機動戦士Ζガンダム 北爪宏幸画集発売記念テレカ サンライズのアニメーション「機動戦士Ζガンダム」のテレホンカード。
北爪宏幸さんの画集「Characters of GUNDAM 」の発売を記念して製作されたもので、キャラアニ.comにおいて画集とともにセット販売された。
シリアルナンバー入りの台紙にセットされた2枚組であり、これはそのうちの1枚。

イラスト素材は、ニュータイプ誌の伝説的付録ポスター「悩ましのフォウ・ムラサメ」である。
タイトルからして、月刊OUT誌のこれまた伝説的イラスト「悩ましのアルテイシア」に触発されて描かれたイラストであることは一目瞭然であるが、当時はまだ18禁パロディ同人誌も黎明期であり、読者にとってはこういうイラストは大きな衝撃だった。

この秋には、劇場版の第二部が公開される「機動戦士Ζガンダム」であるが、フォウ役の島津冴子さんを初めとする数名のキャスト変更については、その不透明さがネット上で大きな騒ぎとなっている。
個人的には、DVDの発売時にはその大容量を利用して、「劇場公開版」と「カントクキャスト版」の二通りの音声トラックを収録してほしいなぁと強く希望する次第。

参考:劇場版Zガンダムのフォウ役を島津冴子さんに戻せたのみこむ

AD

ショコラ アルケ祭2005イベントテレカ 戯画/アルケミストの美少女ゲーム「ショコラ ~maid cafe "curio"~」のテレホンカード。
アルケ祭2005のアルケミストブースで販売されたもの。
イラストの素材は、DreamCast版の発売時に関連グッズとして発売された「ふにふに抱き枕」に使われたものである。

このアルケ祭2005というイベント、アルケミスト初のプライベートイベントであり、「バルドフォースエグゼ PS2版」の発売記念と「ショコラ PS2版」の製作発表を兼ねて、2005年の5月に新木場のSTUDIO COASTで開催された。


参加条件は、「アルケミスト製品の購入を証明できること」。この参加条件は、事前にアルケミストのWebサイトを通じて告知されたが、Q&Aのやり取りの中で「一連のふにふに抱き枕は『アルケミスト製品』に含まれるか」という話題が出た。そして、アルケミスト側は「含まれる。抱き枕持参でも参加OK」という英断を下す。

かくして当日、本当に抱き枕を持参した勇者がちらほらと見受けられた。
この「ふにふに抱き枕」、抱き枕カバーとは違って、中の綿というかビーズクッション入りである。折りたためば鞄にしのばせることができるわけもなく、持ち歩こうとすれば、

1)巨大なバッグを用意して二つ折りにして担ぐか、

2)脇に抱えるか、

3)二つ折りにハグって歩くか、

しかない。いや、まあ、ほんとに、勇者の皆さんには最敬礼するしかないわけで。

アルケミストの抱き枕の方は、イベントごとにラインナップを増殖させている。
次は「おとボク」あたりかなぁ、と思ったり思わなかったり。

AD
ライトノベル「灼眼のシャナ」のテレホンカード。電撃hp誌における誌上通販によるもの。
イラストはユニゾンシフトの原画家いとうのいぢさん。「涼宮ハルヒ」シリーズのイラストも担当されている。

電撃hpという雑誌は、ライトノベルを中心とした定期刊行される書籍扱い文芸雑誌という変り種であるのだが、表紙やら掲載ノベルの挿絵やら、単行本である電撃文庫のカバーイラストやら、素材には事欠かないようで、不定期にグッズ販売なども行っている。

その中にテレカもあるわけで、いとうのいぢさんの他にも、西E田さん、みさくらなんこつさん、駒都えーじさん、といったゲーム系の人にもお馴染みな絵師の方々のテレカも存在するわけで。
とりあえず書店で見かけたら誌上通販記事だけチェックしたりしなかったり。この次あたりでは、しゃあさん(乃木坂春香の秘密イラスト担当)も出てくるのだろうか。
AD
FOGの伝奇系ビジュアルノベルの傑作「久遠の絆」のテレホンカード。コミックマーケット60における企業ブース販売品4枚組のうちの1枚。キャラクターはメインヒロイン高原万葉嬢。

伝奇系ジュブナイルのゲームとしては、未だにこの「久遠の絆」と「東京魔人学園剣風帖」が頂点を維持しており、以後のゲームはそれを越えていないのではないかな、という気がする。

