1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-01 07:14:58

GWに経営者がやると良いこと^^

テーマ:ブログ
おはようございます。

GWを満喫中の^^
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。




GW真っ最中ですねニコニコ


あなたはいかがお過ごしですか?


このブログの読者のあなたは、
あまり祝祭日も関係なく、

・新たなマーケティング戦略を考える

・売上アップのためにHPを更新する

・出版のための本の執筆をする

・セミナーの企画をする

・たまっていた事務処理をかたずける


などなど、お仕事の方が多いような気がします。



遠藤はここ数年マーケティングの師匠に勧められて
GW中にやっていることがあります。


それは、

****************************************
ホテルに1人で籠って1~4月の振り返り
****************************************


です。


これが中々良いのですニコニコ


「あれをやろうと思っていたのにできなかったよな~」

「思いもよらなかったあんな案件が突然出て来てビックリだったよな~」

「あの人とあの人とあの人との出会いは中々刺激的で勉強になったな~」


などなど色々なことを脈絡もなく振り返るだけなのですが
振り返るだけで、


「おっ!こんなアイデアはどうだろう?」

「あそこはあのように改善できるのでは?」


などと勝手に良い戦略が降ってくるのです。

べつにアイデアを出そうとか良い案を考えようとか
意図している訳でもなく、ただ「振り返る」だけなのです。


きっと1~4月にたまったデータベースが
上手い具合に整理されて新しいアイデアや戦略に
なるのではないかと思います。


このように、

==================
何かをしたら必ず振り返る機会をもつ
==================

ことが重要なのは業務提携の契約交渉でも
全く同じです。


このブログでも何度も書いていますが
交渉は1回だけで終わりません。


長い時は10回以上やっても終わらない時さえ
あります。


だから1回の交渉で得た情報を振り返ってみることで
振って来たアイデアや戦略を次の交渉に活かさない
理由はないのですよ。


ところが多くの経営者は交渉前の戦略会議はしますが
交渉後に振り返るということをしていません。


っていうか交渉しっぱなしで議事録すら残さない方も
多いのですガーン



だからあなたが交渉後に振り返りの時間を
少しでも取るようにすれば、それだけで次回の交渉で
大きなアドバンテージを握れる可能性が格段に高まるのです。



よってあなたも業務提携の契約交渉に
臨む際にはぜひ、

============
必ず振り返る機会をもつ
============

ということを習慣化してくださいねニコニコ



それでは素敵なGWをお過ごしください。


都内の隠れ家的ホテルの一室より



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。ニコニコ




遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com


遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 フランチャイズ・FC契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2015-11-19 05:03:55

「ムカッ!」ときたら書くことです^^

テーマ:ブログ
おはようございます。
まだ少し咳が残っている^^;
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



あなたは頭にきたときはどのような
リアクションをしますか?


思ったことをすぐに口に出して怒りを
ぶちまける人がいますが、得なことは
なにもないですよね^^;



ある本に、

****************************************************
相手にムカッ!ときたり、イラッ!としたら
そこですぐにリアクションせずにそのまま家に持ち帰り
その「ムカッ!」「イラッ!」を
紙に書き出すと良い。

****************************************************

とありました。


さらにその文章を眺めてみて例えば、


「あの上司は本当にムカツク!!」

「うちの取引先は対応が遅いのでイラツク・・・」


と言った、自分の感情に該当する部分を
全て赤線で消すそうです。


そうすると客観的な事実だけが残る文章となり、
冷静になって対処方法が考えられるように
なるのだとか。



実は遠藤もこのブログを書くときは似たような
プロセスを踏んで書いているような気がします。


よく読者の方から、


「遠藤さんのブログは人の悪口ばかりで読んでいて
 ハラハラします。」


とお叱りを受けるのですが(苦笑)、これでもかなり
自分の感情的な部分は自分の中で整理して削除している
つもりです(笑)


お陰で、外で怒りに任せて失言/暴言を吐くようなことは
あまり記憶にないです。


このように、

==================
自分の怒りをコントロールする方法を
確立しておく

==================

ことは業務提携の契約交渉ではとても
重要なスキルの一つです。


怒りに任せて感情的なことをわめき散らして
その後、無事にまとまった交渉を遠藤は
今まで見たことがありません。


怒った時点で負けなのです。


交渉の達人達は皆様一様に自分の怒りを
コントロールするノウハウをお持ちです。


ぜひあなたも何か一つ、いや一つとは
言わずに2つか3つぐらい、ご自身の怒りを
コントロールする方法を確立しておくことを
強くお勧めしますよ^^




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。



遠藤祐二


=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


スピード業務提携法


=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2013-08-09 13:41:48

平等を求めると不平等な結果になる?

テーマ:ブログ
こんにちは


お盆休みって何?というくらい忙しい^^;
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


遠藤の契約サポートをしている会社は
ほとんどが中小企業です。


そして交渉相手が大企業の場合はかなり
契約交渉に苦労されているようです^^;


特に、

==================
大企業の定型のひな型を押しつけられ
理不尽な契約内容を強要される。
==================

パターンがほとんどです。

ひどい時は、契約書案にすでに大企業側の
印鑑が押してあり、収入印紙まで貼って
あるときもあります。



でも中には果敢に、


この内容は、かなり御社にとって一方的に
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
有利な条件なので、せめて「両者平等」の
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
内容にして頂けないでしょうか?
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


と頑張って交渉される中小企業も最近増えて
きました。



ところがですよ。。。



この「両者平等にして頂けないでしょうか?」
が曲者なのです!!


中小企業にしてみれば言いやすいセリフですよね?


でも、大企業側からしてみればどうでしょうか?

果たして、「うーん、そうだよねーフェアであるために
両者平等がいいよねー」なんて思ってくれるでしょうか?


これが違うマイナスの効果が生じてしまう事も
結構多いのです。


つまり、

========================
もともと格下だと思っている下請業者から
「両者平等」という表現を使われるとカチンと来る!

========================

大企業の担当者も結構多いのです^^;


情けない話ですが、本当にそうです。


ではどうすれば良いのか?


それはですね。

=======================
自社にとって重要性の低い条件については、
敢えて大企業の言い分を飲む。

但し、自分が修正して欲しかった理由だけは
きちんと伝え、だけどこの条件については
大企業の意向を尊重する!

=======================

という感じの方が良い結果になることが多い
みたいです。


重要性の高いものから低いものまでなんでもかんでも
「両者平等にしてくれ!」では大企業側もカチンと
来るのも何となくわかりますよね(笑)


なので、重要性の低い条件については、

◆敢えて譲歩する。
◆但し譲歩したことをきちんと伝える。


という高度な戦略が必要になります。




先日からご案内している下記のセミナーでは
大企業との契約交渉のための戦略についても
かなりの時間を取って説明しています。
↓ ↓ ↓ ↓
==================
第16回業務提携徹底活用セミナー
8/24(土)に新宿曙橋で開催!
http://amba.to/1dRKpqt
==================


もし、あなたが過去に一度でも
大企業との交渉で困った経験がおありなら
是非遊びにきてくださいね。


早期申込割引は本日の22時終了ですよ^^



今日も最後までお読み頂きありがとうございました。


遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

無料メルマガ登録フォーム
お名前(姓)
メールアドレス

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。