自分の「意図」を最初に宣言 | 業務提携契約・業務委託契約・秘密保持契約・ライセンス契約・契約交渉でお悩みの方へ
2019-03-07 06:59:12

自分の「意図」を最初に宣言

テーマ:ブログ
皆さんおはようございます!

2019年は数字に拘りたいと思っている、
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。



遠藤がその昔、まだサラリーマンだった頃
毎週月曜日は定例のミーティングでした。


部長が幹部会議の内容を一通りスタッフに伝え、
その後にこんなやり取りがされます。




部長:「私からは説明は以上だが、皆からは何か報告事項は
    あるかな?」


スタッフA:「すみません。実は先週お客様から××のクレームを受けて
       しまったんですが、○○日に△△という対応をしまして
       その結果お客様からは□□という要望を出されたのですが
       私と致しましては××と思い・・・・」




あなたはこのやり取りを、


「普通じゃん。」


と思いますか?




遠藤はいつもこのAさんの話の仕方に「イラッ!ムキー」とすることが
多かったのです(笑)



要するに、


「目的はなんだ~?アセアセ


と思ってしまったのです。



一方でスタッフBさんはこんな話の仕方をするので
とても気持ちよく聞けたのをよく覚えています。




「確認があります!」

「お客様から××のクレームを受けまして
 △△という対応をしたのですが、問題なかったでしょうか?」



「相談があります!」

「お客様から××のクレームを受けまして
 △△という対応をしようか、それとも□□という対応をしようか
 悩んでいるのですが、どちらがよろしいでしょうか?」



「報告があります!」

「お客様から××のクレームを受けまして
 △△という対応をしたので状況共有させていただきます。」



要は、自分の意図を最初に宣言してくれるので
こちらもとても聞きやすかったのですニコニコ



このように、

========================
何をしたいのか?の意図をまずは最初に宣言する!
========================

のを意識した方が良いのは、
業務提携の契約交渉でも全く同じです。


契約交渉は通常の会議の何倍も疲れますし、
誤解や勘違いなどが許されない場です。


だから、自分の発言の意図を一言で宣言してから
詳しい説明に入ると言う意識が必要です。


ちなみに上記の他にも発言の意図を表す
言葉は下記のようなものがあると思います。


「質問です!」

「賛成です!」

「反対です!」

「違う意見があります!」

「提案です!」

「捕捉です!」



きっと他にも色々とあるかと思います。


あなたも業務提携の契約交渉に臨むときには、

========================
何をしたいのか?の意図をまずは最初に宣言する!
========================

という癖を身に着けてくださいね。


ちなみに遠藤の場合、
交渉の前に色々と準備して「何をしたいのか?」が
事前にわかっていることが多かったので、事前にそれを
交渉相手にメールで送ることをやっていました。



これも一種の、

========================
何をしたいのか?の意図をまずは最初に宣言する!
========================

ということになるかと思いますのでご参考まで。




下記のセミナーでは上記の他にも
「契約交渉におけるコミュニケーション術」に
ついて後半の部で詳しくご紹介します。
↓ ↓ ↓ ↓
====================================
第52回業務提携徹底活用セミナー
4月16日(火)新宿曙橋で開催!
↓ ↓ ↓ ↓
https://ameblo.jp/master-license/entry-12438657464.html

直接の参加お申込はこちら!
↓ ↓ ↓ ↓
http://my.formman.com/form/pc/4dpemWSrVpLQ2QYS/
=============================

最近気づいたのですが、
契約交渉ほど、コミュニケーションのノウハウが
必要とされる場はないと思います。


通常社外、社内での打ち合わせとはその大変さが
段違いです。だから契約交渉において[[name1]]さんが
自由自在にコミュニケーションできれば、他のどんな場面でも
通用すると思います。

残席が「2」になってしまいました。


もしご興味があればぜひ遊びに来てくださいねニコニコ




今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございましたm(__)m


遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com

業務提携契約専門の行政書士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