戯画/アルケミストのゲーム「ショコラ -maid cafe "curio"-」のテレホンカード。シナリオを丸戸史明さんが担当したこともあって萌えゲーとしては評価の高い作品。

このテレカはアルケミストによるコンシューマ版のプロモーションテレカ。
どう見ても下着なのだが、諸々の事情により水着であるらしい。
この辺りの詭弁の上手さはアルケミストのお家芸とも言うべきもので、最新作である「バルドフォース エグゼ」においても遺憾なく発揮されている。

参照:電撃オンライン
AD
アクトレスのゲーム「チェリーボーイにくびったけ」のテレホンカード。
アクトレスの直販通信販売における購入特典。

原画の千葉千夏さんは、2作目となるこの作品でブレイクしましたな。細部の描きこみのレベルも大きく上がってます。

作品のシナリオ自体は「いつものアクトレス」パターンなんですが、個人的には絵だけで十分お釣りがきますね。
AD
パプリカのゲーム「フレグランス」のテレホンカード。
メッセサンオーにおける購入特典。
色使いとキャラクターのポーズに惹かれ、手元にキープ。

入手はYahoo!オークション経由だったためゲーム本体は見たことなかったり。
AD
Basilのゲーム「21 -Two One-」をプリンセスソフトがコンシューマ機に移植した際に販売されたプロモーションテレホンカードの1枚。
初出は2002年4月7日のサーカスとの合同イベント「ファン感謝デー」のはず。

原画は西又葵氏。ネコミミ&ビキニというあざとい組み合わせに、ついフラフラと購入。

この作品には原画として「ぱんつはいてない」作風を誇るこつえー氏も参加しているのだが、あまり目立ってなかったり。氏のファンの間では「黒歴史」に入っているとかいないとか。
藤枝雅のコミック「ティンクルセイバー Nova」のテレホンカード。
コミックマーケット62(C62,2002年夏)のスタジオDNAブースで販売されたもの。
キャラクターはヒロインの鈴鳴はやな嬢扮するところのTWINKLE SABER。
同系統のデザインで天宮さつき嬢扮するARC SABERをあしらったテレカもあり、こちらはコミケ62のMoon Phaseブースで販売された。「スタンプラリーかい?」とか思いながら両方のブースを回った記憶があったりなかったり。
ザウスのゲーム「Floralia~フローラリア~」のテレカ。
とらハ123 DVD-Edition発売時にラジオ会館内に新規開店して、特典戦線に混乱をもたらし、あっという間に閉店してしまった「えいほど~」における一万円購入特典。
この店はしばしばイベントとして1万円購入企画を行っていたので、他にも色々な作品のテレカがあったりする。私が持っているのはこれくらいだが。
キャラクターは「憂ちゃんの新妻だいあり~」でソロをはった白瀬憂嬢。
60KB前後の画像を4枚使用した状態で、使用容量が(2.32701MB/20MB)となるのは何故でしょうか?
管理情報やサムネイルが付加されるため使用容量は10%増えますという程度なら判りますが、10倍になるというのは納得できません。
調査と改善をお願いします。

2004/09/21運営局より回答あり。
>大変申し訳ございませんでした。
>使用容量の表示の桁違いに関しては、こちらのシステムによる
>表示エラーでございます。
>現在、表示部分の修正対応を行っております。
>なお、表示は、2.3Mと、1桁違ったものとなっておりますが、
>使用している容量は240Kバイトで間違いございません。
とのこと。
テリオスのゲーム「エリュシオン」のテレカ。
オリジナルサウンドトラックアルバム「ミュージックダイアリー」を、メッセサンオーで購入した場合に配付された。
同アルバムのジャケットイラストをあしらったものであり、イラスト自体のできのよさにつられ、購入してしまう。
肝心のサントラのほうは聴いた記憶がない。