物語の基本的枠組みが学園ラブコメの構造を超えていないなどという鋭い指摘もあったが、シナリオは素直に面白いし、音楽も非常によい。
まだプレイしたことのない人には、機会があれば触れてもらいたいゲームである。

ちなみにテレカの絵柄と、ゲーム本編の内容には全く関係はない。
Studio e.go!の美少女ゲーム「メンアットワーク!3 ハンター達の青春」のテレホンカード。イベント販売品であるバインダーの付録である。このバインダー、コレクション格納用には結構便利なのだが、イベントごとに同梱テレカを変えつつ、現在に至るまで売られている。これは、最初期のもの。

絵師は同社の代表でもある山本和枝さん。キャラクターは敵役のコンビである。
先ごろコンシューマー版も発売されたが、この冬は例年通りの秋・冬2本の新作に、コンシューマー版が3本(MAW3,IZUMOコンプリート,エレンシア戦記)とe.go!コレクターには地獄の季節となってしまった。

頑張ってください>コレクターの皆様。私自身は早々にギブアップである。
サーカス/角川書店のゲーム「D.C.P.S. ~ダ・カーポ~ プラスシチュエーション」のテレホンカード。東京ゲームショウ2003におけるイベント販売品。キャラクターは巫女部部長、押しかけ許婚の胡ノ宮環嬢。

このゲームは、PC版ではヒロインの数が6+1だったものが、コンシューマへの移植にあたって+(4+2)となり、ほぼ倍増状態になっている。で、このデザインのテレカになったヒロインも総勢9名。オリジナルの6名は東京キャラクターショー2003で最初に販売され、追加ヒロインのうち3名がゲームショウでの初お披露目となった。

テレカは全部で9種だったが、台紙&パッケージは同一であり、キャラショーでは開けてみないとどのヒロインのテレカなのか判らない状態だったが、ゲームショウではキャラクターの顔シールを貼って識別できるようになっていたのは余談。

ちなみに、このD.C.P.S.のオープニングムービーは倉嶋丈康氏が担当しており、同作品の歴代ムービーの中で一番出来が良い、と個人的には思っている。
メサイヤのシミュレーションゲームシリーズ「ラングリッサー」シリーズのテレホンカード。キャラクターはIVの妹君レイチェル嬢。コミックマーケット64における販売品。

開発元のキャリアーソフトは、ラングリッサーシリーズやグローランサシリーズなど、自社の開発作品のヒロインたちを夏冬のコミケでひん剥いてテレカにしていたりするわけで。

かくしてコンシューマ機のヒロインとは思えないあられもない姿をお披露目するに至ったりする。次の冬コミは「ラングリッサーIII」あたりが俎上に上るのではなかろうか。
戯画/アルケミストのゲーム「ショコラ -maid cafe "curio"-」のテレホンカード。シナリオを丸戸史明さんが担当したこともあって萌えゲーとしては評価の高い作品。

このテレカはアルケミストによるコンシューマ版のプロモーションテレカ。
どう見ても下着なのだが、諸々の事情により水着であるらしい。
この辺りの詭弁の上手さはアルケミストのお家芸とも言うべきもので、最新作である「バルドフォース エグゼ」においても遺憾なく発揮されている。

参照:電撃オンライン
Basilのゲーム「21 -Two One-」をプリンセスソフトがコンシューマ機に移植した際に販売されたプロモーションテレホンカードの1枚。
初出は2002年4月7日のサーカスとの合同イベント「ファン感謝デー」のはず。

原画は西又葵氏。ネコミミ&ビキニというあざとい組み合わせに、ついフラフラと購入。

この作品には原画として「ぱんつはいてない」作風を誇るこつえー氏も参加しているのだが、あまり目立ってなかったり。氏のファンの間では「黒歴史」に入っているとかいないとか。
藤枝雅のコミック「ティンクルセイバー Nova」のテレホンカード。
コミックマーケット62(C62,2002年夏)のスタジオDNAブースで販売されたもの。
キャラクターはヒロインの鈴鳴はやな嬢扮するところのTWINKLE SABER。
同系統のデザインで天宮さつき嬢扮するARC SABERをあしらったテレカもあり、こちらはコミケ62のMoon Phaseブースで販売された。「スタンプラリーかい?」とか思いながら両方のブースを回った記憶があったりなかったり。