足の悪そうな老人にコンビニまでの道を尋ねられたらどうする? | 業務提携契約・業務委託契約・秘密保持契約・ライセンス契約・契約交渉でお悩みの方へ
2019-02-07 07:33:00

足の悪そうな老人にコンビニまでの道を尋ねられたらどうする?

テーマ:ブログ
皆さんおはようございます!

2019年は数字に拘りたいと思っている、
業務提携契約専門の行政書士 遠藤です。


例えば仮に、

あなたがギラギラと真夏の太陽が照り付ける
炎天下の田舎の田園地帯で、杖をついたヨボヨボの老人と
すれ違ったとします。この老人は足が悪そうでゼエゼエ
言っています。


その時、老人から


「すみません、この近辺でコンビニはありますか?」


と聞かれたとします。

そしてコンビニは2km先だとしましょう。
当然、老人にはちとキツイです。


さて、あなたならどのように答えますか?


ちなみにこれはある本に書かれていたクイズです。

これにどう答えるかで、あなたが成功者で
あるかどうかが決まってしまうそうですよニコニコ


正解は、













「なぜコンビニに行きたいのですか?」

と質問する、だそうです。



老人は水を飲みたいだけなのかもしれません。
トイレに行きたいだけなのかもしれません。


あなたが水を持っていればあげることも
できるし、家が近くであればトイレを貸してあげる
こともできます。


つまり、「コンビニに行きたい理由」さえ明確に
できれば、一気に選択肢が広がって足の悪い老人を
炎天下の中、2km先のコンビニまで歩かせなくても
すむ可能性が出て来ると言うことなのです。




このように、

==============
まずは「理由」を質問する。
==============

ことが重要なのは業務提携の契約交渉でも
同じです。


契約交渉では相手がムチャクチャなことを
主張してくるときがあります。


そんな時に、「ムカッ!!ムキーときてつい

「そんなことできる訳ないじゃないですか!!!!」

と言い返してしまう経営者が多いのです。


そんなときに怒りをグッ!とこらえて


「なぜあなたは私達に●●して欲しいのですか?」


と質問できるかが勝負です。


ちなみに1回の質問で本当の理由が明確にならない
ことの方が多いですショック!


そんな時に何度も何度も何度も質問できるかが更なる勝負です。


そこで、


「しつこい!」と怒り出すような相手だったら
その程度の相手なのでさっさと手を切ってしまっても
良いと思います。



あなたも業務提携の契約交渉に臨むときには、


「質問することをあきらめない!」


ことを頑張ってみてくださいねニコニコ



今日も最後までお読みいただき本当にありがとうございましたm(__)m


遠藤祐二



=====================
無料メール講座始めました!
詳細は下記をクリック!!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
スピード業務提携法
=====================


業務提携契約で会社を成長させる方法


 どうぞお気軽にご相談ください。
 事前相談は無制限で無料です。

 業務提携・契約ドットコム
 英文契約書サポートセンター
 (マスター行政書士事務所)

 〒135-0016
  東京都江東区東陽2-4-39 新東陽ビル4階42号室
  TEL:03-5633-9668
  Email:info@master-gyosei.com

業務提携契約専門の行政書士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス