朝鮮の『金』を認めるのか?

ここが問題になる。

 

 

私が読み解く『埼玉大和説』では 大和という文字を一文字 『企』と解釈している。

 

歴史が変わる瞬間では 『企てる』一族がいる。

 

べることをてる

 

比べる ヒヒ シシ

企てる ヤマト

尼   ヒとしかばね

 

二つを比べて ひとつは しかばねになる。

https://www.bbc.com/japanese/video-48632824

 

兄は戻ってくる

 

これがシステムとしての『ヤマト』でもあり『イエスキリスト』になる。

 

 

 

※またすでに公開した記事ですが忘れていたこと追加します。

今日は手羽先の日

やっちゃった家系がヒキガエル系

やっていない家系ハメネイ氏

やってないということでは 四六のガマにならない 前足が減らない

 

手が変わらない家系

イラン系ということでした。

 

肝心な名前ではありますが、やっていない家系ということで ハメネイ氏と対談した ということで ハメネイ氏ということを追加します。

 

アメリカの策略にはまらないことを願います。